女子スポーツ選手

【衝撃事実】小林優香の落車怪我復帰から現在を調査!出身大学はどこ?彼氏がいる?

ガールズケイリンで大活躍中の小林優香選手は、その勝率の高さから「怪物少女」「怪物」「絶対女王」などと異名で称されています。どれほど凄いかと言うと、デビュー以来2017年末までで193走し、1着176回なんとなんと(勝率91.2%)とい怪物ぶりです。

女子ケイリン界では世界の舞台でも活躍して2019年1月14日には、インドネシア・ジャカルタで開催されている第39回アジア自転車競技選手権大会トラックレース大会最終日に「アジア選手権女子ケイリン」で小林優香選手が見事に金メダルを獲得しました。

2016年、2018年と落車事故による怪我を乗り越えて、不死鳥の様に、勝利を重ねている小林優香選手の、今回は落車怪我からの復帰や現在までの小林優香選手をピックアップして、出身大学はどこ?彼氏がいるの?を調査して見ました。

スポンサーリンク

小林優香のプロフィール

  • 本  名:小林 優香(こばやし ゆうか)
  • ラテン文字:Yuuka kobayashi
  • 生年月日:1994年1月18日(25歳)
  • 国   籍:日本
  • 所   属:日本競輪学校
  • 分  野:トラックレース
  • プロ所属チーム:2014年 –
  • 日本競輪選手会福岡支部

小林優香さんの母親はバレーボールの元実業団選手で、この影響を受けて、優香さんも幼少の頃からバレーボールに取り組み、熊本市立必由館高等学校時代には2010年に行われた全国高等学校総合体育大会バレーボール競技大会(インターハイ)に出場した経験を持っています。

しかし、垂直跳びの記録が60cmを越すにもかかわらず、身長が164cmとバレーボール選手としては小柄なためポジションは跳躍力をさほど必要としないセッターやリベロに限られていたのですね。

このことが優香さんには不満で、中学を卒業した時点でバレーボールには限界を感じていたそうなのですが、高校そして短大と、いずれもバレーボール部での活動を前提にした「推薦入学」が決まっていたことから、その後も不満を持ちながらも活動を続けていたという。

その小林優香さんに転機が訪れました。2012年、たまたまテレビで見たというロンドンオリンピック・男子チームスプリントに魅了され、ガールズケイリンをやろうと決意したそうですね。

佐賀女子短期大学在学中に競輪学校を受験し、2012年年12月20日、競輪学校第106回適性試験に合格、そして現在、勝率勝率91.2%の脅威の実力で活躍中です。ちなみに小林優香選手の太ももの周長は68.5cmあるそうです。

小林優香の落車怪我復帰から現在を調査!

小林優香選手のデビュー戦は2014年、5月16日、岸和田競輪場でした。2着の増茂るるこに6車身の差をつけて勝利しました。でも6車身差と言うのは凄いぶっちぎりと言う感じで、インパクトは強かったでしょうね!!

その後も連勝街道を続け、出走した岸和田、京王閣、松山、名古屋の各競輪場では全て完全優勝。石井寛子と並んでいたデビュー以来の無敗記録を更新する13連勝を樹立し、さらに19日、そして決勝戦が行われた20日も勝利し、加瀬加奈子と並ぶ15連勝をマークしています。

続いて、8月8、9日に行われた第1回ガールズケイリンフェスティバル(松戸競輪場)でも連勝。加瀬と並んでいた連勝記録を更新し、初代優勝者となりました。連勝記録はその後も続きましたが、9月1日、西武園決勝で梶田舞に敗れデビューからの連勝記録はひとまず22でストップしました。

小林優香選手の連勝記録は、この回だけではなく、その後も快進撃を続け、ガールズグランプリ2014までに再び22連勝を記録。しかし、年末の大一番であるガールズグランプリ2014では本命に推されたものの、捲り不発で梶田、加瀬に続く3着に沈み46戦目で初めて連対から外れましたがそんな時まありますよね~。

2015年5月には別府競輪場で開催された全日本プロ選手権自転車競技大会中に行われたエキシビションレースで競輪学校時代も含めた自身初の落車転倒を経験することに成りました。

3月・6月のガールズケイリンコレクション、8月のガールズケイリンフェスティバルと優勝、年末のガールズグランプリで優勝。同年の年間獲得賞金を29,767,000円とし、自身初の賞金女王となりました。

2016年は、3月のガールズケイリンコレクション名古屋ステージで他の選手を落車させたため過失走行により失格と判定され、また小林優香選手も落車し意識不明のまま病院に搬送されたが大事には至らなかったのでよかったですよね。

この負傷によりその後の3月開催のレースをすべて欠場することになり、デビューした2014年5月以降続いていた月別優勝が22ヶ月連続で終了した。同年4月、UCI承認トラックチーム「Dream Seeker」に、発足メンバーとして参加(代表は新田祐大)。

人間、誰しも運気の上がり下がりはあるもので、小林優香選手もアクシデント続きで、5月の同静岡ステージでは発走直後に左肩を脱臼するアクシデントに見舞われたものの2角捲りを決めて優勝しました。

その後、海外遠征先の台湾でも落車したため骨の移植手術を受けたことから、リハビリに専念するためレースは長期欠場しましたが、2016年11月の久留米競輪場でのFI競走から復帰し、3日間とも1着で優勝するというのですから驚きですね!!。

2018年も引き続きナショナルチームとしての活動に重きを置いたことからガールズケイリンの出走回数は抑え、年初から主に海外のレースに参戦するようになります。3月のガールズケイリンコレクシュン松山ステージでは、最後の直線で捲り追い込みを決めて優勝!

