ダビオナ攻略!逃げ馬の作り方は?逃げにオススメの親馬は?

ダビオナ逃げ

逃げはスタート直後から加速し、前方をキープし、そのままゴールになだれ込む戦法です。自在以外は簡単に作れますが、中でも初心者には「逃げ」がオススメですね。ムチの叩き方も難しくありません。

 

今回は、逃げ馬の作り方、逃げにオススメの親馬を紹介します。

 

スポンサーリンク

逃げ馬の作り方は?

ダビオナ逃げ

 

脚質を「逃げ」にするには、コーナーを除くパラメータの中でスタートが一番高くする必要があります。逃げに不可欠な能力は、スタート、コーナー、瞬発力の3つです。脚質を「逃げ」にしたければ、まずは「スタート」を鍛えます。

 

次に、カーブでスピードが落ちないように「コーナー」が重要です。そして、最後の直線で逃げ切る「瞬発力」を鍛えましょう。ゴール前のもう一伸びをプラスするには「粘り強さ」が有効です。ゲージを全て使い切った後に、一伸びすることができます。

 

逃げにオススメな親馬は?

女性

 

逃げにオススメなタイプはやはり「スピードタイプ」になります。中でも、生産時に、ポテが4 – 0.5 – 4 – 0.5となる親馬がオススメです。以下に例を挙げますね。

 

  • サクラバクシンオー
  • ウォーニング
  • レディブラッサム
  • ダイワエルシエーロ
  • ブエナビスタ(逃げパラにパラ変必須)

 

一例なので、他にも多数、逃げに使える親馬はいますからね♪

 

スポンサーリンク

まとめ

  • 脚質を「逃げ」にするには、コーナーを除くパラメータの中でスタートが一番高くする必要がある。
  • 逃げにオススメなタイプはスピード、加速力に特化した馬。

 

色んな考え方があるかもしれませんが、どの距離の逃げでも、スピードタイプじゃないとダメではないでしょうか?最初にダッシュしてなんとしても先頭を奪取しないといけませんしね。

 

 

 

 

スポンサーリンク

関連記事(一部広告)