松田賢二は韓国人で絵が上手い?松田悟志とは兄弟なの?離婚理由は?

松田賢二

松田賢二さんと辺見えみりさんが離婚したことを発表しました。

 

離婚理由は何だったのでしょうか?子供がいるはずですが、親権はどちらになるんでしょう?

 

松田賢二さんについて、調べてみると、韓国人絵が上手いという噂が出ているようです。また、松田悟志さんとは兄弟なのではないか?という声も!

 

今回は、松田賢二さんについて、気になることをまとめました。

 

 

スポンサーリンク

松田賢二は韓国人?

韓国

 

松田賢二さんは韓国人なのではないか?という噂がありますが、これは根拠のないデマではないか?と言われています。

 

松田賢二さんのプロフィールをチェックしてみたところ、大阪府出身となっていますし、特に韓国人だという根拠は見つからなかったんですよね。

 

なぜ、そんな噂がでたのかすら不明です。

 

松田賢二は絵が上手い?

女性

 

松田賢二さんは絵が上手いと言われています。

 

現在は俳優として活躍している松田賢二さんですが、高校生の頃は、漫画家を目指していたことがありました。実際、松田賢二さんが絵を描いている姿がTwitterの画像に掲載されていましたが、すごくうまそうです!

 

 

ただ、なぜ漫画家の夢をあきらめたのか?それは、気になる女の子が演劇部に所属していたからです。少しでもその女の子に近づきたかったんでしょうね!

 

初めは大道具として参加していましたが、役者が足りないことがあり、人数を合わせるために出たのがきっかけだったんですね。

 

それで、出演した舞台が大会で優勝し、今も俳優として活躍しているとは本当にすごいことですよ。

 

スポンサーリンク

松田賢二と松田悟志は兄弟なの?

女性

 

「松田賢二」と検索すると、「松田賢二 松田悟志」と関連キーワードが出るんです。

 

2人は兄弟なのではないか?という噂もありますが、実際どうなのでしょうか?

 

松田賢二さんについて、調べてみましたが、兄弟がいるという情報は特に見つかりませんでした。

 

では、松田悟志さんはなぜ一緒に検索されているの?ということですが、「松田悟志」で検索すると、「松田悟志 辺見えみり」で関連キーワードが出てくるんですよ!

 

名前が似ていて、顔もちょっと似てるということで、混同してしまって検索しているということではないでしょうか?

 

松田賢二の離婚理由は?子供の親権はどうなる?

ポニーテールの女性

 

松田賢二さんと辺見えみりさんの離婚理由は何だったのでしょうか?

 

松田賢二さんは初婚、一方で辺見えみりさんは再婚でした。(元旦那は木村祐一さん)

 

正直、結婚&離婚を繰り返しているとなると、離婚理由は辺見えみりさんの方にありそうと思いがちだと思いますが、実際どうなんでしょうか?

 

正直、キム兄との結婚は失敗だったと思いますが、松田賢二さんとは上手くやっているものと思っていました。

 

報道では、「夫婦のすれ違い」が離婚理由だと言われていますね。よくあるヤツですね。

 

ちなみに、キム兄との離婚の時の理由は、お互いに憎み合っての離婚ではないとしていましたが、後に、キム兄のDVや浮気、他にも性のすれ違いを告白していました。

 

キム兄はすぐキレるという噂もありましたし、正直評判はよくなかったので、この時は辺見えみりさんは悪くないんだろうなぁとは思っていました。

 

芸能人は、結婚してもお互いに多忙だったり、一緒に生活できない期間も多く、夫婦なのに夫婦じゃない感じ。そういうことも多いんでしょうね。

 

子供の親権はどうなるのかはまだ報道されていませんが、おそらく辺見えみりさんになるのではないでしょうか?

 

大概離婚した場合、母親側が親権を持つことが多いです。逆のパターンは、母親側に非があっての離婚の場合が多いですね。

 

 

まとめ

  • 松田賢二さんは韓国人だという噂はガセネタである可能性が高い。(松田賢二さんは大阪府出身)
  • 松田賢二さんは高校時代、漫画家を目指しており、非常に絵が上手い。
  • 松田賢二さんと松田悟志さんは兄弟ではない。松田賢二さんと松田悟志さんは名前が似ていることから混同して検索されているようだ。
  • 松田賢二さんと辺見えみりさんの離婚理由は「夫婦のすれ違い」。

 

いかがでしたか?

 

私は辺見えみりさんがキム兄と離婚した後、松田賢二さんと結婚して子供が生まれ、その子供を愛おしそうに見ている姿を何かで見た記憶がありますが、そのとき、キム兄と別れて良かったな!と思ったものですが、また離婚とは・・・。

 

なんというか、結婚には向いていない人なのかな?という印象を持たざるにいられないですね(汗)

 

今後、再婚することがあったとしてもまた同じことの繰り返しになってしまうのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク