ダビオナ攻略!ポテ変は短縮できる?やり方は?

砂時計

ポテ変の基本的なやり方はこちらに記事にしていますが、短縮できるかもなぁとも思ったので書いてみます。

 

 

こちらのやり方でサイレンススズカを3.5 – 1 – 3.5 – 1から4 – 0.5 – 4 – 0.5に変化させることができました。しかし、長い作業なので、もっとポテ変を短縮させたいと考えました。今回はその方法を紹介します。

 

スポンサーリンク

ポテ変の基本的なやり方は?

ダビオナポテンシャル

 

一応再度、ここにやり方を掲載します。例えば、十分に代を重ねた生産時に3.5 – 1 – 3.5 – 1となる馬(A)がいるとします。これを超スピードに特化した4 – 0.5 – 4 – 0.5にしたい場合の例を示します。

 

①A×スピード系の親馬カード=B
②B×スピード系の4代目以上=C
③C×スピード系の4代目以上=D

 

Dとスピード系の4代目以上と配合し、4 – 0.5 – 4 – 0.5が出てきたら完成!出てこなかったら、Dとスピード系の親馬カードを配合し、代を下げ、何度も①~③を繰り返します。なぜ親馬カードを使って代を下げるのかと言うと、総合力が9の後半(10寄り)になると、もうほぼ変化しないからです。

 

一応変化したことはありますが、「しにくい」です。親馬カードを使う場合は同系統の馬にしないと事故って更におかしくなる可能性があるので、必ず同系統で、できれば今回の場合だと、ブエナビスタR等、普通に代を重ねれば4 – 0.5 – 4 – 0.5となる親馬カードがよいでしょう。

 

ポテ変を短縮!?

女性

 

上で紹介したやり方ですが、③を省略して①と②の繰り返しでもいけるんじゃないかな?と思いました。①と②を繰り返して、そろそろいいかなぁ?という感じになったら、③に移るという感じ。

 

こちらでは、22戦消化後、スピードと加速力が3.5になりましたが、「①A×スピード系の親馬カード=B」と「②B×スピード系の4代目以上=C」の繰り返しで、4戦後にスピードと加速力が3.5に伸びるようになりました。

 

そして、「③C×スピード系の4代目以上=D」をやってみたところ、2戦後には4 – 0.5 – 4 – 0.5になりました。(以前は、4戦かかりました。)以前以上に、スピードと加速力に特化した馬になってきてるんじゃないですかね?

 

スポンサーリンク

まとめ

  • 基本的なポテ変のやり方は、「①A×スピード系の親馬カード=B」→「②B×スピード系の4代目以上=C」→「③C×スピード系の4代目以上=D」
  • ③を省略し、①と②を繰り返し、そろそろいけそうなポテンシャルになったら③に移る。

 

頂上を勝っている人は、ほとんどがポテ変を経験しているはずです。攻略本などはありませんからね。こういったブログやSNSを参考にするのがいいでしょうね!

 

スポンサーリンク

関連記事(一部広告)