俳優

【衝撃事実】柳楽優弥の子供の名前は?嫁は豊田エリー!バイトから俳優へ再起!

柳楽優弥さんといえば、是枝裕和監督の映画「誰も知らない」でデビューし、

第57回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、柳楽優弥さんも、

ya1

最優秀男優賞を受賞した事はあまりにも有名な事ですね!。14歳での史上最年少で

かつ日本人初の快挙ということもあり、柳楽優弥さんは、

文化関係者文部科学大臣表彰を授与され、「TIME」誌アジア版でイチローと共に

「20人のアジアの英雄」に選出されるなど一躍脚光を浴びることとなったのを

記憶しておられますか?

その後、柳楽優弥さんは、年1本程度のペースで順調に映画出演をこなしていたが、

徐々に「カンヌ受賞」のプレッシャーに悩まされ、体調を崩すようになって

行きました。一度運命の歯車が狂いだすと止まるところまで行かない事には、

どうにも成らない様なもので、そして、2008年には安定剤を服用して病院に搬送され、

2010年まで俳優を休業していました。

ここで、終わってしまわなかったのが、柳楽優弥さんの凄いところで、俳優を

休業しながらも、居酒屋でアルバイトをしながら、人生のなんたるかを悟り

ya10

嫁さんである、豊田エリーと二人で闘って、俳優として再起しました!

今回は、その柳楽優弥さんの、バイト時代の苦労話や、嫁さんの事や、子供の

事なども色々まとめて見ました。^^;

スポンサードリンク



柳楽優弥のプロフィールとエピソード

芸名:柳楽 優弥(やぎら ゆうや)

ya5

本名:柳楽 優弥(やぎら ゆうや)

生年月日:1990年3月26日(25歳)

出身地:東京都東大和市

身長:174 cm

血液型:A型

職業:俳優

ジャンル:映画・テレビドラマ

活動期間:2004年 –

配偶者:豊田エリー(2010年 – )

事務所:スターダストプロモーション

主な作品:『誰も知らない』・『星になった少年 -Shining Boy & Little Randy-』

『シュガー&スパイス 風味絶佳』・『包帯クラブ』

2002年に「友達が所属していて楽しそうだった」ので、自分もやってみたくなって

芸能事務所入りを希望し、スターダストプロモーションに応募した柳楽優弥さん。

映画『誰も知らない』が初オーディションだったが、監督の是枝裕和に「目に力がある」

ya4

と主役に抜擢されました。この『誰も知らない』が子役としての最初の活動となるが、

その主役を演じた映画『誰も知らない』が2004年、

第57回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、当時14歳で史上最年少で

主演男優賞を受賞しました。このニュースを機に一躍有名になり大いに話題を呼びました。

また、同年8月25日に「文化関係者文部科学大臣表彰」を授与されたし、

2007年にはジーニアス・パーティ『BABY BLUE』というアニメのオムニバス映画で

初の声優も務めましたね。

2008年、この頃になって、何かが狂って来たのか?体調を崩し、CM撮影や雑誌の

取材など単発の仕事に絞って仕事量を減らしていた。

同年8月29日、自宅にて安定剤を大量に服用し病院に運ばれたが、同日に退院は

ya

したものの、謎めいた物を感じさせましたが、

後日「家族との口論が原因」と自身のホームページで公式発表している。

2009年12月2日、女優・豊田エリーと婚約したことを発表し

翌年2010年1月14日に入籍、1月15日に明治神宮にて挙式。同年5月14日、

妻・豊田エリーが妊娠4か月である事を発表。10月13日、第1子となる女児が誕生。

2011年前後は社会勉強のため、洗車のバイトと居酒屋のバイトをしていた。

後に、これが大変人生勉強になったと語っていましたね。

ar1

シャイで人見知り。本人いわく慣れるとむしろしゃべる方なのだそうだ。

10代後半は「カンヌ受賞」がだんだんとプレッシャーになり、どうしていいかわからず、

その結果周りを困らせるような行動をとっていたが、

最後まで家族が見離さないでくれたこと、結婚をし子どもをもったことなどから

もう一度俳優に向き合うようになったとインタビューで度々語っていましたね。

若いうちの苦労は、人間にいい味を出させる良い機会になる事も有るようですね。

もっと詳しくは此方からどうぞ^^;

スポンサードリンク



豊田エリープロフィール

芸名:豊田 エリー(とよた えりー)

ar

生年月日:1989年1月14日

出身地:東京都

血液型:A型

毛髪の色:ブラウン

身長 / 体重:162 cm / ― kg

活動:デビュー 2002年

ジャンル:女優、モデル

ar2

モデル内容:ファッション誌

父親はイギリス人で母親は日本人のハーフ。出生以来日本暮らしだそうです。

左利きである。中学1年生の冬に渋谷でスカウトされ、スターダスト

プロモーションに所属しています。

東京文化中学校・高等学校の、二年の春に堀越高等学校へ転入、そして、卒業。

2002年ごろから ティーン向け雑誌に出始めて、

2006年 – レコチョクのCMに出演。『陽気なギャングが地球を回す』で映画初出演。

『エリンが挑戦! にほんごできます。』に留学生エリンとして主役を務めました

2009年12月2日 – 柳楽優弥との婚約が報じられ、自身のブログで発表。

ya7

2010年1月14日 – 21歳の誕生日に婚姻届提出。

5月14日 – 第一子を妊娠している事を発表。

10月13日 – 女児を出産。

特技は、英会話とピアノ。

目標としている女優は、オードリー・ヘップバーンと宮沢りえ。

ハーフだが日本育ちであるため英語はぺらぺらとはいかず、

気にしている一面があると語ったことがあるという。

もっと詳しくは此方からどうぞ^^;

豊田エリーが子供いついてのコメントしてます^^;

バイトから俳優へ再起!

