女優

【衝撃事実】松たか子旦那との馴れ初め!結婚7年目の子供と歌舞伎界の裏事情?

松たか子さんと言えば、すぐに思い出すのはやっぱり、『アナと雪の女王』ですね!何しろ、数字的には2014年8月のことですがこの時点で255万枚のDVDの売り上げがあったと言うですから。

今も売れ続けているのでどれくらいなのかはわかりませんがあれは、よかったですね、松たか子さんの歌唱力なども話題になりました。

 

その、松たか子さんの結婚相手である旦那の佐橋佳幸さんと言う方なんですが調べてみると、なんとバツイチ!そして、さらには松たか子さんと佐橋佳幸さんの年齢差は16歳もあるというのですね、いわゆる年の差婚というやつですね。

それで、今回は松たか子さんの旦那との馴れ初めや、子供さんを授かるまでに7年間も努力をした、聞くも涙の努力の内容や、

松たか子さんは歌舞伎の名門である高麗屋 9代目松本幸四郎の娘なんですが、歌舞伎界のお付き合いも大変なようでその辺りをフォーカスしてみましたので関心がありましたら読んで下さい^^;

 

松たか子のプロフィール

  • 芸   名:松たか子(まつ たかこ)
  • 本   名:佐橋 隆子(さはし たかこ)
  • 旧   姓:藤間 隆子(ふじま たかこ)
  • 別名義:松本 幸華(日本舞踊)
  • 生年月日: 1977年6月10日(40歳)
  • 出身地:東京都
  • 身   長:165cm
  • 血液型:A型
  • 職   業:女優、シンガーソングライター
  • ジャンル:舞台、映画、テレビドラマ
  • 活動期間: 1993年:舞台出演でデビュー
  • 1994年:テレビドラマ初出演
  • 1996年:NHK紅白歌合戦司会
  • 1997年:歌手デビュー
  • 配偶者 佐橋佳幸(2007年 – )
  • 著名な家族 九代目松本幸四郎(父)
    藤間紀子(母)
    松本紀保(姉)
    七代目市川染五郎(兄)

 

 

松たか子と佐橋佳幸との馴れ初めは?

松たか子の旦那は佐橋佳幸さんと言います。実はすでバツイチで年齢差年齢のさも
16歳とはやりでもないのでしょうがいわゆる、年の差婚に近いですね。

こちらが、佐橋佳幸(さはしよしゆき)さんです。

 

  • 生年月日 1961年9月7日
  • 出身地:東京都
  • 学 歴:東京都立松原高等学校卒
  • 職 業:ギタリスト・音楽プロデューサー

佐橋さんの主な作品は、小田和正さんの「ラブ・ストーリーは突然に」と
藤井フミヤさんの「TRUELOVE」のイントロ部分のギターフレーズです。

200万枚以上の大ヒット作品であり、他にも桑田佳祐さんや福山雅治さん、
槇原敬之さんなどとも交流があるそうです。主に音楽関係が多いイメージですね。

 

松たかこさんとは2007年の12月28日にご入籍、ただ、お父さんである
松本幸四郎さんが「年齢差」を気にして大反対!!+バツイチだったのも理由のひとつだったみたいです。

それでも二人に愛を誰も止める事はできません、父親の意見を押し切って結婚したものですから、それは親も離婚の心配をされますよね~

佐橋さんはバツイチで、松たか子さんの前には一般の女性と結婚されており、1998年に離婚されました。

松たか子さんの父親は松本幸四郎さんで、母親は藤間紀子、姉は松本紀保さん、お兄さんは、市川染五郎さんで、ご一家で役者一家なんですね。

松たか子さんは、日本舞踊の松本流名取で、松本幸華(まつもとこうか)という名前も持っていらっしゃいます。

松たか子さんは高校は堀越高校の芸能人が通う高校を卒業し、亜細亜大学は中退しています。16歳の時に歌舞伎座で初舞台を踏み、その後NHKドラマや、ロングバケーションで木村拓哉と共演するなどで人気を得ました。

松たか子さんは、アナと雪の女王の主題歌で、ご存知のように、意外と言ったら失礼ですが^^;音楽の才能もあり、歌手としてシングルを21枚、アルバムを12枚、全国ツアーも3回行われているのです。

女優さんのイメージが強かったのですが、歌手としても素晴らしい才能の持ち主でした。そして、この松たか子さんの音楽の才能が佐橋佳幸さんと出会わせたのですね。

松たか子さんが全国ツアーをやられている時の2001年にバンド兼ギタリストの佐橋佳幸と出会いがあり、2004年には交際をしている事が明らかになり2007年に目出度く結婚されました。

