渡具知武豊の経歴や学歴と評判は?結婚してる嫁や子供はいるの?

渡具知武豊

渡具知武豊さんが沖縄名護市の市長選挙で当選確実と報道されました!

 

 

私はこの名前を見て、読めませんでしたが「とぐちたけとよ」と読みます。競馬の騎手とは何の関係もありませんよ?(笑)

 

さて、渡具知武豊さんは新人ということなので、これまでの経歴や学歴、評判等が気になりますよね。結婚はされているのでしょうか?嫁や子供はいるのかな?

 

今回は、渡具知武豊さんについて、気になることをまとめましたよ!

 

 

スポンサーリンク

渡具知武豊の経歴や学歴は?wikiプロフ

渡具知武豊さんは新人ながら、年齢は58歳と結構いってますね。渡具知武豊さんの経歴や学歴を紹介しますね!

 

 

経歴
1977 瀬喜田中学校卒業
1980 名護高等学校卒業
1985 第一経済大学卒業
1995 商工会青年部副部長
1998 名護市議会議員初当選
2002 軍事基地等対策特別委員会委員長(2期目)
2006 経済建設常任委員会委員長(3期目)
2014 5期目連続当選

 

第一経済大学って聞かない大学だなぁと思っていたら名前変わっているんですね!福岡にある大学で、現在は日本経済大学みたいですね。

 

どれぐらいのレベルの大学なのか、偏差値を調べてみました。当時と同じレベルなのかは不明ですが、現在は41~43ぐらいのようです。

 

うーん、これなら結構誰でも入れる感じのレベルではありますね(汗)

 

まぁ、学歴だけではないですからね。これからの手腕に期待したいですね。沖縄だけではなく、全国的に注目していると思いますよ。

 

渡具知武豊の評判は?

女性

 

渡具知武豊さんの評判はどうなのでしょうか?

 

今回の市長選挙ですが、最初は当選が難しいと言われていましたが、逆境を跳ね返しての勝利です。

 

どうやら、人気の高い小泉進次郎さんが応援に駆け付けたことが少なからず影響してそうですね!

 

 

小泉進次郎さんの演説は非常にうまいですからね。

 

今回の市長選挙の争点は普天間基地問題です。住民もかなり重要視していたはずです。

 

もう1人の候補者である稲嶺進さんと、渡具知武豊さんでは、意見が分かれていたんです。

 

当選した渡具知武豊さんは、移設賛成派。一方、稲嶺進さんは、移設反対派。意見が正反対なんですね。

 

稲嶺進さんは移設反対を全面に掲げており、展望なき移設阻止に偏り過ぎたと、市民から不満の声があふれていました。

 

国と対立し、市民の暮らしや地元振興等が置き去りにされていた現状に「NO!」を突き付けた感じですね。

 

今回渡具知武豊さんが勝利したことで、自称オール沖縄の牙城を崩したことになりそうです。これで民意を盾にはできなくなったことでしょう。

 

5ちゃんねる等もチェックしてみましたが、結構渡具知武豊さんは評判が良さそうですね。

 

スポンサーリンク

渡具知武豊は結婚してる?嫁や子供は?

家族

 

渡具知武豊さんはPTA会長を務めていたことがあるので、子供がいるのは確実ですね。

 

調べてみたところ、東江中学校で第10代PTA会長をしていました。

 

ホームページをチェックしてみたところ、嫁、長男、長女、次女、そして、渡具知武豊さんの5人家族のようです。

 

 

 

まとめ

  • 渡具知武豊さんは第一経済大学(現日本経済大学)を卒業している。
  • 渡具知武豊さんは市議会議員だった。
  • 渡具知武豊さんは結婚しており、嫁、長男、長女、次女、そして、渡具知武豊さんの5人家族。

 

いかがでしたか?

 

今回の渡具知武豊さんの勝利が確実なものとなりましたが、投票率はなんと76.92%と非常に高いことに驚きです。やはり今回の選挙はそれだけ興味があり、注目もされていたということが言えますね。

 

渡具知武豊さんは新人ですが、名護市民のためはすごい期待していることと思います。その期待に応えられるように頑張ってほしいですね。

 

スポンサーリンク