アストーリの死因は何の病気?経歴やwikiプロフィールは?

アストーリ

スポンサーリンク




フィオレンティーナのキャプテンを務めていたイタリア代表DFダヴィデ・アストーリ選手が急死したことが発表されました。

 

アストーリ選手は31歳で、現役で活躍している選手です。一体何があったのでしょうか?

 

亡くなった場所がホテルの部屋だというので、もしかして自〇?と思ったのですが、どうやらそれは違うようです。死因が気になりますよね。何かの病気だったのでしょうか?

 

また、アストーリ選手はイタリア代表にも選出されている選手で、衝撃が走っています。経歴wikiプロフィールも紹介しますね!

 

 

アストーリの死因は何の病気?

医者

 

先ほど、アストーリ選手はホテルの部屋で亡くなったと言いました。

 

なので、自〇では?と思ったのですが、そうではなく、就寝中に急死したということですので、何か病気だったんでしょうね!

 

死因は公式に発表されていないのですが、おそらく睡眠中に心臓・循環器系の発作により亡くなったのだろうと報道されています。

 

スポンサーリンク

睡眠中に急死する病気は?

医者

 

睡眠中に急死したようですが、一体何の病気なのでしょうか?

 

睡眠時に限りませんが、突然死が起こる大半が急性心筋梗塞のようです。これは特に、寒い日や天気の悪い日には注意が必要なようです。

 

動脈硬化や高血圧、糖尿病のような既往症がある人に、色んなストレスが引き金となり、心臓の冠動脈が詰まってしまい起こります。

 

また、眠っているときに休止するケースとして、睡眠時無呼吸症候群があります。これは、眠っている間に呼吸が止まる病気です。

 

寝ている間に呼吸していたかどうかなんて自分で気付くことができないですよね。なので、検査や治療を受けていない多くの潜在患者がいると言われています。

 

睡眠時無呼吸症候群が突然死につながるケースもあるそうです。

 

アストーリのwikiプロフィールや経歴は?

https://twitter.com/CesarePolenghi/status/970255319199727616

 

名前 ダヴィデ・アストーリ
国籍 イタリア
出身地 サン・ジョヴァンニ・ビアンコ
身長 188cm
体重 80kg
在籍チーム ACFフィオレンティーナ

 

アストーリ選手は、ミランのプリマヴェーラ出身で、セリエC1のASピッツィゲットーネへレンタル移籍し、プロとしてのキャリアを開始しました。

 

その後は、クレモネーゼへレンタル移籍し、カリアリに移籍し、8年間在籍しました。その後は現在所属していたフィオレンティーナに移籍し、キャプテンも務めていました。

 

イタリア代表としては、U-18の試合に4試合出場歴があります。U-21代表では招集されませんでしたが、チェーザレ・プランデッリ監督の書人となったコートジボワール戦にはA代表初招集されました。

 

2013年6月30日にはコンフェデレーションズカップ3位決定戦でウルグアイと対戦した際に、A代表初ゴールを決めました。

 

スポンサーリンク

ネット上の声は?

twitter

 

ネット上ではアストーリ選手が亡くなったことに対し、悲しみの声があふれています。

 

 

https://twitter.com/Berlukun/status/970255855756066816

 

 

 

つい最近も試合に出場しており、それを観戦していた人にとっては信じられないという声もありましたね。

 

現役選手でしかも31歳という若さなので、衝撃的ですね・・・。

 

 

まとめ

  • フィオレンティーナのキャプテンを務めていたダヴィデ・アストーリ選手が急死した。
  • 死因は公表されていないが、ホテルで就寝中に急死した模様。
  • 急死ということなので、急性心筋梗塞の可能性も。また、睡眠中なので睡眠時無呼吸症候群の可能性も。
  • ダヴィデ・アストーリ選手はイタリア代表にも選出されたことがあり、コンフェデレーションズカップでは得点も記録している。

 

いかがでしたか?

 

まだ若い選手で現役選手なので、非常に驚きました。しかも、最近も試合に出場していたようなので、衝撃的です。

 

本人もまさか亡くなるなんて思っていなかったことでしょう・・・。怖いですね。

 

まだ公式な発表はないですが、何の病気だったんでしょうか?今後の報道を待ちましょう。

 

ご冥福をお祈りいたします。

 

 

スポンサーリンク
スキマ新バナー