超簡単!Windows10Home版でリモートデスクトップ接続する設定方法!

接続

あなたはWindows10 Home版のパソコンへはリモートデスクトップで接続できないと思っていませんか?

 

最近、私はiPad Proを購入したのですが、iPadからリモートデスクトップが使えることを知り、自分のパソコンに接続しようとしましたが、私のパソコンはWindows10 Home版でした。

 

Home版だとリモートデスクトップが使えないんですね。しかし、調べてみたところ、リモートデスクトップは、これから紹介する方法ですぐに使えるようになります!

 

出先で自宅のパソコン(Windows10 Home版)を操作したい場合や、自宅にいても、ベッドで横になりながら、iPadやノートパソコンで離れたところにあるパソコンを操作したい時等、非常に便利なので、紹介しますね♪

 

 

スポンサーリンク

Windows10 Home版のパソコンにリモートデスクトップ接続する設定方法

パソコン

 

Windows10 Home版でリモートデスクトップ接続できるように設定する方法をこれから紹介するのですが、「え?たったこれだけ?」と思われるかもしれません。

 

私の場合、たった5分で完了しました。以下の手順を、実行してください。

 

RDP Wrapper Libraryをダウンロードする

まず、「RDP Wrapper Library」というものをダウンロードしてください。以下のサイトからダウンロードできます。

 

RDP Wrapper Libraryダウンロードサイト

 

こちらのサイトのDownloadsから「RDPWrap-vX.X.X.zip」をダウンロードしてください。(※X.X.Xの部分はバージョンです。例えば、RDPWrapv1.6.1.zipのようになっています。)

 

RDP Wrapper Libraryを解凍する

ダウンロードしたRDPWrap-vX.X.X.zipは、zipファイルに圧縮されていますので、解凍ソフトで解凍しましょう。

 

install.batを実行する

解凍すると中身は以下のようになっています。

 

RDP_install

 

この中の「install.bat」をダブルクリックして実行します。実行完了すると、コマンドプロンプトに「続行するには何かキーを押してください...」と出ますから、適当なキーを押してください。押すとコマンドプロンプトが閉じます。

 

update.batを実行する

続いて、解凍したフォルダの中身に「update.bat」というファイルがありますので、これをダブルクリックして実行します。

 

RDP_update

 

実行完了すると、コマンドプロンプトに「続行するには何かキーを押してください...」と出ますから、適当なキーを押してください。押すとコマンドプロンプトが閉じます。

 

パソコンを再起動する

パソコン

 

最後にパソコンを再起動してください。

 

最後に

たったこれだけで、Windows10 Home版のパソコンにリモートデスクトップ接続できるようになります。設定するまでの時間はわずか5分です。

 

この手順を実行した後はノートパソコンやiPad等からユーザ名、パスワードを入力してリモートデスクトップ接続してみましょう。てっきりWindows10 Home版へはリモートデスクトップで接続すること自体無理なことだと思っていたので、リモートデスクトップ接続できたときは、「おぉっ!」と思いましたよ。

 

スポンサーリンク

関連記事(一部広告)