2015年12球団合同トライアウト結果一覧と合格者の2016年成績一覧

トライアウト

現在プロ野球はCSが行われていますが、既に戦力外の選手が発表されています。戦力外となった場合は、引退するか、トライアウトを受験するか、トライアウトを受験せずにオファーを待つ選手もいます。

 

トライアウトを受験しない選手は、チームの主力として活躍して実績のある選手が多いですね。若くして戦力外となってしまった選手も多く、非常に厳しい世界なんだなと感じます。

 

さて、今年(2016年)も12球団合同トライアウトが行われます。昨年(2015年)のトライアウトの結果を一覧にまとめてみました。

 

続きを読む

 

 

スポンサードリンク

2015年12球団合同トライアウト結果一覧【投手編】

野球ボール

 

まずは、投手の2015年12球団合同トライアウト結果一覧です。

 

選手 所属 打者 奪三振 被安打 四死球
菊池和正 BC 3 1 1 0
上園啓史 3 0 0 0
加藤康介 3 1 0 0
正田樹 IL 3 2 0 0
榊原諒 3 0 0 1
森内壽春 3 1 1 0
山内壮馬 3 0 0 1
玉置隆 3 1 0 0
藤江均 3 1 1 0
前田祐二 3 1 0 0
江村将也 3 1 0 0
西村憲 BC 3 2 0 0
上野大樹 3 0 3 0
雨宮敬 BC 3 0 2 1
田中靖洋 西 3 0 1 0
加賀美希昇 D 3 1 0 1
河野秀数 3 1 0 0
矢地健人 3 0 2 0
藤原正典 3 2 0 0
池ノ内亮介 3 0 2 0
大田阿斗里 D 3 2 0 0
大場達也 3 1 0 1
金伏ウーゴ 3 0 0 0
中後悠平 3 0 0 3
柴田健斗 3 1 0 0
塚田晃平 BC 3 3 0 0
中村恵吾 3 0 1 1
甲斐拓哉 BC 3 0 3 0
日高亮 3 0 0 1
土屋健二 D 3 0 0 0
伊藤拓郎 BC 3 1 0 0
北方悠誠 3 0 1 1
今井金太 D 3 1 1 0

 

正田樹投手(IL)、西村憲投手(BC)、藤原正典投手(神)、大田阿斗里投手(D)、塚田晃平投手(BC)が2回以上三振を奪っていて、被安打も0に抑え、活躍しましたね。

 

合格したのは以下の3人。

 

  • 田中靖洋(西→ロ)
  • 大田阿斗里(D→オ)
  • 金伏ウーゴ(ヤ→巨)

 

トライアウト後すぐに合格!というわけではなく、入団テスト等で入った選手も含まれています。トライアウト後、すぐだと金伏ウーゴ投手だけですね。

 

2015年12球団合同トライアウト結果一覧【野手編】

野球ボール

 

続いて、野手の2015年12球団合同トライアウト結果一覧です。

 

選手 所属 1 2 3 4 5 6 7
田上健一 三振 二ゴ 二ゴ 遊ゴ 三振 三振 中安
林崎遼 西 右安 中飛 三振 一ゴ 左飛 右2 四球
三振
佐藤貴規 BC 右2 一ゴ 中安 左2 中2 二ゴ 二ゴ
山本和作 遊ゴ 三振 右失 中飛 三ゴ 左安 遊ゴ
渡辺貴洋 BC 三ゴ 三振 投ゴ 三振 左安 三振 遊ゴ
三家和真 BC 一ゴ 四球 中飛 四球 三振 左飛 左飛
藤沢拓斗 三振 中飛 四球 二ゴ 右飛 三振 三振
佐藤賢治 三振 三振 三振 左飛 四球 三振 右飛
原大輝 三ゴ 左飛 左安 四球 四球 死球 三ゴ
中村憲 二ゴ 三振 右安 三振 投ゴ 遊飛 四球
白根尚貴 左2 右飛 右3 一飛 遊ゴ 中安 中飛
角晃多 BC 三振 一飛 四球 二ゴ 三振 中2 右安
鵜久森淳志 中飛 一飛 右安 左飛 三振 左2 二ゴ
大平成一 BC 二ゴ 三振 左2 死球 三振 左2 投ゴ

 

佐藤貴規外野手(BC)、白根尚貴内野手(ソ)が3安打以上打っていて目立った活躍しましたね。三振もありません。

 

合格したのは以下の2人。

 

  • 白根尚貴(ソ→D)
  • 鵜久森淳志(日→ヤ)

 

最も活躍した佐藤貴規外野手は、BCリーグ・福島でプレイしています。トライアウトで活躍したからと言って、合格するとは限りません。

 

スポンサードリンク

2015年12球団合同トライアウト合格者の2016年成績一覧

女性

 

2015年12球団合同トライアウト合格者の2016年の成績はこちらの記事にまとめました。
※トライアウトに参加して、その後の入団テストで合格した選手も含まれています。

 

 

12球団合同トライアウトは2015年から1回のみに!

頭痛男性

 

12球団合同トライアウトは2014年までは2回行われていました。しかし、2015年からは1回のみに変わりました。2014年までは1回目が不合格でも、2回目にチャレンジできました。

 

球団個別の入団テストはあるものの、トライアウトが1回のみとなったことで、最終テストという感じになってしまいました。

 

スポンサードリンク

最後に

12球団合同トライアウトで活躍したからと言って、合格するとは限りません。野球を続けるためにみんな必死だと思いますが、もしトライアウトで活躍して獲得してもらっても、トライアウトから入った選手は活躍する可能性が低いんですよね。

 

 

しかし、まだ決まっていないのなら受けるべきだと思います。また、実績があるからと言って、トライアウトに参加しないと、どことも契約できずに、引退試合もしてもらえないということになりかねませんしね。

 

個人的には、トライアウトから這い上がって大活躍する選手を見てみたいです!

 

 

 

スポンサードリンク

読んでいただきありがとうございました!


16 ビュー

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