WBCと世界野球WBSCプレミア12の違いって何?

WBC・プレミア12

2017年はWBC開催の年で、侍ジャパンは優勝の奪還が期待されています。一昨年は、世界野球WBSCプレミア12が開催されました。プレミア12は、2015年に初めて開催され、次回の開催は2019年です。

 

こちらもWBC同様、4年に1回です。しかし、疑問なのはなぜ、WBC(ワールドベースボールクラシック)があるのに、プレミア12が始まったのでしょうか?一体何が違うの?あなたも同じように思ってませんか?

 

今回は、WBCと世界野球WBSCプレミア12の違いを調べてみました!

 

続きを読む

 

 

スポンサードリンク

主催者が違う!

説明男性

 

まず、WBCとWBSCプレミア12の違いとして、大会の主催者が違います。WBC(ワールドベースボールクラシック)は、MLB(メジャーリーグベースボール)機構とMLB選手会によって立ち上げられました。

 

これに対し、WBSCプレミア12はIBAF(国際野球連盟)とISF(国際ソフトボール連盟)を統合した国際組織であるWBSC(世界野球ソフトボール連盟)が主催しています。

 

ただし、主催者は違うと言えど、WBCもWBSCプレミア12もWBSCが公認している世界大会なのです。

 

大会開催までの経緯が違う!

道

 

先に開催されているWBCですが、アメリカ国籍以外のメジャーリーグ選手が増えてきたことに伴い、日本でもMLBの開幕戦を行う等、アメリカのみならず、世界に進出し始めました。

 

さらにMLBの収益拡大を目指して、開催されることになったのがWBCというわけです。当初はIBAF(国際野球連盟)が主催していました。これに、MLB選手を含めて、プロ・アマ混合の野球の世界一決定戦を開催することとなりました。これがWBCが開催されることになった経緯です。

 

これに対して、WBSCプレミア12が開催されるに至った経緯は?というと、オリンピックが関係しています。野球・ソフトボールが、2008年北京オリンピックを最後に除外されてしまいました。(東京オリンピックでは復活しました!)

 

オリンピックで野球が開催されなくなったことで、IBAF(国際野球連盟)はIOC(国際オリンピック委員会)から補助金が得られなくなってしまいました。また、国際大会での出費もかさみ、財政難となってしまいました。

 

財政難を解消するためにMLBから支援を受けることになったのですが、タダでは支援を受けることができませんでした。条件として、IBAF(国際野球連盟)主催の国際大会を廃止することと、WBCをIBAF(国際野球連盟)公認の大会にすることが提示されました。(※IBAFは現在のWBSC(世界野球ソフトボール連盟))

 

これによって、WBCはWBSC公認の大会となり、国際大会が再編され、WBSCプレミア12が開催されることとなったのです。

 

スポンサードリンク

参加資格が違う!

野球

 

WBCとプレミア12では、大会の参加資格が違います。プレミア12は招待制となっており、WBSC世界野球ランキングのトップ12の国のみ参加して開催されます。(ちなみに、日本は現在(2017年2月時点)でランキング1位です。)

 

WBCでは、第1回大会と第2回大会は招待制でした。しかし、WBCは第3回大会からは予選を導入した大会方式へと変わっています。

 

出場資格が違う!

野球ボール

 

WBCとプレミア12では、大会参加資格だけでなく、出場資格も違います。プレミア12では、「オリンピック憲章に基づいたルール」となっています。オリンピック憲章に、国籍に関する項目があり、こんな記述があります。

 

「同時に2つ以上の国籍を持つ競技者は自己の判断によりどちらの国を選択してもよい。」

 

これは、プレミア12では選手が複数の国籍を持っているならば、選手の判断で、どの国籍の国に出場することができるという意味です。日本とアメリカの国籍を持っていたのなら、日本とアメリカどちらでも自分で選択することができるということですね。

 

これに対し、WBCでは、選手の出場資格は以下のように定められています。

 

  • 当該国の国籍もしくは永住資格を持っている。
  • 当該国で出生している。
  • 親のどちらかが当該国の国籍を持っている。
  • 親のどちらかが当該国で出生している。

 

まとめると、プレミア12は、選手本人が代表となる国の国籍を持っていることが出場条件となっていますが、WBCでは、代表となる国の国籍を持っていなくても、上の条件に当てはまれば、出場する資格があるということです。

 

ちなみに、MLB機構は、メジャー契約選手はプレミア12に派遣しないとしており、実際、2015年のプレミア12には、メジャーの選手は一人も出ていませんでしたね。

 

2015年WBSCプレミア12日本代表メンバー

 

WBCはMLBの収益拡大を目的として開催されている大会なので、こちらに関してはメジャーの選手もOKです。

 

スポンサードリンク

まとめ

WBCとWBSCプレミア12では、以下のような違いがある。

 

WBC WBSCプレミア12
主催者 MLB機構
MLB選手会
WBSC
大会開催
までの経緯
MLBの収益拡大
を目指して開催。
国際大会の再編
によって開催。
参加資格 予選を導入した方式 WBSC世界野球ランキングTOP12
出場資格 国籍のある国 ・国籍ありor永住資格あり。
・代表の国で出生。
・親のどちらかが当該国の国籍あり。
・親のどちらかが当該国で出生。

 

スポンサードリンク

読んでいただきありがとうございました!


17 ビュー

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