お笑いタレント

【衝撃事実】明石家さんまの名言と伝説!殺されそうになった話?や彼女の噂も!

sa

踊るさんま御殿をはじめ、さんまのまんまや、古くはひょうきん族など

バラエティー番組は、数え切れないほど持って、引っ張りだこの人気

で活躍している、明石家さんまさん。最近のニュースでは、明石家さんまの

“落ち込まない思考法”「己を過信せず、今日が己の頂点」などの名言で

日本テレビ系バラエティ番組『メレンゲの気持ち』(毎週土曜12:00~13:30)

にゲスト出演し、”落ち込まない思考法”について語っていましたね。

sa2

放送1000回目を迎え、さんまが300回記念以来となるゲスト出演となった、

今回、謎に包まれたプライベートを暴くべく、「Mr.ミステリアス

明石家さんまに聞きたい20の質問」と題したコーナーが設けられ、

さんまさんは、質問に次々と答えていったのですね。

いつものようにスタジオを爆笑の渦に巻き込む中、珍しく真剣トークを繰り

広げたのが、女優・三吉彩花(19)からの「最近お仕事で落ち込んだことは?」。

さんまは「ない」と即答し、”落ち込まない”極意を語りはじめました。

sa17

さんまさんが分析する”落ち込む人”は「過信している」からだそうで、さらに、

「己を過信しているから落ち込むだけ。俺とか俺の周り、みんな過信なんか

していないよ!。『できたはずなのに』とか。ストレスとかたまる人も

みんな過信している」と語り、

たとえ失敗したと感じた時でも、「『俺はまだまだ。ここまでか』と

思って生きてる」という。さんまさんにとっては「その日が頂点」で、

「今日が俺の頂点なの!」。今日が頂点の出来栄えが、頂点じゃない日の時の

方が、面白かったとしても、今日の経験とかいろいろなものを交えて”頂点の日”」

と考えているからこそ、「悔いはない」という明石家さんまさんの名言でしたね。

又、今回その、明石家さんまさんが、殺されそうになった?という、

明石家さんまが殺されかけた衝撃過去を告白!?

という、見出しに興味が湧いたので、いろいろと調べてみましたね。

調べついでに、さんまさんの伝説と言われていることや、子供時代のことや

熱愛彼女がいるのか?などなどをいろいろ調べて見ました。^^;

明石家さんまのプロフィール

芸  名:明石家さんま(あかしや さんま)

sa3

本  名:杉本 高文(すぎもと たかふみ)

生年月日: 1955年7月1日

出身地 : 奈良県

血液型: B型

星  座: かに座

身  長:172cm

デビュー: 1974年

著名な家族: IMARU

元々は落語家を志して2代目笑福亭松之助門下となったが、師匠の推薦で

お笑いタレントに転向。1981年に出演したバラエティ番組『オレたちひょうきん族』

(フジテレビ系)にレギュラー出演した事で、一躍人気が爆発。

sa5

その後は、長寿番組『笑っていいとも!』にもレギュラーとして出演するなど、

高い人気を続け、現在もお笑いビッグ3の一人として、冠番組を複数持っている。

誰も知らない!本当は怖い明石家さんま伝説

あの、一瞬にして人々を笑いの渦に巻き込む明石家さんまさんが・・・。

実はこんな伝説があったんですね^^;

「あの人の目は本当に怖い……。一瞬でも目が合ったら、どんな芸人も背筋が凍り

ます。」と語るのは、某バラエティ番組のディレクターだ。

お茶の間に笑いを届けるバラエティ番組の裏で、恐怖の大王として君臨する男が

いるのだという。それが、明石家さんまさんです。

話はこうです。「『笑っていいとも!』の最終回スペシャルで、ダウンタウンの

sa9

浜田雅功が、さんまさんの口にガムテープを貼るという一幕がありましたけど、

あの時も大変だったそうです」(笑い)

事前に松本人志が浜田に、「ガムテープで、さんまさんの口をガーッとやれば?」

と提案すると、「そんなんできひん、怖い、怖い、怖い……」と浜田は連呼し、

必死で拒否。それでも結局、本番ではやってのけたものの、

sa8

「芸能界の大御所でも平気でドツく”暴君”の浜田が、あそこまで恐がるなんて……。

さんまが本当に怖い証拠ですよ」(笑い)

視聴者は知らない「本当は怖い明石家さんま伝説」の中で、まず、最も恐れられる

「さんまの目」について、お笑い評論家のラリー遠田氏がこう説明する。

「ある若手芸人に聞いたところ、『踊る!さんま御殿!!』でも、さんまさんは

Œ|”

トークをしつつ常に場を見ていて、ひな壇にいる芸人に”おまえ、次イケるか?

