岸田健作が昔意識不明になった原因は事故か病気か?病名は?

岸田健作

あなたは元いいとも青年隊の岸田健作さんをご存知でしょうか?

 

いつの間にか消えたなと思っている人も多いかもしれませんが、2005年に芸能界を引退していたのです。misonoさんの元彼としてもちょっとした話題になりましたね。

 

岸田健作さんについて調べていると、「岸田健作 意識不明 事故」と関連して検索されているようです。岸田健作さんって昔、事故で意識不明になったことがあったのかな?と思い、調べてみました。

 

また、意識不明の原因が病気だという噂も・・・。病気だったとしたら病名は何だったのでしょうか?

 

スポンサーリンク

岸田健作が意識不明になった原因は事故?

男性

 

岸田健作さんは2013年、池袋のライブハウスで行われた公演終了後、会場の外で倒れ、意識不明になっていたことが報道されています。この意識不明の原因が気になりますが、「事故」と検索されていますが、実は違います。極度の疲労と脱水症状になっていたんですね。

 

これが原因です。ライブもかなりの疲労を伴うんでしょうね。水分を取らずに、激しいライブを行っていたのでしょうね。意識不明にまでなってしまうとは、危なかったですね。

 

水分補給は大事ですよ!(栄養補給も!)ちなみに岸田健作さん本人のブログでも自身の現状について報告していました。

 

24日の朝から首に異変を感じて痛みが続き24日夜には激痛で立ち上がる事や歩く事もままならない状態になってしまいそのまま緊急病院に行きました。一日安静にとゆう事だったのですが本日になっても症状が改善されず再度病院に行き検査を受けてお薬等処方していただきました。

引用:ORICON NEWS

 

事故と検索されている理由は?

女性

 

岸田健作さんが意識不明になった理由は、極度の疲労と脱水症状によるものだということは分かりましたが、じゃあ何で「岸田健作 意識不明 事故」で検索されているの?と不思議に思いますよね。

 

そこで、さらに探ってみました。すると、桜塚やっくんとの意外な関係が分かりました。

 

桜塚やっくんと言えば、エンタの神様をはじめ、お客さんを巻き込んだ芸風で人気でしたが、2013年に37歳の若さで亡くなっています。記憶に残っている人も多いと思いますが、交通事故で亡くなってしまったんですよね。。。

 

なぜ、桜塚やっくんと岸田健作さんが関係あるのかと言うと、2人は親友だったからです。そして、桜塚やっくんの事故現場近くに桜の木を植えようというプロジェクトが行われていたことをご存知でしょうか?このプロジェクトを岸田健作さんが推進してたんですね。

 

 

このプロジェクトで募金が目標額に到達し、「やっくんの桜の木」が植樹されたのです!いい話ですね!ちなみに、この桜の木は、ソメイヨシノで、「やっくんの桜の木」と彫った碑も添えられています。

 

設置された場所は、植樹スペース(平らな敷地)があり、河川敷から離れているため、河川内に滑り落ちてしまう危険性がない場所ということで、「美祢さくら公園」多目的広場となったようです。

 

まだ桜塚やっくんのブログは残されており、最新の記事(2013年10月3日)のコメントの件数は9万件を超えており、つい最近の書き込みもあるんです。一言コメントではなく、結構ガッツリな長文コメントが多く、今でもみんなに忘れられずに心の中で生き続けているんだなと思わせられました。

 

桜塚やっくんの見ないとがっかりだよ

 

スポンサーリンク

まとめ

  • 岸田健作さんは、2013年池袋のライブハウスで行われた公演終了後、会場の外で倒れ、意識不明になっていたことが報道されている。
  • 意識不明になった原因は、極度の疲労と脱水症状とのこと。
  • 事故と検索されている理由は、桜塚やっくんと岸田健作さんの関係から。
  • 桜塚やっくんは交通事故でなくなったが、親友だった岸田健作さんが桜塚やっくんの事故現場近くに桜の木を植えようというプロジェクトを推進した。

 

いかがでしたか?

 

何で極度の疲労と脱水症状で意識不明になったのに、事故で検索されているのか不思議でしたが、桜塚やっくんが関係しているとは思いもしませんでしたね。

 

先ほど桜塚やっくんのブログ見てきましたが、今日も数件書き込まれていました。あの事故を知った時、私も衝撃でしたね。

 

また、岸田健作さんは一時ホームレスになったこともあるようですが、現在はやりたいことが見つかり、ホームレスを脱出できたようですね。

 

現在は、ドラマの演出や演技指導、舞台の脚本、アーティストのPV制作など裏方の仕事を中心に、週末にはヴィジュアル系ロックアーティストとしてステージ活動を行っているということです。今後の岸田健作さんの活躍を期待しましょう。

 

スポンサーリンク
関連記事