社会経済

【衝撃事実】原島玲子のwikiプロフや経歴!結婚してる?Barロベリヤの場所はどこ?

新宿ゴールデン街の名物ママさんとしてその界隈ではちょっと有名な原島玲子さんと言う方がいらっしゃいます。この原島玲子さんは、新宿ゴールデン街の事なら何でも知っている

もっぱらのウワサですね。幼い頃からゴールデン街で母親と2人暮らしで高校生の頃には、ゴールデン街から出るものの、母親や親戚が居る事もあり、結局毎日通ったということでした。

今回はNHKの新宿ゴールデン街特集でも話題となった「BAR ロベリア」の2代目ママさんである原島玲子さんのwikiプロフや経歴や、原島玲子さんは結婚してるのか?Barロベリアへはどうやって行ったら良いか?

地図も載せておきますので参考にして下さい。と言う事で原島玲子さんをピックアップさせて貰いました。

原島玲子のwikiプロフ

  • 本 名:原島玲子(はらしま れいこ)
  • 生年月日:1964年?月?日
  • 現年齢:55歳(2019年)
  • 出身地:東京都新宿区
  • 出身高校:東京都内
  • 職 業:「Barロベリア」2代目ママ

「Barロベリア」は昭和30年代に母親である千代子さんがお店を開業しました。母親である千代子さんは2012年、75歳で他界するまで店をしっかりと守って来ました。

昔は、ゴールデン街も飲食店街でも有り、住宅街でもありました。原島玲子さんが生れて、まだ幼い頃に両親は離婚をして、玲子さんは母親と二人暮らしをせざるを得ませんでした。

原島さんは芸能人でもないのでプロフィールは公には公開されていませんしかし、2017年にNHKで新宿ゴールデン街が紹介された時、原島さんがご出演されて、

その際、50年前の3歳の頃の白黒写真が紹介されたのでしたね。2017年の50年前が3歳と言う事は2017-53=1964になり、2019年は55歳と言うことになりますね。

原島玲子の経歴!

原島玲子さんの生い立ちについてですが、原島さんの母、千代子さんは親戚に誘われて22歳の時、ゴールデン街で店を始めました。

その後、原島玲子さんが生まれるも幼い頃に離婚、2人暮らしを余儀なくされたのですでも原島さんは寂しくはありません周りは長屋でご近所さんとの距離が近く近所付き合いも活発だったからです

原島玲子さんは奇しくも、田中開さんのおじいさん(直木賞作家の田中小実昌さん)には随分かわいがってもらいパンやお菓子をいっぱいもらったそうです。

当時の新宿ゴールデン街は新宿で最もディープな場所でした。2019年現在今では2000坪の土地に約270件の飲み屋が軒を連ねるゴールデン街となっていますが、

ゴールデン街が出来たのは昭和24年(1949年)、戦後の事です当初は店を開いても客は集まらず男女の非合法の出会いの場、青線と化していました。

青線とは 日本で売春防止法施行以前に非合法で売春が行われていた地域の俗称です。その後、昭和33年(1958年)売春防止法が施工され

新宿ゴールデン街は飲み屋街へと変貌を遂げましたその頃のゴールデン街は1F(店)、2F(家)といった具合で家族で暮らす人が増えていったのです

原島さんの母、千代子さんは親戚に誘われ22歳の時、ゴールデン街で店を始めましたその後、原島玲子さんが生まれるも幼い頃に離婚、2人暮らしを余儀なくされたのです

でも原島玲子さんは寂しくはありませんでした。周りは長屋でご近所さんとの距離が近く近所付き合いも活発だったからです

当時の新宿ゴールデン街はそんな日常を繰り返していたのですしかし昭和60年代、バブル崩壊の荒波が押し寄せてきました大半の飲み屋は経営が悪化し、多くの人が店を閉めました。

街には地上げ屋がウロウロするようになりほとんどの店に不動産屋の張り紙がされた状態になっていきました。そんな中でも、母親の千代子さんは店を手放すことなく懸命に生き抜いたのです。

2012年、75歳で千代子さんは他界されました。2013年、49歳の原島玲子さんは母の店「ロベリア」を改装し新しい店としてオープンさせ現在も賑やかにお店を経営されています。

現在では、新宿ゴールデン街の名物ママとなり、テレビでも新宿ゴールデン街のロケでは外せない店となったというのですね。

原島玲子は結婚してる?

