ワゴンRのキーレス(スマートキー)が電池切れ間近!電池交換方法は?

ワゴンRスティングレー

最近、私のワゴンRスティングレーのキーレス(スマートキー)のボタンを押しても、効かないことが結構あり、なんでだろう?と思っていたら、単に電池が切れかかっているだけでした。エンジンをかけたら電池が切れかかってるよ!というマークが点いていたんですよね。

 

今回は、ワゴンRのキーレス(スマートキー)の電池交換を自分でやる方法を紹介します。

 

 続きを読む

 

 

スポンサードリンク

キーレス(スマートキー)の電池交換をディーラーでやってもらうといくらかかる?

お金

 

キーレス(スマートキー)の電池はボタン電池で、分解さえできれば、すぐに交換できそうですが、ディーラーで電池交換をやってもらった場合、700円~1,000円ぐらいかかってしまうようです。

 

高いところだと、1,000円をちょっと超えます。調べてみたところ、自分で簡単にできるようなのでやってみました。

 

ワゴンRのキーレス(スマートキー)の電池交換方法

※ここで紹介する手順は、ワゴンR(MH23S)のキーレス(スマートキー)の電池交換方法となります。

 

ワゴンRキーレス

 

鍵を引き抜く

下の写真のように、つまみを下にスライドさせながら、鍵を引き抜きます。つまみを下にスライドさせると、鍵はスッと抜けるようになります。

 

キーレス2

 

キーレス(スマートキー)のケースを開ける

下の写真の位置にマイナスドライバーを挿し込み、少しずつ力を入れて隙間を開けていきます。最初から強い力を入れず、徐々に力を入れるのがポイントです。

 

ワゴンRキーレス3

 

ボタン電池を交換する

キーレス(スマートキー)を開けると以下の写真のようになります。

 

ワゴンRキーレス4

 

以下の写真のように、マイナスドライバーを挿し込み、ボタン電池を取り出します。ここでもいきなり力を強く入れず、徐々に力を加えます。

 

ワゴンRキーレス5

 

キーレス6

 

ここまでくれば、もうお分かりですね。新しいボタン電池と交換しましょう。ボタン電池の型番は「CR2032」です。ちなみにこの型番のボタン電池はどこの100円ショップにも普通にあります。

 

動作確認

電池交換が終わったら、ボタンを押してロック/アンロックができるか必ず動作確認をしましょう。これで完了です!

 

スポンサードリンク

最後に

ディーラーでやると、1,000円近くかかるのが、自分でやることで、ボタン電池代のたった100円でできました。ディーラーに頼むのがバカバカしくなるほどの差です。

 

一度自分でやってしまえば、また電池切れになったときも、普通にできるはずです。当記事を参考にして、自分で交換してみてください。

 

スポンサードリンク

読んでいただきありがとうございました!


28 ビュー

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