お父さんの松本幸四郎さんの心のうちは、16歳も年が離れている事で気持ちのすれ違いなどで、それが元で離婚?などに、ならなければ良いのだが?と心配をしていたそうですよ。

 

親とすれば、子供の幸せを願って祈るしかないですよね~。

 

松たか子さんが第1子を妊娠を公式サイトで発表

 

女優の松たか子さんがが第1子を妊娠したことを、公式サイトで発表されましたね。
〈新たな命を授かることができました〉と直筆のメッセージをアップして

〈私達夫婦は今、深いよろこびでいっぱいです〉と喜びの心境をつづり、来春の出産を心待ちにして日々をすごしておられる事を報告していました。

松たか子さんの、佐橋佳幸さんとの馴れ初めを紹介している文章がありました
『私、松たか子の夫は16歳年上の佐橋佳幸です。

2001年、松が全国ツアーを行った際のバンドマスター兼ギタリストを務めてくれた
ミュージシャンです。』

知り合ったのちに、松たか子さんは、は自身のアルバムプロデュースや全国ツアーのサポートを任せるなど全幅の信頼を置くようになり、07年にゴールインしました。

お互いの才能に惚れあって結婚した松任谷正隆・松任谷由実夫妻のような関係と音楽関係者の間では言われていたたようです。

しかし、父で歌舞伎俳優の松本幸四郎は16歳の年齢差に難色を示し、結婚に猛反対したというのですが、言い出したらきかない気の強い松たか子さんは父親の反対を押し切って結婚を強行しましたね。

以来、父娘の関係、ひいては夫と義父の関係もギクシャクした状態が続いていたそうなのですが、「子供でも出きればば、孫可愛さで父との関係も好転するだろうという思いから、

3年前のイベントで『そろそろ産みたい』と“妊活”を宣言した松たか子さんでしたが、夫婦ともに多忙によるすれ違いで“妊活”の機会すらなかったそうです。

ヘビースモーカーで知られる松たか子さんは、1日40本以上吸うなど、かなりの愛煙家だった。「それが今ではタバコをまったく口にしない。

 

出産に備えて仕事を減らし、イライラやストレスフルな生活を解消、ついに禁煙に成功した。凄い信念ですね!

そして、それだけでは飽き足らず、健康のために飲んでいた青汁も欠かさず飲むようになりました。アサイージュースなど健康にいいというものはひと通り試してみたという。

さらに、さらに、松たか子さんは、同じように年の差婚の夫をもつ女優の篠原涼子
がぬるぬる食品やニンニクなどの強精食品を取り入れた食事作りで“妊活”に成功した

と聞きつけると、それを参考に積極的に取り入れたというので、松たか子さんの本気の努力を目の当たりにし、ようやくお尻に火がついた夫が協力

そして、2015年3月330日、女優の松たか子さんが自身の公式ホームページで
第1子を出産したことを報告。「私たち夫婦のもとにやってきたのは、3466gの

元気な女の子でした」と喜びをつづっていました。おめでとう、松たか子さんと佐橋佳幸パパさん、努力のかいがありましたね!!

松たか子さんと共演NGはだれ?

歌舞伎役者・尾上菊五郎(71)と富司純子(68)の長男・尾上菊之助(36)と、人間国宝・中村吉右衛門(70)の四女・瓔子さん(31)の結婚披露宴が都内のホテルで開かれました。

梨園の名門同士の華燭の典だけに華やかな祝宴となったのですが、その舞台裏では大物女優同士による、”因縁の火種がくすぶっていたというのです。

 

それが何かというと!

皇族、元首相、大物司会者やアイドルなど、総勢620人も出席した披露宴は、豪華絢爛
で、名だたる歌舞伎界の大物たちも総じて出席していました。

当然、双方の両親を筆頭に、菊之助の姉で女優の寺島しのぶ(41)、吉右衛門の
兄・松本幸四郎(71)、幸四郎の長男・市川染五郎(41)らが勢ぞろい。ところが、

幸四郎の次女での女優・松たか子(37)が欠席したのである。そのため、さまざまな
憶測を呼んだというのです。

「披露宴は昨年9月から決まっていたにもかかわらず、松は仕事が入っていたという理由で欠席しましたが、松たか子クラスの女優になれば、何とでもスケジュールは調整できたはず

ですから、どうしても出たくなかった理由があったのでしょう」と言うことになりますね。大事な親族の晴れ舞台だっただけに、松たか子さんにとっても、欠席すると言うのはは苦渋の決断だったに違いない。

が、その遠因は、1人の出席者との根深い確執があったというのですが・・・。

 

なんだかきな臭い匂いがしそうな話ですが、2人の因縁を説明すると・・・。「もともと尾上家と松本家は歩いて行けるほどの距離に互いの邸宅を構え寺島しのぶは、松たか子さんの兄である、染五郎とは同級生、寺島と松たか子さんは幼なじみで仲がよかった。

