福澤朗の卓球の実力は下手?上手?バタフライの契約選手だった!?

福澤朗

あなたは福澤朗さんが卓球が上手であることを知っていますか?

 

芸能界には隠れ卓球マニアが何人もいるようですが、その代表格が福澤朗さんです。決してプロと互角に打ち合うほどうまくはないですが、そこらの素人には絶対に負けないはずです。

 

福澤朗さんについて調べていると、あるページを見つけました。卓球用具のメーカーは色々ありますが、最も有名なメーカーは「バタフライ」です。実は福澤朗さんが契約選手になっていたようです(驚)

 

今回は、福澤朗さんと卓球の関係とバタフライの契約選手だった件を紹介したいと思います。

 

 

スポンサーリンク

福澤朗はなぜ卓球が上手?

卓球ラケット

 

福澤朗さんは、中学~高校は、卓球部に所属しており、テレビ番組の卓球大会で優勝する等、芸能界の中では卓球の実力はかなりあるようです。

 

その実力は「東京卓球選手権」のショウビズの部で上位を争うほどです。ちなみにショウビズの部とは、有名人・著名人が出場する部ですね。

 

福澤朗さんは卓球王国という雑誌でジャストミート・ピンポンを連載したり、世界卓球でも実況を務めています。実は、私も学生時代卓球部だったのですが、解説によっては間違ったことを言っている場合もあり、それがちょっと気になったりもします(笑)

 

福澤朗さんの実況は聞いたことはないのですが、卓球愛と知識の深さがうかがえるような実況だと好評のようですね。

 

福澤朗さんは学生時代に卓球をやっていましたが、しばらく卓球から離れていました。卓球を再開したきっかけは体力の衰えを実感したからです。2009年から卓球を再開し、「らくご卓球クラブ」に参加しているようです。

 

らくご卓球クラブとは、1986年に林家こん平を発起人に設立した卓球クラブで、芸能界等で活躍する卓球好きが集まっているようですね。福澤朗さん以外には、三遊亭小遊三さん、山田隆夫さん、猫ひろしさん等がおり、全員で150人も所属しているようですね。

 

福澤朗がバタフライの契約選手だった!?

卓球

 

福澤朗さんについて、調べていたところ、なんとバタフライの契約選手のページがヒットしました!こちらのページです。

 

バタフライ契約選手「福澤朗」

 

主な戦績の欄があり、他の選手に関しては、何の大会でどれぐらいの成績だったかが記載されていますが、福澤朗さんは卓球ではなく、出ている番組が記載されていました(笑)ネタですね。

 

  • 真相報道バンキシャ!
  • 開運!なんでも鑑定団
  • エンタの神様スペシャル
  • 世界卓球
  • 痛快TV スカッとジャパン

引用:バタフライ

 

福澤朗さんはどういう扱いなんでしょうかね。特にバタフライの何のラケット、ラバーを使っているというような記載もありませんし。

 

これはテレビ番組で猫ひろしさんと福澤朗さんが対戦した動画です。2人とも最近ではあまり見かけなくなったペンホルダーですね。

 

 

芸能人の中では確かにうまいとは思いますが、打ち方を見ていると、ボールにあまり力が乗らないような打ち方ですね(汗)

 

スポンサーリンク

まとめ

  • 福澤朗さんが中学校~高校時代、卓球部に所属していた。
  • 2009年に体力の衰えの解消のために卓球を再開し、らくご卓球クラブに所属している。
  • 福澤朗さんは、卓球用具メーカーバタフライと契約しているようだ。

 

いかがでしたか?

 

リオ五輪を機に、卓球も結構人気になってきており、スポーツニュースでもよく扱われるようになりました。福澤朗さんには、卓球をもっと広めるような活動を期待しています!

 

ぜひ、水谷選手をはじめ日本チームは東京五輪では中国を破って金メダルを獲得してほしいですね。

 

 

スポンサーリンク

関連記事(一部広告)