エアコンのガスチャージ料金の相場は?ガス漏れの原因は?

管破損

梅雨が明ければ本格的な夏に突入しますが、夏はエアコンがないとかなりきついですよね・・・。

 

実は、夏にエアコンのトラブルが多いのをご存知でしょうか?最も多いのがエアコンのガス漏れです。ガス漏れしてしまうと、エアコンから風は出ていても、全く室内が冷えないぬるい状況になります。

 

今回は、エアコンのガスチャージの料金の相場について調べてまとめてみました。ガス漏れする原因と合わせてご覧ください。

 

 続きを読む

 

 

スポンサーリンク

エアコンのガスチャージ料金の相場は?

お金

 

エアコンのガスチャージ料金の相場は、15,000円~25,000円程度のようです。依頼する業者や、チャージするガスの種類や量、真空引きの工賃等によって結構違いますが、大体がこれぐらいのようです。

 

業者が多く、どこに依頼するか迷うかもしれませんが、しっかりと見積もりをして、納得した業者に依頼してください。工事内容が細かく分かれており、それぞれで工賃がかかり、合計すると結構な額になるところもあるので、注意してください。

 

ちなみに、ガスチャージの料金を節約するために、自分でやってやろうと思う人も中にはいるかもしれませんが、やはり素人がやるには難しい作業です。黙って業者さんにおまかせしたほうが安心ですし、たった1時間程度で作業は完了します。

 

エアコンのガス漏れの原因は?

女性

 

エアコンのガス漏れの原因は、主に以下のようなことが考えられます。

 

  • 購入時の施工ミス
  • エアコン本体・室外器の接続部分・バルブからのガス漏れ
  • 長期間使用したことによる劣化

 

ガスチャージだけしてもらっても、ガスが漏れた原因を特定できなければ、またすぐに漏れることになりますから、補修も同時にしてもらうことになります。ガス漏れは、一気に抜けずに、徐々に抜けていく場合もあり、抜けている場所の特定が困難な場合もあるようです。

 

補修費用は、やはり漏れている箇所と程度によって異なります。劣化がひどく、配管を全部交換するとなれば、高くなるでしょうし、部品交換のみで対応可能なら安く済むのは間違いないでしょう。

 

先ほど、ガスチャージの料金の相場は、15,000円~25,000円と言いましたが、これに補修費用が加算されることになります。これに30,000円ぐらいは加算されると思っていた方が良いかもしれません。

 

また、古いエアコンの場合、部品がないと言われる場合もありますし、そういった場合は、エアコンを買い替えることも検討すると、結果的に得をするということもありえます。

 

古いエアコンだと、ガス漏れは補修して直っても、他の箇所が故障してしまう可能性もありますからね。「また壊れたし、買うか~」となった場合、最初から買い替えすればお金を節約できたということになりかねません。

 

スポンサーリンク

まとめ

  • エアコンのガスチャージの料金の相場は、15,000円~25,000円程度。
  • これにガス漏れの補修工事費用が加算される。(補修工事費用は30,000円は見ておいた方が良い。)
  • エアコンがガス漏れする原因は、「購入時の施工ミス」、「エアコン本体・室外器の接続部分・バルブからのガス漏れ」、「長期間使用したことによる劣化」等がある。

 

私は、家のエアコンのガスが漏れたことはないのですが、車のエアコンがガス漏れしたことはあります。そのときは、もう車検前に新しい車を買おうと思っていて、直さずに下取りに出したのですが、エアコン壊れてますと言ったら、査定がマイナス5万円になりました(笑)

 

さて、温暖化の影響か、毎年徐々に暑くなってきている気がしますが、特にお年寄りに多いのが、エアコンがあるのに、エアコンを使わずに過ごしていることです。

 

熱中症にならないためにも、エアコンは使った方が良いですし、もし、「エアコンから冷風が出ない!故障かな?」と思ったら、早く修理してもらった方が良いですよ~。夏は快適に涼しく過ごしましょう♪

 

スポンサードリンク

関連記事(一部広告)