俳優

【衝撃事実】和田正人の赤坂マラソンや駅伝俳優の演技下手説や経歴と成績を調査!

女性タレントの吉木りささんの旦那であり、俳優として活躍されている和田正人さんは、大学時代はあの有名な日本の正月の風物詩のような

大学生による箱根駅伝の選手として、活躍されたことで駅伝俳優として有名ですね。そして、俳優デビューしてから、和田正人さんの「マラソンをしていた」との発言で、

箱根駅伝の出場者記録に同姓同名の人物がいるなどの情報から、なんと、年齢詐称疑惑が広がり、2005年7月に和田本人がファンクラブでのイベントにおいて、

年齢詐称の事実を認め涙ながらに謝罪したということがありましたね。芸能人の年齢詐称は和田正人さん以外も結構あるそうですが、

それ以後は公式プロフィールも本来の生年に訂正して、以降は、D-BOYSメンバーの最年長者である事を自らネタとして頑張っておられる和田正人さんの

今回は、赤坂マラソンや駅伝俳優の和田さんの演技に対する評価や経歴・成績なんかもお伝えしてみたいと思います。

スポンサーリンク

和田正人のプロフィール

  • 本 名: 和田 正人(わだ まさと)
  • 生年月日:1979年8月25日
  • 出身地:高知県土佐郡土佐町
  • 身 長:172 cm
  • 血液型:O型
  • 職 業:俳優、タレント
  • ジャンル:舞台・テレビドラマ・映画
  • 活動期間:2004年 –
  • 配偶者:吉木りさ(2017年 ‐ )
  • 事務所:ワタナベエンターテインメント

和田正人さんは高知県土佐郡土佐町出身で所属事務所はワタナベエンターテインメントです。同事務所の若手男性俳優集団D-BOYSのメンバーであり、そこで最年長メンバーであることをネタにしてしています。(笑い)

幼少期に両親が離婚し、実兄とともに父方に引き取られる。単身赴任をする父親に代わって祖父母に育てられたという可哀想な少年時代があったようですね。妻はタレントの吉木りささんです。

これまでの主な作品は

舞台:『ミュージカル・テニスの王子様』

テレビドラマ:『死化粧師 エンバーマー 間宮心十郎』『非公認戦隊アキバレンジャー』

『ごちそうさん』『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』『黒革の手帖』
『陸王』『ラストチャンス 再生請負人』『やじ×きた 元祖・東海道中膝栗

和田正人の赤坂マラソンが凄い!

大学の4年間を箱根駅伝で活躍したことでも知られている俳優の和田正人さんは【オールスター感謝祭】でその得意のマラソンで人気を更にアップさせましたね。

この日は『陸王』チームのメンバーとなって参加した和田正人選手。第53回目を迎えたTBS系恒例、秋の新ドラマや人気バラエティー・情報番組の出演者160人が集結する。

『オールスター感謝祭’17秋』で、名物企画「赤坂5丁目ミニマラソン」が放送された。長距離界最速の男、モハメド・ファラー選手を相手に、俳優の和田正人と佐野岳が大健闘しました。

結果としては、和田選手はゴール寸前で長距離界最速の男ファラー選手に追い抜かれ惜しくも3秒差での2位となったのですが、しかしよく頑張ったということで視聴者には良い印象を与えましたね。

和田正人さんと佐野岳さんの2人は日曜劇場『陸王』で実業団の陸上選手を演じ、青山学院大学陸上競技部長距離ブロックの原晋監督から走法指導を受け、

トレーニングを重ねながら、赤坂マラソン本番を迎えました。この日、安定した走りを見せる2人に解説の原監督も「アスリートの顔になってきました」と太鼓判でしたね。

ギリギリまでファラー選手との激戦を繰り広げた和田に、スタジオ中から拍手が送られ、駅伝俳優の和田正人選手の株が上がりましたね。

赤坂5丁目ミニマラソン(2014年・春)結果!!

1位・ビダンカロキ
2位・和田正人
3位・エリックワイナイナ
4位・猫ひろし
5位・森渉
6位・森脇健児
7位・東国原英夫

スポンサーリンク

和田正人は駅伝俳優!

NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」で、ヒロインに思いを寄せる幼なじみの源ちゃん役を演じた和田正人さんのの主演舞台が決まりましたね!。

10月に上演される若手俳優グループ「D―BOYS」の10周年記念公演で、俊足だけがとりえの新選組の志士を演じるという内容なのですが、実はこの主人公は架空の人物で、和田正人さんは、

大学の箱根駅伝の復路でエースランナーを務めた経歴の持ち主で、脚力も評価されての抜てきで、まさに和田正人さんの為に作られたような作品ですね。

和田さんが出演するのは、演劇ユニット「Dステ」の「駆けぬける風のように」。演劇集団キャラメルボックスの人気3部作「風を継ぐ者」シリーズを、新たに続編として書き下ろした作品だ。

主人公は、剣術や学問は苦手だが、足だけはめっぽう速い架空の新選組の志士・立川迅助(たちかわ・じんすけ)。製作側によると、舞台上を駆け回る場面が幾度となく想定されるため、和田の脚力に期待が寄せられる。

今でも毎日10キロ以上を走っている和田さんは「底知れぬ走力を出し尽くしたい」と意気込んでいるというから楽しみですね。

俳優として脚光を集めるにつれ、箱根駅伝の復路の元エースという異色の経歴にも注目が集まり始めている和田正人さんは、今後も鍛えに鍛えた「脚力」を武器に活躍の場が広がりそうですね。

まさに駅伝俳優の面目躍如という所ですね!

