プロ野球のコーチと監督の年棒はいくら?一覧にまとめてみた!

お金

シーズンが終わり、この時期になると、戦力外になってしまった選手は、トライアウトや入団テストで拾ってくれる球団を探したりしますが、戦力外だけど、コーチにならないか?と打診されることも多いようです。

 

この場合、現役にこだわり、選手としてまだまだプレイしたいという人は、移籍先を探すことになりますが、コーチってどれぐらい年棒もらっているんでしょうか?監督はどれぐらい?気になるので、調べてみました。

 

続きを読む

 

 

スポンサーリンク

プロ野球の監督の年棒は?(2016年)

札束

 

まず、2016年の監督の年棒から紹介します。

 

セリーグの1軍監督の2016年年棒

真中満(ヤクルト):1億円
高橋由伸(巨人):1億5,000万円
金本知憲(阪神):1億2,000万円
緒方孝市(広島):7,000万円
谷繁元信(中日):8,000万円
ラミレス(DeNA):7,000万円

 

パリーグの1軍監督の2016年年棒

工藤公康(ソフトバンク):1億円
栗山英樹(日本ハム):1億円
伊東勤(ロッテ):8,000万円
田辺徳雄(西武):5,000万円
福良淳一(オリックス):5,000万円
梨田昌孝(楽天):1億円

 

セリーグの2軍監督の2016年年棒

宮本賢治(ヤクルト):2,000万円
斎藤雅樹(巨人):3,000万円
掛布雅之(阪神):3,000万円
水本勝己(広島):1,400万円
小笠原道大(中日):2,500万円
二宮至(DeNA):1,800万円

 

パリーグの2軍監督の2016年年棒

水上善雄(ソフトバンク):1,500万円
田中幸雄(日本ハム):1,800万円
山下徳人(ロッテ):2,000万円
横田久則(西武):2,000万円
田口壮(オリックス):2,000万円
平石洋介(楽天):2,000万円

 

球団によって、かなりの開きがありますね。やはり選手と同様、潤沢な資金がある球団(巨人)は監督も高いです。

 

プロ野球のコーチの年棒は?(2016年)

次に、2016年のコーチの年棒を紹介します。コーチは人数が多いので、球団別に平均で記載します。

 

セリーグの1軍コーチの2016年年棒

東京ヤクルトスワローズ:平均1,800万円
読売ジャイアンツ:平均2,750万円
阪神タイガース:平均2,136万円
広島カープ:1,222万円
中日ドラゴンズ:2,175万円
横浜DeNAベイスターズ:1,425万円

 

パリーグの1軍コーチの2016年年棒

福岡ソフトバンクホークス:1,555万円
北海道日本ハムファイターズ:1,763万円
千葉ロッテマリーンズ:1,263万円
埼玉西武ライオンズ:1,436万円
オリックス・バファローズ:1,544万円
東北楽天ゴールデンイーグルス:1,522万円

 

セリーグの2軍コーチの2016年年棒

東京ヤクルトスワローズ:1,243万円
読売ジャイアンツ:1,950万円
阪神タイガース:1,500万円
広島カープ:1,133万円
中日ドラゴンズ:1,607万円
横浜DeNAベイスターズ:1,256万円

 

パリーグの2軍コーチの2016年年棒

福岡ソフトバンクホークス:1,457万円
北海道日本ハムファイターズ:1,263万円
千葉ロッテマリーンズ:1,157万円
埼玉西武ライオンズ:1,313万円
オリックス・バファローズ:1,078万円
東北楽天ゴールデンイーグルス:1,238万円

 

コーチも巨人が最も高いですね・・・!

 

最後に

いかがでしたか?私は正直意外でした。選手と比べたら監督やコーチはもっと少ないものだと思っていたら意外にもらっています。巨人の高橋由伸監督なんて、1億5,000万円ですよ!

 

監督にかかるプレッシャーは大きいとは思いますが、ここまで多いとは思いませんでした。今年優勝した広島がかなり少ない印象です。逆に巨人は1軍だろうが2軍だろうが、高いですねー!

 

こういうこともあり、巨人にみんな移籍したがるのかもしれません。引退後もコーチになるなら巨人のほうがずっと年棒が高いですからね・・・。DeNAの山口投手がFA宣言しましたが、多分巨人へ行くでしょう・・・。そろそろ巨人に入団を決めたと報道が出るんじゃないですかね。

 

 

スポンサードリンク

関連記事(一部広告)