お笑い芸人

【衝撃事実】向井慧の経歴や年収を調査!嫁(妻)はいる?レースの予想力がヤバイ!

お笑いトリオパンサーのツッコミ担当で、活躍中の向井慧さん。NSC時代に幼稚園からの幼馴染の近藤裕希と共に「あじさい公園」としてコンビで活動していたことがありました。、

NSCを卒業してから小浜隆次を加え「ブルースタンダード」を結成しましたが、2008年3月には解散します。その後、菅良太郎と尾形貴弘と共に「パンサー」を結成し、現在へと活動が続いています。

お笑いトリオパンサーでの向井慧さんの立ち位置は真ん中でツッコミを担当しています。向井慧さんはお笑い芸人としても人気で活躍していますが、AbemaTVのミッドナイト競輪中継番組に出演していて、

向井さんは、約3時間の生放送で最終7Rで大勝負。4番を頭に4-3、4-7、さらに2番頭に2-1、2-3、2-4、2-7と6点に5000円ずつ、計3万円を賭けて大逆転を狙った。

結果は、最後の直線で1番、5番の間に2番が割って入り差し切る理想的な展開になり配当も高額配当が発表され、これには共演者たちも、ただただ驚くばかりでしたね。

ネットのファンも即座に「パンサー向井さんまじで尊敬する」「師匠と呼ばせていただきたい」と現金な、祝福と驚きの声が飛び交っていました。(笑い)

と言う事で、今回はお笑いトリオパンサーの中の一人である、向井慧さんの経歴や年収・嫁(妻)はいる?レースの予想力がヤバイ!。という内容で書いて見ました。


向井慧のプロフィール

  • 本 名: 向井 慧(むかい さとし)
  • 生年月日:1985年12月16日(33歳)
  • 出身地:愛知県名古屋市熱田区
  • 血液型:B
  • 身 長:169cm
  • 体 重:62kg
  • 最終学歴 明治大学政治経済学部卒業
  • 出 身:東京NSC11期生
  • トリオ名 パンサー
  • 相 方: 尾形貴弘・菅良太郎
  • 芸風 漫才・コント (ツッコミ)
  • 立ち位置 中央
  • 事務所:よしもとクリエイティブ・エージェンシー
  • 活動時期:2006年 –
  • 同期 エド・はるみ他

https://twitter.com/nhk_radiru/status/1149247321684627456

名前の「慧」の由来は、生まれ年の85年にハレー彗星が世間をにぎわせていたため、次のハレー彗星が近づく2061年まで長生きできるようにという意味から名付けられたのだそうです。

小学生の時に名古屋市の優良児童に選ばれたています。父親は農学者で名古屋市立大学教授(名古屋大学博士)の向井清史さんです。

向井さんはラジオを聞くのが好きで、中学生の頃に『ナインティナインのオールナイトニッポン』を聴いたのをキッカケに、ほぼ毎日ラジオを聴く様になり、

2017年1月にはナインティナイン・岡村隆史に代わり、同枠で特別番組『パンサー向井慧のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)を担当したというから凄いですね。

又、競輪に対する知識が深く、BS日テレで放送されていたパンサーの「競輪、はじめました。」への出演をきっかけに競輪番組への出演が増えて、現在は注目を集めていますね。

向井慧の経歴!

NSCの略称で知られる「ニュー・スター・クリエイション」は、ダウンタウン、ナインティナインなど数多くのスターを生み出してきた芸人養成所。

向井慧さんも、2005年に東京NSCに11期生として入学しました。同期にエド・はるみ、チョコレートプラネット、シソンヌ、井下好井などがいます。

NSC時代に幼稚園からの幼馴染の近藤裕希と共に「あじさい公園」としてコンビで活動(当時はボケ担当)、NSCを卒業してから小浜隆次を加え「ブルースタンダード」を結成したが、2008年3月には解散しています。