和田正人の経歴と成績!

和田正人さんは日大時代、箱根駅伝に2度出場しています。いずれも「復路のエース区間」と呼ばれる9区に出場して活躍しています。

2年生の時は区間9位の成績でした。主将として出場した4年生の時は同5位を記録しています。大学卒業後は実業団の陸上部に入りましたが、その実業団は2年目に廃部となり、そこで和田さんは選択を迫られるわけですが、

結局は競技生活を断念し、普通には考えられないのですが俳優を目指したというんですね。和田さんはこのときのアスリートから俳優への転機について、スリート時代に体力の限界を感じた時があったというのですね。

しかし、成長し続けたいという思いと諦めたくないという思いが、男として死ぬまで成長し続けられるものは何かと模索した時に俳優と言うものにたどり着いたという和田正人さん。

アスリートとして多くの人に見てもらうことと俳優として大衆から愛されるようになることは相通じるものがあるというのですね。

大学時代の記録は(成績)、2002年の第78回箱根駅伝では復路9区(23.2km)を、区間記録第5位(15名中、うち1名は参考記録)の1時間10分52秒で走破しています。

大学4年時の箱根駅伝時点でのベストタイムは10000mが28分56秒00、ハーフマラソン(21.0975km)が1時間4分12秒。ハーフマラソンでは大学4年生の時に、

に香川丸亀国際ハーフマラソンで当時日本ランキング17位となる1時間2分24秒を記録しています。

スポンサーリンク

和田正人の演技下手説を調査

俳優であり、元箱根駅伝ランナーである和田正人さんの演技力についてのネットの声に注目してみました。毎週木曜日21時から放送されている、武井咲主演のテレビドラマ『黒革の手帖』で、

原口元子(武井咲)が通う美容室のオネエ店長・牧野を演じている俳優・和田正人さんの演技力についてのネットの声はどうなんでしょうか?

30代の女性の声では「地味にスゴイ!」でもゲイの役やってましたよね。 役作りしっかり出来ててこういうゲイ実際いるから、演技なのか分からないくらい。 でも実際は交際報道あったから、変な気はしないです。と言う肯定的な声ですね。

一方同じ年代の30代の男性の声は、あまりオネエのイメージがなかったので最初はちょっとびっくりしました。 美容師というより情報屋って感じで主人公原口元子が知らない情報を伝える人って感じですね。

最初は微妙かと思ったのですがなかなかあっていると思います。去年のドラマでも今回の役と似ていましたが、とても面白く和田さんらしい役だったと思います。

でも男前の役もできるし、日々研究、勉強している方何だろうなと思いました。今後の活躍に期待しています。

50代の男性では、銀座の場所柄に合わせたおネエの美容師役をうまく演じられていると思います。銀座のホステスさん達の情報が集まるであろう美容室という場所は、

ストーリーの肝にもなる場所でありその美容師が特別に目立たないように、しかも存在感はしっかりと残す演技がされていると思います。

50代の女性は、オネエ役ピッタリです。前も、日テレドラマの「地味にスゴイ・校閲ガール河野悦子」では途中からオネエになってたから良くみてました。

この人ってオネエが似合うから、口調とかも簡単にできていて、早口でもしゃべっていました。本当にそうかと思ったくらい役にはまってまっした。

私は意外と好きです。髪の毛にピンとか付けて可愛かったです。とにかく自然ですね。と言う皆様の声ですが、ほとんどの方が、ぴったりだ!オネエが似合う!が多かったですね(笑い)

色んなキャラを演じれる和田正人さんは、さすが駅伝で鍛えただけの事があるんだと感心しました。

[kanren postid=”3868″]

[kanren postid=”2612″]

[kanren postid=”1813″]

まとめ

俳優の和田正人さんは、大学生時代は箱根駅伝のランナーとして活躍しました。俳優になってから箱根駅伝に参加したことを発言したことから、

箱根駅伝の記録に和田さんの記録が残っていたことから年齢詐称が知られることになり、涙ながらに謝罪したということがあったそうですね。

それ以降はプロフィールも正しく変えて、D-BOYSのメンバーであり、そこで最年長メンバーであることをネタにしてしています。(笑い)

赤坂マラソンでは、箱根の実績を見せ付ける力走で、テレビを見ていた視聴者を感動させました。和田正人さん主演の舞台は、俊足だけがとりえの新選組の志士を演じるという内容なのですが、

実はこの主人公は架空の人物で、マラソンランナーであった和田正人さんの為に作られたような作品ですね。なんだか楽しそうですね(笑い)

和田正人さんの演技力についてのネットの声に注目してみました。美容室のオネエ店長・牧野を演じている俳優・和田正人さんの演技力についてのネットの声は、

以外にも好評で、似合っている!ぴったりだ!。の声が多いようで、色んなキャラを演じれる和田正人さんは、さすが駅伝で鍛えただけの事はありますね。

最後まで読んで頂き有難うございます。もし宜しければコメントなど頂ければ幸いです。

スポンサーリンク