史上最年少でのカンヌ国際映画祭・男優賞受賞から約10年…柳楽優弥が明かす、

苦難の居酒屋アルバイト時代と題した、TBS系トーク番組「A-Studio」に

俳優の柳楽優弥が出演し、休業時の苦悩を明かしました。

柳楽は是枝裕和監督の映画「誰も知らない」でデビュー。同作は第57回カンヌ

ya6

国際映画祭コンペティション部門に出品され、柳楽も最優秀男優賞を受賞した。

14歳での史上最年少、かつ日本人初の快挙ということもあり、柳楽は文化関係者

文部科学大臣表彰を授与され、「TIME」誌アジア版でイチローと共に

「20人のアジアの英雄」に選出されるなど一躍脚光を浴びることとなった。

その後、柳楽は、年1本程度のペースで順調に映画出演をこなしていたが、

徐々に「カンヌ受賞」のプレッシャーに悩まされるように成ったと言う、

体調を崩すように。そして、2008年には安定剤を服用して病院に搬送され、

2010年まで俳優を休業していた。しかし、今年には「許されざる者」

「ゆるせない、逢いたい」「爆心 長崎の空」の3作品が立て続けに公開となり、

来年には「クローズEXPLODE」も控えるなど、再び存在感を発揮している。

「A-Studio」では、司会の笑福亭鶴瓶が柳楽さんとのトークを通し、

その過去のに迫ったのですが・・・。

鶴瓶さんによれば、柳楽さんは2009年の妻・豊田エリーとの結婚後は

仕事がほとんど無い状態が続き、家に閉じこもりっきりだったという。

ya3

一日8食、寝てばかりの生活を続けた結果、身長174センチの柳楽の体重は

一時は82キロにまで増加したそうです。この時の事を振り返り、柳楽あんは

「自分が悪かったですね。『自業自得なことをしてたのかな』っていう、

色々反省できた時期でした」と語っている。その後、25キロのダイエットに

成功したものの、仕事に関しては変わらない状況が続いていました。

そこで何を思ったのか?柳楽さん、はアルバイトをすることを決意。

ya2

チラシやインターネットで働き口を探し、はじめに経験したのが時給1000円の

洗車のアルバイトだったという。

当時の上司は、柳楽さんが、現れた際に「冗談で来ているのか?」と目を疑ったが、

俳優だからと特別扱いはせずに厳しく接したとか。柳楽さんも長時間シフトに

志願するなど懸命に働き、妻の豊田エリーさんが満足するほどしっかりと

稼いだという。

職場での人間関係も良好で、柳楽さんと当時の上司は現在も家族ぐるみの

付き合いをしているほどだという。

ただし、そういった生活も楽しい事ばかりではなく、もどかしさを感じることも

あったそうですね。居酒屋のホールでも働いていた柳楽さんは、絡まれることも

ya11

あったという。酔っ払った客の中には、顔や名札を見て柳楽の存在に気付き

「柳楽!? サインちょうだいよ~!」と小馬鹿にした口調で話しかけるものも

いたというのだ。

柳楽さんはそういった経験を思い出しながら、「なんだろうな…悔しかったですね…」と、

やや言葉を詰まらせながら語っている。ただし「俳優として経験を積んでいきたい、

っていうのは、バイトしている時に強く思ったことですね」

「ほんと、逆に感謝しています」とも話し、アルバイトで経験させてもらった悔しさが、

俳優再起へのきっかけになったことを明かしていましたね。感動ですね^^;

柳楽さんの、俳優人生のきっかけをつくった是枝監督も、柳楽のことを気にかけて

いるという。

監督は柳楽さんを起用したことで、その後の人生を狂わせてしまったと責任を感じ、

しばらく会うのをためらっていたそうだ。しかし取材時には、鶴瓶の「次、(柳楽と仕事)

やりたいと思わないの?」との質問に「やりたい。やりたいけど(『誰も知らない』を)

超えるものをやらないと、柳楽も僕も恥ずかしい」「『誰も~』を越えるものを

やりたいから、今はまだ柳楽にオファーしないんだ」と答え、時期を待っていることを

告白していましたが。

ya12

いよいよ、その時が訪れたようですね。柳楽優弥と瀬戸康史がダブル主演で幕末を描く

「合葬」から、危機迫る表情で雨の中にたたずむ柳楽と、未来を憂うような表情で

外を見つめる瀬戸が対照的なポスター画像が公開されました。

「腹は決めた。心は迷っていた」のコピーから、若くして命を散らした志士たちの

葛藤を思わせる仕上がりとなっているそうですね。

映画は、時代に翻弄された3人の若者の生涯を描く内容のもので。将軍の警護と

江戸の治安維持のため有志により結成され、江戸の民衆から慕われた「彰義隊」

ya14

に参加した幼なじみの3人だったが、幕府の解体に反対し、

負け戦に身を投じることになるのである。

柳楽さんが主君・徳川慶喜に強い忠誠心を持つ秋津極、瀬戸が養子先を追い出された

吉森柾之助を演じ、不毛な戦いに挑む2人を止めるため、やむを得ず入隊する

福原悌二郎に岡山天音が扮する。

現代の若者にも通じる青春群像劇である。ほかにオダギリジョー、門脇麦、

桜井美南、井之脇海、高山侑子、藤原令子、隆大介、飴屋法水、峯村リエ、

小市慢太郎、りりィらが共演している。

ya13

「合葬」は9月26日から東京・新宿ピカデリーほか全国で公開されます。

封切りが楽しみですね^^/

スポンサードリンク



最後まで読んで頂き有り難うございます

もし宜しければコメント欄に感想などを

頂ければ幸いです!