クリテオ(Criteo)サービス終了?全員ではなく基準に満たない人が対象?

ダメ

スポンサーリンク




クリテオ(Criteo)がサービス終了という噂が流れています。実は、私も今朝メールチェックをすると、クリテオからメールが来ていて、「えぇっ!?」と思って、色々検索して情報を探しました。

 

すると、どうやら全員ではないようです。

 

今回は、クリテオ(Criteo)について、本当にサービス終了するのか真相を説明します。

 

クリテオ(Criteo)は当ブログでも利用している

パソコン

 

当ブログは主にグーグルアドセンスとクリテオ(Criteo)を利用しています。

 

これは、簡単に言うと、ブログに貼られている広告です。

 

クリテオ(Criteo)も特定カテゴリーでのみ表示させていました。

 

グーグルアドセンスは、広告をクリックしてもらうことで、報酬が発生しますが、クリテオ(Criteo)はクリックされなくても報酬が発生する広告です。

 

グーグルアドセンスの規約は非常に厳しいもので、ポリシー違反で、広告配信を停止された人も多いのではないでしょうか?

 

広告配信を停止されている間は当然、グーグルアドセンスで収益を得ることはできません。

 

私も実は、ある事件のネタを記事にしたとき、ポリシー違反で停止されたことがありました。

 

グーグルアドセンスにほぼ100%頼っていた私は、その後、こうなった場合のために他のサービスも登録しておかないとダメだなと思い、クリテオ(Criteo)にも登録しておいたんです。

 

クリテオ(Criteo)は、誰でも登録できるものではなく、基準があり、ネット上の情報を調べたところ、月間10万PV以上ないと審査で落とされるという感じでした。

 

リスク分散という意味で、クリテオ(Criteo)も登録しておいたんです。

 

しかし、今朝方届いたクリテオ(Criteo)のメールを見て驚きました!!

 

PCデポ高額サポート解約金炎上!その後も高額な契約解除料・違約金!

2017.12.06

 

スポンサーリンク

クリテオ(Criteo)から届いたメール全文

以下に、クリテオ(Criteo)から届いたメール全文を転載します。

 

パブリッシャー向け CRITEO サービス サービス終了のご案内

お取引先各位

平素よりパブリッシャー向け CRITEO サービス(「Criteoサービス」)をご利用いただき、誠にありがとうございます。

この度、誠に勝手ではございますが、2018年1月18日をもちまして、「Criteoサービス」を終了させていただくこととなりました。

本状は、利用規約に基づく、「Criteoサービス」終了の正式な通知となります。

2018年1月18日以降は「Criteoサービス」のプラットフォーム(http://www2.criteo.com/e/126241/2017-12-20/XXXXXX/XXXXXXXXX)へのログインが出来なくなります。従いまして、実装している全てのCriteo広告タグをウェブサイトから2018年1月18日までに削除していただく必要があります。

お支払いに関しては、利用規約通り月末締めの翌月末払いとなります。現在、登録されている銀行口座の情報が正しいか改めてご確認ください。

この正式な通知は、いかなる国での「Criteoサービス」の使用(アフィリエイト、Webサイト、ネットワークサイトなど)および他のCriteoアフィリエイトによって設定される「Criteoサービス」の使用にも適用されます。

また、「Criteoサービス」の条項が引用されないように、企業のプライバシーポリシーも更新する必要があります。

今後のCriteo広告の配信に関しましては、「Criteoサービス」は終了いたしますが、RTB接続を通じてSSP・アドエクスチェンジから配信されます。

ご質問がある場合はpublishers@criteo.comにお問い合わせください。

今後とも変わらぬご愛顧とご支援のほどお願い申し上げます。

 

Criteoチーム

 

YouTuber(ユーチューバー)の収入の仕組みは?収入源は何?

2017.03.20

 

クリテオ(Criteo)は本当にサービス終了する?全員が対象?

パソコン

 

上に記載したクリテオ(Criteo)から届いたメールを見ると、一見、クリテオ(Criteo)は広告サービス自体やめますよ~!みたいな感じに見えますよね?

 

しかも、終了日が2018年1月18日と、あと1か月もありません。

 

どうやら、このメール、クリテオ(Criteo)に登録している人全員に届いたわけではなさそうです。

 

当ブログでは、一部の特定カテゴリーのみにクリテオ(Criteo)広告を貼っていました。クリテオ(Criteo)の収益もかなり少ないです。

 

私のような弱小ブログは、クリテオ(Criteo)から追い出された感じですね。

 

実際、今までクリテオ(Criteo)を利用していた人で、自分と同じようにメールが届いた人がかなりの人数いる一方で、届いていない人もいるようです。

 

おそらく、ある一定の基準に満たないサイトについては、サービス終了ということでしょうね。

 

今回の件でクリテオ(Criteo)に登録していた人で、問い合わせた方がいるようで、Facebookでもサービス終了を否定しているようです。

 

お客様ならびに関係者各位
現在SNSを中心に「Criteoがサービスを終了する」という誤った情報が発信されております。このような誤解が生じた経緯について確認しておりますが、これは事実ではありません。弊社は今後もサービスを継続して提供してまいります。

引用:クリテオフェイスブックアカウント

 

■関連記事

YouTuber(ユーチューバー)の収入の仕組みは?収入源は何?

GACKTの収入源の謎?年収はいくら?実家が金持ち?

闇金ウシジマくんシーズン3の天生翔のモデルは与沢翼!ネタバレ注意

 

スポンサーリンク

まとめ

  • クリテオ(Criteo)がサービス終了するのではないか?という噂があるが、デマである。
  • 2017年12月21日に一斉に一部パブリッシャーにサービス終了のメールが送られているが、全員が対象ではない。
  • PVの少ない弱小サイト等、一定の基準に満たないサイトに送られているとみられる。

 

いかがでしたか?

 

おそらくグーグルアドセンスのみに頼っている人もいると思いますが、リスク分散として、とりあえずクリテオ(Criteo)にも登録していた人も多いのではないでしょうか?

 

サービス終了となってしまう私も残念ではありますが、今回今後のことについて色々考える機会にしたいと思います。

 

スポンサーリンク
スキマ新バナー