ガールズケイリンコレクション最多となる5回目の優勝を飾った。しかし、ここで又アクシデント発生で7月のガールズケイリンフェスティバル(松戸)において決勝で落車し負傷する(レースは失格)となった。

それ以降は治療と競技に専念したため2018年のガールズケイリンはガールズケイリンフェスティバルまでの僅か8走(1着5回、2着1回、3着1回、失格1回)に留まったが、競技では12月2日(現地時間)に行われた、

ワールドカップ2018-2019の3戦目・ベルリン大会女子ケイリンにおいて3着となり、短距離種目としては日本人女子で初めて銅メダルを獲得し表彰台に上りました。そして2019年その勢いで今度は2019年1月14日アジア選手権 女子ケイリンで小林優香選手が見事に金メダルを獲得しました。

それがこの動画です!!

主要レース勝利

ガールズケイリンコレクション

  • 2014年 9月
  • 2015年 3月・6月
  • 2016年 5月
  • 2018年 3月

ガールズケイリンフェスティバル

  • 2014・2015・2017

ガールズグランプリ

  • 2015

獲得メダル

  • 2018-2019第3戦・ワールドカップ女子競輪:銅
  • 2019年1月14日アジア選手権 女子ケイリン:金
スポンサーリンク

小林優香の出身大学はどこ?

小林優香さんの出身高校や大学はどこ?と調べました。高校は熊本市立必由館高等学校でした。高校時代には2010年に行われた全国高等学校総合体育大会バレーボール競技大会(インターハイ)に出場した経験を持っています

しかし、高校そして短大と、いずれもバレーボール部での活動を前提にした「推薦入学」が決まっていたことから、小林優香さんは部活動を続けていたという。

しかし、バレーボール部では、小林優香さんの垂直跳びの記録が60cmを越すにもかかわらず、身長が164cmとバレーボール選手としては小柄なためポジションは跳躍力をさほど必要としないセッターやリベロに限られていたのですね。

このことが優香さんには不満で、中学を卒業した時点でバレーボールには限界を感じていたそうなのですが、高校そして短大と、いずれもバレーボール部での活動を前提に、佐賀女子短期大学へ「推薦入学」が決まっていたことから、不満を持ちながらも活動を続けていたという。

その小林優香さんに転機が訪れました。2012年、たまたまテレビで見たというロンドンオリンピック・男子チームスプリントに魅了され、ガールズケイリンをやろうと決意したそうですね。

佐賀女子短期大学在学中に競輪学校を受験し、2012年年12月20日、競輪学校第106回適性試験に合格、そして現在、勝率勝率91.2%の脅威の実力で活躍中です。

小林優香の彼氏がいる?

小林優香選手は、2017年は減量に励み、体重は20キロ落として65キロになりました。20キロの減量は凄いですね~。そして、痩せたこともあってまわりから見られる目もかわったのではないですかね!

小林優香さんの彼氏は居るのかが気に成りますね。年齢も25歳だし、で、笑うとほっぺに可愛いいエクボができて可愛いさ爆発の小林優香選手ですが熱愛彼氏は 誰なのでしょうか?と彼氏について調べ手見ましたが、彼氏の情報が皆目見当たりませんでした。

現在のところは、競輪一筋に頑張っているのかも知れませんね。なので、熱愛彼氏はもう少し先のことかも知れません。どんどん勝利を重ねて「怪物」や「絶対女王」の異名のように凄い記録を打ち立てて欲しいですね。

そうすれば、小林優香さんに相応しい、彼氏が現れ結婚のニュースが聞けるかも知れませんね。

スポンサーリンク

まとめ

ガールズケイリンで大活躍中の小林優香選手は、その勝率の高さから「怪物少女」「怪物」「絶対女王」などと異名で称されています。

2019年1月14日には、インドネシア・ジャカルタで開催されていた第39回アジア自転車競技選手権大会トラックレース大会最終日に「アジア選手権女子ケイリン」で小林優香選手が見事に金メダルを獲得しました。

小林優香さんの母親はバレーボールの元実業団選手で、この影響を受けて、優香さんも幼少の頃からバレーボールに取り組み、熊本市立必由館高等学校時代には2010年に行われた全国高等学校総合体育大会バレーボール競技大会(インターハイ)に出場しています。

2016年は、3月のガールズケイリンコレクション名古屋ステージで他の選手を落車させたため過失走行により失格と判定され、また小林優香選手も落車し意識不明のまま病院に搬送されたが大事には至らなかったのでよかったですよね。

2017年は減量に励み、体重は20キロ落として65キロとしたほか、トラックレース短距離女子エリート強化指定選手として指定されました。2019年1月14日には、アジア選手権 女子ケイリンで小林優香選手が見事に金メダルを獲得しました。

2020年東京オリンピックでの小林優香選手弐期待ですね!!

最後まで読んで頂き有難うございます。もし宜しければコメントなど頂ければ幸いです。

スポンサーリンク