ところが、小学生になったぐらいから容姿端麗だった松たか子さんの芸能界入りが注目され、梨園の娘達という境遇から寺島と比較されるようになったんです。

寺島はそれを『私はダメなんだな』とことさら気にかけていた」というのですね。
しかし、逆にそれが発奮材料となったのか、寺島は大学在学中の92年に名門・文学座に入団して演技力を磨いたのでした。

一方、そんな寺島を尻目に、松たか子さんは高校在学中の93年に歌舞伎座で初舞台
踏むと、94年にNHK大河ドラマ「花の乱」でドラマ初出演を果たし「人気女優」の地位を確立していったのです。

寺島は地味に松たか子さんは華やかに、2人は実に対照的な女優人生をスタートさせたのですが、当時の寺島はプライベートが充実しきっていたというのです。

それがなぜかと言うと「文学座入団後寺島しのぶが、幼なじみだった染五郎との
交際が始まっていたと言うのです。

 

97年に2人の関係が発覚し、同年に染五郎が18歳の時、6歳年上の元女優との間に隠し子を作っていたことが発覚し、染五郎が会見で認知していることまで明かしたにもかかわらず、寺島はそれを全て受け入れて交際を続けたのですが・・。

結局は、03年1月、染五郎は突如、高校時代からの友人であった女性と結婚すること
を発表し、なんと言うことか!結婚を誓い合っていたはずの寺島を一気に失意のどん底に突き落としたのですよ。

こうした経緯からすれば、寺島は松たか子さんよりもむしろ、染五郎こそ怨敵の筈なのですが、そう言うことから当然のことながら「寺島は一時期、自殺を考えたことまであったそうです。

そうして、染五郎の披露宴が行われた同年11月には、当てつけのように彼との交際を赤裸々につづった暴露本『体内時計』を発売しました。

ま、こちらも負けていないですね〜いよいよ、泥沼にハマっていく予感がしますね。それがきっかけで尾上家と松本家は絶縁状態になり、染五郎の披露宴の時も菊五郎夫妻は欠席しています。

当時、松たか子さんは周囲に『あの女、何考えてるの!』と怒りをぶちまけていたといいます」。芸能評論家の三杉武氏がこんな解説をしていました。

「松にとっては幼い頃にかわいがってくれたお姉さんだっただけになおさら、寺島が強烈に非難してくる姿勢を受け入れられなかったのだと思います。

女性同士ならではの対抗心なのでしょう。真実はどうあれ、完全に加害者と被害者という構図も作られてしまいましたからね」

お互いにライバルと思っていたかどうかは分からないですが、松たか子さんと寺島しのぶの活躍ぶりを比較すると、松たか子さんは月9ドラマ「ロングバケーション」や「ラブジェネレーション」など話題作に出演し続け、女優としての地位を確立していった。

一方、リードされていた寺島だが、“染五郎ショック”を払拭するや猛然と巻き返してきました。03年公開の映画「赤目四十八瀧心中未遂」と「ヴァイブレータ」(ステューディオ スリー、シネカノン)で全裸セックスシーンを披露し、

女優として評価を高める。そして10年公開の「キャタピラー」で、「ベルリン国際映画祭」最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞するまで上り詰めました。

また、その間に07年に結婚したフランス人夫との間に長男を授かるなど、公私とも充実していましたね。

松たか子さんは、寺島が脱いで新境地を開いた2本の作品について当時、『何を考えてるか理解できない』とバカにしていたのだが、しかし彼女も、12年公開の『夢売るふたり』で衝撃的なシーンを披露します。

 

過去のいきさつを知る関係者の間では松たか子さんが、『寺島を意識したのは明らか』との声も上がっていました。

寺島は、松たか子さんの艶技については、上から目線調で周囲に『あの子もやればできるんじゃない』と嘲笑していたといいます」少女時代から数えて“30年遺恨”となる松たか子さんと寺島しのぶですが、

これで、やっとこの二人が仲が悪いのかが理解できましたでしょうか?惚れた腫れた、捨てた捨てられたは、浮世の常ですが人間の情のどろどろしたところを、開き直って赤裸々に明かして。

それでマスコミがそれを大きく取り上げて・・。それが、芸能界で生きる生き方なんでしょうね。(笑い)

関連記事:門脇麦「愛の渦」「まれ」でも注目の女優!本名や熱愛彼氏の噂も?

関連記事:木下優樹菜の国籍は?アパレルで活躍!子供の名前や結婚指輪の噂も?

最後まで読んで頂き有り難うございます。もし宜しければコメント欄に感想などを
頂ければ幸いです!

スポンサーリンク