堀潤アナDV離婚とは?韓国人や大学講師って本当?スプーンが話題!

堀潤

フジテレビの夕方の報道番組「プライムニュース」を降板した元NHKの登坂淳一アナに代わり、「ワイドナショー」に出演した松本人志さんは、堀潤アナがあり得そうとコメントしました。

 

これに対し、千秋さんは「だって、DVは・・・」とコメント。堀潤アナは「何年前の話をしているんですか」と苦笑いしました。

 

気になるのはDVって何?そんなことがあったの?ってことです。

 

今回は、堀潤アナのDV離婚とは何か、韓国人や大学講師、スプーンの持ち方等、みんなが気になっていることをまとめました。

 

 

スポンサーリンク

堀潤アナのDV離婚とは?

女性

 

堀潤アナのDV離婚って何なのでしょうか?

 

堀潤アナが「何年前の話をしているんですか」と苦笑いしていたようなので、何かあったのは本当のことのようですが・・・。

 

堀潤アナは2016年5月11日発売の「週刊新潮」でDVと浮気が原因で離婚していたと報じられました。

 

この件をワイドナショーで扱った際も、千秋さんは「あー、DVをやりそう」とコメントしており、これに対し、堀潤アナも「そういったネットの書き込みが多くて、困っています。」とコメントしています(笑)

 

エゴサーチしてるんですね(笑)

 

堀潤アナはワイドナショーで、報道内容を否定していますが、千秋さんは、ここでも何度も疑って「本当にDVをしてない?」と問いただしたことがありました(笑)

 

DVや不倫が事実なのか、本当のところは分かりませんが、堀潤アナが離婚したことは事実だったみたいです。

 

堀潤アナの元嫁は誰?

離婚したことは事実だと認めた堀潤アナですが、元嫁は誰なのでしょうか?

 

堀潤アナの元嫁は朝日新聞のエリート社員のようで、藤えりか(とうえりか)さんのようです。こちらの方ですね。現在40代後半ぐらいでしょうか?

 

藤えりかさんはTwitterをやっており、ちょいちょい自身の姿もアップされていますね!

 

https://twitter.com/erika_asahi/status/955974672394330112

 

もっと見てみたい方は藤えりかさんのTwitterアカウントにGO!

 

 

藤えりかさんについても、少し調べてみたのですが、藤えりかさんはバツ3のようなので、確かに堀潤アナ側だけではなく、藤えりかさんにもありそうな感じではあります(汗)

 

スポンサーリンク

堀潤アナは韓国人?

韓国

 

堀潤アナは韓国人の噂があるようですが、なぜでしょうか?

 

調査したところ、韓国人ではないようです。そして、なぜこのような噂が出たのかですが、顔が韓国人っぽいという書き込みが複数ありました。

 

結構芸能人とかでも、名前で検索すると、「韓国人」と関連キーワードに出てくる人はいます。

 

こういう場合、顔がそれっぽいという感じで検索されていることがほとんどです。

 

堀潤アナは大学講師?

学校

 

「堀潤」で検索すると、「大学講師」と関連キーワードに出てきます。

 

堀潤アナは、アナウンサーでありながら、大学講師もしているのでしょうか?

 

調査したところ、どうやら淑徳大学の客員教授に就任しているようですね。

 

週に1コマか2コマぐらいを担当しているようです。

 

堀潤アナは、大学時代、4年間塾講師のアルバイトをしていたので、教えることは得意みたいですね!

 

堀潤アナはスプーンの持ち方がヤバイ?

男性

 

堀潤アナは、スプーンの持ち方がヤバイと話題になっていました。

 

赤ちゃんみたいにグーでスプーンを持って食べるらしく、これまた千秋さんになんやかんやツッコまれていたようです(笑)

 

こちらのツイートで動画が観れます。

 

 

 

まとめ

  • 堀潤アナはDVと不倫が原因で離婚したと2016年に週刊新潮で報じられた。
  • 堀潤アナは離婚したことは事実と認めながらもDV不倫については否定。
  • 堀潤アナは韓国人ではない。
  • 堀潤アナは淑徳大学の客員教授も務めている。
  • 堀潤アナはスプーンの持ち方が赤ちゃんの持ち方でヤバイ。

 

いかがでしたか?

 

本当に登坂淳一アナの代わりに出演することになるのかは不明ですが、どうなるんでしょうね?

 

登坂淳一アナもまだ始まっていない番組を降板っておかしいような気もしますね(笑)

 

少し前に北海道時代にセクハラをしたことが報道されましたが、本人は否定していながらも降板したのなら認めたようなものだと思うのですが・・・。

 

いつ蒸し返されるか分かりませんから、有名人は常日頃から問題を起こさないように気を付けなければなりませんね。

 

スポンサーリンク