現在は、菅良太郎と尾形貴弘と共に「パンサー」を結成し、活動中であります。元、相方の近藤と小浜の二人はコンビを再結成し「インディゴ」は向井さんがコンビ名の名付け親となった。(2018年に解散)

よしもと男前ランキングというのがありました。向井慧さんは2010年第32位、2011年第21位、2012年第9位、2013年第3位、2014年第2位、2015年には堂々の第1位を獲得していますが、

年々男前が上がって来たということなんですが32位が5年後に1位になれるってどんな基準なのか不思議ですね?(笑い)

NSCはニュー・スター・クリエイションは漫才やコントなどで必要な基礎として、発声や演技はもちろんのこと、ネタ見せや大喜利・トークなどのコーナーに対応する授業も設けられています。

業界の第一線で活躍する作家・タレントが講師を務めており、プロの視点から実践的なアドバイスがもらえるのが特長。多くの同期と切磋琢磨できるのも魅力の1つで、

銀シャリの同期にはジャルジャル、プラス・マイナス、アキナ秋山、ヒューマン中村、もりやすバンバンビガロといった多彩な芸人がいる。

向井慧さんも現在は多才な才能で人気を博して注目を集めています。今後の活躍が期待されますね。


向井慧の嫁(妻)はいる?

イケメン芸人と言われているパンサー・向井慧さんですが、実はインテリ芸人でもあります。まず2015年1位の向井は、子供っぽい見た目と裏腹に明治大学卒のインテリ芸人です。

「しかも、父親は大学教授で高名な農学者というまさにインテリな家系です。向井さんは明治大学政治経済学部卒業をしており高学歴となっていますが、

父親は農学者で名古屋市立大学教授(名古屋大学博士)の向井清史さんであることが分かっています。ところで、向井慧の彼女や嫁(妻)はいる?と調べて見ましたが・・。

お笑いトリオ・パンサーの向井慧さんはイケメン芸人と呼ばれモテているにも関わらず、浮いた話があまりないことでも有名なようです。

過去には、高校時代から10年間付き合っていた彼女がいたことが分かっていますが、若かったことや長すぎた春なのか、残念ながら破局してしまったようです。

以前に『ラストキス』という番組内で人気歌手とキスをしたという体験談を語っていますが、グループの歌手ということだけで相手の名前は分かっていませんね。

また、モデル・女優の野崎萌香さんとも噂になっていますが、これは『内村とザワつく夜』番組内でデートをしたことからで、デート後に「彼女のブログを毎日チェックしている」と

向井さんが言っていたことから本気なのでは?と噂されていたようです。噂の相手である野崎萌香(のざき・もえか)さんはファッションモデルであり女優として活躍されています。

最近ではメディアへの露出も増え、注目を集めています。又、熱愛スクープのない向井さんですが、逆に撮られたい願望はあるようで、女性ファンも多いためファンとの恋愛についても

過去に質問された時には、ファンとの恋愛は肯定したのですが「(自分は)食ったりしないです」と発言し真面目な一面も見せていますが・・

結局、向井慧の嫁(妻)はいるを調べて見ましたが、向井慧さんは嫁さんは募集中のようでしたね。素晴らしい奥さん(嫁)に出会えると良いですね。

向井慧のレースの予想力がヤバイ!

競輪ファンとして知られる向井さんはは、番組冒頭で「私昨日、原付1台分ぐらい負けているんですよ」と現在松戸で行われているG1レースで大負けしたことを告白していますが・・。

この日共演したモデルの小室安未を驚かせました。生放送も初めてで、競輪も初めてだという初物尽くしの小室さんに、向井さんはは「ミッドナイト競輪は2車少なく7車立てだから当てやすい」などと

やさしく解説します。続けて、競輪で投票券を買うにあたっての重要判断要素である「ライン」を、第1レースを例に以下のように説明した。「ラインというはチームみたいなものです。