しくじるなよ”とばかりにアイコンタクトを送るそうです。

“その時の目が、とにかく怖い”と話していましたね」(笑い)

明石家さんまが殺されかけた衝撃過去を告白(笑い)

「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系)の1000回記念スペシャルに

明石家さんまが登場しました。知られざる日常から衝撃の過去について

明かしたというのだが・・。

番組では、「Mr.ミステリアス明石家さんまに聞きたい20の質問」と題し、

「今後やってみたいことは?」「今、彼女はいる?」「IMALUちゃんの

彼氏と会ったことは?」などの質問で、さんまのプライベートに迫りました。

sa4

「毎日何時に起きて何時に寝る?」という質問では、“寝ない”という

伝説について、「寝れないというのが正直なところ」と明かしながら、

「それでも55歳過ぎてから、浅田美代子さんとか周りの人に協力して

いただいて寝れるようになった」と告白したのですが・・。

そんな中、「オーストラリアに(浅田らと)みんなでいった時の事で、

俺が寝ないから、みんなが寝かそうとするわけですよ。寝るようなアロマ

とかをずっと俺に向けてうちわであおいだり(笑)。

最終的には、ワインに導眠剤入れやがって…! ウトッとして、『うわっ』

て起きたら、みんなが『えー!』とかなって。あれは殺人未遂やろ!?」

と話し爆笑をさらったというのが、明石家さんまが殺されかけた衝撃過去を告白!

の全貌でした(笑い)

明石家さんまの熱愛彼女は?

今なお現役のプレイボーイ!明石家さんまの熱愛と彼女遍歴を探って見ました

もう還暦を迎えるというのに、相変わらずモテモテな明石家さんまさん。

最近は本気で結婚したいと周囲に言っているそうですよね~。

明石家さんまさんの熱愛彼女1人目  紗倉まな

sa11

2011年11月、『工場萌え美少女 紗倉まな 18歳』でイメージビデオデビュー、

グラビアでも活動していたが、2012年2月9日、『紗倉まな AVDebut』で

AVデビューしました。

明石家さんまと紗倉まなの恋愛エピソード

西麻布の高級焼肉店で二人は目撃されています。

警戒しているのか、退店するときは別々に出て来ています

“後日フライデー記者はさんまに事の真相を直撃。

お付き合いしているのかという質問にはもちろん否定。

面倒になったのか、「もうええよ、適当に書いとけや〜」とコメント。”

お持ち帰りはしていないんですか?という質問には、

「したいわアホ!」とさんまらしいコメントを残して去って行ったという。

sa14

一方の、紗倉まなは27時間テレビの後日、さんまを含めた大勢の

飲み会で連絡先を交換したことを告白。

さんま御殿に誘われた?という質問にはうまくはぐらかされたようです。

明石家さんまと紗倉まなの現在の関係は?

志村けんさんにも気に入られているようです。

「紗倉は、“どっちも話を合わせるのが大変”なんて周囲にこぼして

いるそうなんで、悪い気はしていないようです」

人気AV女優を取り合う超大物芸人。今後の展開に注目である。

明石家さんまさんの過去の熱愛彼女2人目  田中優衣

sa12

明石家さんまと田中優衣の熱愛エピソード

明石家さんまと32歳年下の“密愛”が報じられたアパレル会社の

美人社長・Tさん(26)が30日放送の読売テレビ・日本テレビ系

「情報ライブ ミヤネ屋」の取材に応じ、「さんまさんとは非常に仲良く

させていただいています。非常に大切な方」と意味深長にコメントした。

Tさんは、「最後に(さんまさんと)お会いしたのは2週間前」と

5月中旬にさんまの自宅を訪問した現場をフライデーに撮影された日が

最後と明かし、「さんまさんとは非常に仲良くさせていただいています。

さんまさんは非常に大切な方なので」とコメント。

ズバリ、付き合っているのか?という質問には「ノーコメントで。

さんまさんに迷惑がかかることが不安です」と思わせぶりな言葉を連発した。

sa20

女性社長の知人によると、2人が知り合ったのは昨年11月のとある飲み会

でのことだったという。さんまは、「今度二人きりでデートしようや」と

軽く彼女を誘うものの、彼女はその場では連絡先の交換で済ませたのだとか。

そして、さんまのメール攻撃についに陥落した彼女は、今年3月に

東京千代田区のさんま邸を訪れる、一夜を明かしたという。

sa13

それ以来、彼女はその知人に「さんまさんと一緒にいると落ち着くから好き」

と漏らすなど、かなりぞっこんの様子。

最近では、毎週金曜になると彼女はさんま邸を訪れ、一泊しているようだ。

しかし、このお家デートのみの関係に、彼女は不安を隠しきれないようで、

「他にも女の人がいるのかも。さんまさんは、オマエはオレのオンナやと

言ってくれるけど、本気か遊びかわからない。でも、好きだからまた

会いに行っちゃう」と知人に語ったのだとか。

なんとも羨ましい話ですね(笑い)

最後まで読んで頂き有り難うございます

もし宜しければコメント欄に感想などを

頂ければ幸いです!