パチスロ6号機とは?規制内容や緩和と機械割は?新台はいつから?

パチスロ

2018年からパチスロは6号機時代に突入します。長く続いた5号機時代もいずれ終焉を迎えるわけです。

 

私は4号機時代にパチスロを始め、現在ではもうパチスロはやめました。パチンコ&パチスロ離れが進む中、私もそれに乗っかったという感じになりましたね。

 

4号機→5号機に移行したときは、あまりの出なさに絶望したものですが、5号機→6号機に移行したら具体的にどう変わるのでしょうか?

 

規制内容機械割はどうなるの!?6号機の新台はいつからなのかもまとめました!!

 

※追記あり!

 

 

スポンサーリンク

パチスロ6号機の規制内容は?

ダメ

 

パチスロは6号機になると、出玉性能は落ちるようです。

 

6号機になると、ボーナスの払い出し枚数の上限が下がります。当然ボーナスの払い出し枚数の上限が下がると、一気に大量のメダルを出すのは今より難しくなるはずし、機械割も大きく引き下げられます。

 

パチスロ6号機ボーナス払い出し枚数上限が300枚に!

女性

 

5号機では最大で480枚のメダルの払い出しが上限でしたが、6号機になると、これが300枚まで下がります。

 

差枚数ではなく、「払い出し枚数」ということに注意です。当然ボーナスを消化するためにBETした分はカウントされていません。

 

なので、実質的には最大の獲得枚数は約260枚ちょっとってところではないでしょうか?

 

現在ある5号機ではボーナスで純増が310枚程度で336枚カウントが超えるまで払い出しが行われます。

 

6号機ではメダルの払い出し300枚が上限なので、現行機種のジャグラーとかはNGになりますね。6号機の規制の枠内で開発したとすると、BIG1回分の純増枚数を250枚程度に下げる必要があります。

 

パチスロ6号機の機械割は?

グラフ

 

現行機種の5号機では機械割が高い機種では119%です。2018年のパチスロ6号機規制では、約105%となります。

 

ひどいもんですね。最高出玉率は大きく引き下げられることになりました。機械割が119%と105%では、これぐらいの違いが出ます。(※1日8000ゲームを消化したと仮定しています。)

 

機械割 IN枚数 OUT枚数 差枚数
105% 24000枚 25200枚 1200枚
119% 24000枚 28560枚 4560枚

 

この差はヤバイな(笑)

 

パチスロ6号機は強制初期化機能搭載!

ポニーテールの女性

 

また、6号機は、3000枚規制と言われていますが、これは朝から晩まで打って、3000枚以上メダルを出すことができないというわけではありません。

 

一撃3000枚以上出すことができなくなるということです。

 

現行の5号機の機種では、ARTのセット数上乗せやゲーム数上乗せをすればするほど、獲得できるメダルは増えていきますが、これが不可能になります。

 

で、本題の強制初期化機能とは、ARTが上乗せ込みで1500ゲーム消化した時点で、残りゲーム数がどれだけあろうと、強制的にストップがかかってしまう機能です。

 

また、2018年のパチスロ6号機規制では、ART純増枚数は2枚以下となっていますので、仮に純増2枚とすると、3000枚獲得するということは、ARTを1500ゲーム消化するということになりますね。

 

ただし、これは高確率状態や天国モード、潜伏等、引き戻し等に対して強制初期化は不可です。

 

パチスロ6号機の新台はいつから?

カレンダー

 

パチスロ6号機はいつから新台が導入されるのでしょうか?

 

2018年2月1日に6号機に移行と言われていますが、このタイミングで全台が6号機になるわけではありません。2018年2月1日以降からは6号機の規定でしか新台を作れないということです。

 

5号機が全台撤去され、全台6号機となるのは約2~3年後ぐらいではないでしょうか?

 

さて、6号機の新台が導入されるのは、早くても2018年10月という見通しです。

 

スポンサーリンク

パチスロ6号機が規制緩和?【※追記】

早くも6号機に規制緩和です。規制緩和の内容を以下に箇条書きでまとめてみました。

 

  • AT機・リノタイプ機復活
  • AT・ARTの設定差OK
  • 純増2.0枚以上OK
  • 有利区間ランプは「AT・ART突入時」に店頭でOK

 

ただ、純増が2.0枚以上OKにはなるものの、その一方で枚数規制が一撃2400枚に強化されました。ただし、ジャグラー等のノーマルAタイプの規制緩和はなしなので、先ほど書いた通り、BIGでの獲得枚数は260枚程度になることが予想されます。

 

 

まとめ

  • 2018年2月1日以降からは6号機の規定でしか新台を作れない。
  • 6号機では「AT機・リノタイプ機」、「AT・ART機の設定差」が復活する。
  • 「ゲーム数毎の機械割規制」や「一撃枚数規制」はあり。
  • ノーマルAタイプは従来通り規制内容は変わらない。

 

いかがでしたか?

 

私はもうパチスロは打つことはないので、どうでもいいのですが、今も続けているパチスロファンにとっては、気になる内容ですよね。

 

5.9号機よりは6号機の方が良くなった印象です。短時間勝負の仕事帰りのサラリーマンとかには6号機の方がいいでしょうね。

 

パチスロって規制と緩和を繰り返しており、これからも続くのでしょうね。

 

のめり込み過ぎるギャンブル依存症が問題になっているわけですから分からないでもないですが、ネット上の声を見てみると、5円スロットでいいから4号機を打ちたいという声が結構多いようです。

 

4号機のような仕様をOKにし、20円スロット禁止にして、最大で10円とか5円にすれば、いいんじゃないの?と思うのですが、そうはいかないんでしょうね。

 

個人的には、パチンコ屋がなくなった方が景気が良くなると思いますけどね。

 

スポンサーリンク
関連記事