社会問題

映画「パラサイト 半地下の家族」のネタバレ感想&解説します。また口コミをご紹介です。

ぬいぐるみ

2020年1月10日に公開される「パラサイト 半地下の家族」のネタバレと感想をご紹介します。

ポン・ジュノが監督しています。

第72回カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞しており、評論家からの評価も高い映画となっています。

パラサイト=寄生という意味で、貧乏な人が裕福な人の家に寄生するドラマですね。

その生活の中での裕福ゆえの人間性や貧乏ゆえの価値観が描かれております。

格差社会を題材にした作品です。


映画「パラサイト 半地下の家族」の評価、口コミは?

全体的に評価が高く、さすがポン・ジュノ監督と言った口コミが多くありました。

想像を超えた展開があり、韓国では5人に1人がこの映画を見ております。

カンヌの最高賞であるパルムドールを受賞しており、アカデミー賞ノミネートも決りました。

笑いもあり、コメディ色も強く、またホラーやサスペンス、社会問題など色々な要素が凝縮されて飽きさせない映画です。

映画「パラサイト 半地下の家族」のあらすじ

裕福なIT企業社長の家に貧乏家族が住む話となっております。

造語で「実家に寄生する」とネットではよく言われており、これがパラサイトというタイトルになっております。

場所は韓国で撮影されています。

ソン・ガンホがが父を演じており、韓国のヒット映画にこの人ありと言われていますね。

迫力満点な演技をしています。

予備校にすら通えない兄であるギウが美人女子高生の娘ダヘの家庭教師になります。

その縁で妹ギジョンは息子ダソンの家庭教師にもなります。

その中での色々な出来事がサスペンス風に描かれております。


映画「パラサイト 半地下の家族」の評価

見入ってしまう理由としてはギテク家族のキャラ設定ですね。

貧乏ですが、明るく、楽観的です。

しかし頭が良く、貧乏である悲壮感はなく、清々しく生きています。

前半はタイトルをイメージするがのように、テンポよく話しが進みます。

後半になると、この後どうなるのか、気になる内容が多くあり、ワクワクします。

予測不能な終盤の展開になり、また展開が早いので、見入ってしまうのも特徴の一つです。

貧乏家族は全員が無職であり、不景気である韓国には実際よくある光景のようです。

まとめ

裕福な家庭と貧乏な家庭からの格差社会がどのような社会になり、どのようなものを生み出すか。

色々と考えさせられる映画です。

話題になった「万引き家族」でも格差社会と家族が描がかれていましたが、「パラサイト」ではお金持ちと貧乏人のリアルなやり取りがあり強烈です。

格差社会が生み出すものが絶望しかないとしたら、その格差をいかに無くすが考えさせられる映画となっております。