原島玲子さんは結婚しているのでしょうか?ネットでは確かな情報は分かっていませんが、おそらくは結婚されているものと思われます。

それはなぜかと言うと、2017年にNHKに登場された時に、薬指に指輪をされていることを確認したと、バラエティー番組である、マツコの知らない世界で、ゴールデン街のロイヤルファミリー

として、斉藤一族として紹介されているようですので、ひょっとすれば旦那様は斉藤なのか?と思いましたが・・。旦那様はどんな方なのでしょうか?分かり次第加筆して行きますね!。

原島玲子のBarロベリアはどんな店?

新宿ゴールデン街ではお客さん同志が守っているマナーのようなものがあるらしいですね!ゴールデン街で生活する人達の文化のようなものかもしれませんね。

それは、まず一階は出入りがしやすいので、初心者のお客様にお薦めです。ですから初心者は一階のお店にはいります。

そして、店に入ったら店員さんに一杯奢り、コミニュケーションを取り、お店が一杯になったら先にいたお客さんから店をでる。

後ろで飲んでいるお客さんにお酒を渡して上げる。など狭い店内ではその場の空気を読む!お客さんを送り出す時は「いってらっしゃい」と送り出す。また戻っておいで!という意味でもある。

初心者は色んな店に行き自分にあった店を見つける。ゴールデン街ではメニューに無いものをおいてある店もあるので、店に於いてある酒をみて注文する。

などなど、ゴールデン街を歩く時にはちょっと覚えておいたほうが良いゴールデン街の文化でした。

新宿ゴールデン街に若者と外国人観光客が増えた!

新宿ゴールデン街は今や、文化発信の地とも呼ばれ、常連客の中には、直木賞作家や芥川賞作家も誕生しているという。

そして外国人観光客が殺到しているとも噂されています。2009年に「ミシュラン日本版観光ガイド」で観光地として二つ星の評価を得たことも世界から注目された原因の一つですが、

実際に訪れている観光客に尋ねてみると「ブログやyoutubeをみた」と応える人が多いそうです。日本は夜のエンターテーメントが少ないというので昭和の風情を楽しんだりお酒をちょい飲みして回る街としては

人気のスポットとなる筈ですね。そんなことも有って、怖い、危ない場所というイメージが減り、日本の若者もゴールデン街に増えているそうですね。

ゴールデン街のようなところで飲めれるようになる。常連客になるっていう憧れもあるんでしょうかね!。
文化の移り変わりを感じますね。「Barロベリア」も忙しくなるでしょうね(笑い)

原島玲子のBarロベリアの場所はどこ?

原島玲子さんが経営する「ロベリヤ」昭和30年代に母・千代子さんが店をオープンさせ、玲子さんは2代目ママとしてお店を守っている。

店名「Barロベリア」

住所:東京都新宿区歌舞伎町1-1-7(あかるい花園5番街2階)

新宿ゴールデン街「Barロベリア」はこちら!

 

新宿ゴールデン街の街は昔から変わっておらず、外国人客にも人気だという。「四季の道」は昭和45年まで都電の専用軌道で、平成9年にみどりの新宿30選にも選ばれています。

1648年創建の「花園神社」には、平成5年に皇太子殿下の結婚を記念し作られた石碑がある。「花園万頭」は日本一高いがウリ文句で、

86年前に原材料にこだわり、当時の一般的なまんじゅうの2倍の値段で販売し話題になったといいますね!。

[kanren postid=”4024″]

[kanren postid=”3466″]

[kanren postid=”1924″]

まとめ

新宿ゴールデン街の名物ママさんとして話題の原島玲子さんは「Barロベリヤ」の2代目ママさんとして頑張っておられます。

原島玲子さんの幼い時に両親が離婚したので、母親と二人暮らしで成長して来ました。新宿ゴールデン街でそだった原島玲子さんは寂しくはありませんでした。

周りは長屋でご近所さんとの距離が近く近所付き合いも活発だったからです。2013年、49歳の原島玲子さんは母の店「ロベリア」を改装し新しい店としてオープンさせ現在も賑やかにお店を経営されています。

原島玲子さんは結婚しているのでしょうか?ネットでは確かな情報は分かっていませんが、おそらくは結婚されているものと思われます。

新宿ゴールデン街の街は昔から変わっておらず、外国人客にも人気だという。新宿ゴールデン街はこれからも賑わっていくでしょうね。

最後まで読んで頂き有難うございます。もし宜しければコメントなど頂ければ幸いです。