競輪ってチーム戦みたいなところが最初はあるのです。同じ地域で練習している人たちがかたまって一緒になる。今回でいうと、7と1がかたまって走ります。

あとは5と2、4と6で、3は『単機』といい、一緒にはなりません」これに小室が「かわいそう。仲間はずれなのですか?」と聞くと、向井はここから芸人にたとえて解説した。

「いや、そういうことではないです。途中までは皆でスクラム組んで闘わないと、千鳥さんとかには敵わない。でも、最後はチームではなく、自分が頑張らなくてはいけない。

最終的にはラインの中で一着になるぞってのが大体の競輪のルールなんです」と、詳しく内容を解説してくれましたね。さらに、向井は、どのラインを狙うといいかの解説もあり、

「どのラインを狙うかが重要で、今回のラインで見ていきますと、ラインの先頭が7と5と4ですよね。ここから出走表を見て、選手に注目していただくと、

出走表に『B』って書いてあるのが分かりますか? このBの数字が、最後の半周でトップでいた回数の“バック本数”です。

それと競争得点というのがあって、これが(競輪選手の)強さといってもいいんですが、今回の競争でいえば、5の選手が78点で一番高い」ですね。

そのうえで、四日市の競輪場は最後の直線が長いため、先行で飛ばすような選手は不利だという解説で、一連の解説は高く評価されています。

そして、お笑いトリオ・パンサーの向井慧が5月5日、ミッドナイト競輪の函館7Rで、2車単で39番人気の1万5040円を見事と的中、5000円賭けており一撃で75万2000円を獲得する強烈な勝負運を見せつけましたね。

この快挙にネットのファンも「師匠と呼ばせていただきたい」といった、祝福と驚きの声が上がっていと言うのでやっぱ競輪は面白いですね。


向井慧の年収を調査!

向井慧さんの気になる年収を調査してみました。バラエティー番組『ざっくりハイタッチ』(テレビ東京系)で、平成ノブシコブシの吉村崇と

ウーマンラッシュアワーの村本大輔が月給170万円だったことを明かして話題になりましたね。さすがに吉村さんや村本さんクラスともなると

100万円オーバーの月給を手にしているようですが、他の若手芸人はテレビ露出の割には貰っていないようだそうです。

「個人仕事も増加中のパンサーの向井慧さんは、最高月給が150万円だと話していましたね。やはりトリオでギャラが3等分になるため、コンビやピン芸人よりは稼げないようです

“安心してください穿いています”の裸芸で人気上昇中のとにかく明るい安村さんは、5月に出演した記者会見では、1か月の給料がまだ4万円だと告白していましたが・・。

「お笑いのギャラは2~3か月後に入るのが普通ですから、4万円はブレイク前のギャラだったんでしょう。さすがに現在は家族を養えるぐらいの給料は貰えていると言っていました。

でも仕事の単価が安いので、100万円越えはまだみたいですけどね。それでも本人は“バイトをせずに家族を養えるようになって嬉しい”と喜んでいます」という事です。

まとめ

お笑いトリオパンサーのメンバーである向井慧さん。NSC時代に幼稚園からの幼馴染の近藤裕希と共に「あじさい公園」としてコンビで活動していました。

その後、菅良太郎と尾形貴弘と共に「パンサー」を結成し、現在へと活動が続いています。向井慧さんはトリオとしての仕事もさることながら、競輪ファンとして知られる向井さんは、

ミッドナイト競輪の函館7Rで、2車単で39番人気の1万5040円を見事と的中、5000円賭けており一撃で75万2000円を獲得する強烈な勝負運を見せつけましたね。

この快挙にネットのファンも「師匠と呼ばせていただきたい」といった、祝福と驚きの声が上がっていと言うのでやっぱ競輪は面白いですね。

向井慧さんの結婚相手はまだいらっしゃらないようですが、そのうち素晴らしい相手を見つけて結婚されるでしょうね。向井慧さんの今後の活躍に期待しましょう。

最後まで読んで頂き有難うございます。もし宜しければコメントなど頂ければ幸いです。