マルチシグとは?対応仮想通貨取引所は?コインチェックは未対応!

説明男性

マルチシグとはどんな仕組みなのでしょうか?

 

昨日(2018年1月27日)、仮想通貨取引所大手のコインチェックで約580億円相当の仮想通貨が流出した事件で、コインチェックではマルチシグという仕組みを使っていなかったことがわかり、セキュリティが甘かったと報道がありました。

 

気になるのは、「マルチシグ」って何?ってこと。一体どんな仕組みなのでしょうか?また、マルチシグに対応している仮想通貨取引所はどこなのでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

マルチシグ??

仮想通貨

 

マルチシグについて説明する前に、公開鍵/秘密鍵電子署名について理解しておく必要があります。

 

公開鍵/秘密鍵とは?

公開鍵とは、データの暗号化に用いる鍵で、第三者に公開してもよい鍵です。

 

公開鍵とは、自分のアドレスを作る元になる鍵のことで、例えるならアドレス=口座番号のようなものです。仮想通貨の送金に必要になります。

 

「ここに送金してよ!」と知らせて、そのアドレスに送ってもらうものなので、第三者に公開してOKなものです。

 

これに対し、秘密鍵とは、持ち主によって秘密に保持される鍵です。持ち主のみ知ってよい鍵です。他人に知られてはいけない鍵です。

 

秘密鍵は自分の仮想通貨であることの証明ができる唯一の鍵で、秘密鍵を持っている人にしか、そのアドレスにある仮想通貨を動かすことができません。

 

公開鍵と秘密鍵は、データの暗号化と復号に使われます。

 

電子署名とは?

電子署名とは、公開鍵を使い電子的に署名することです。

 

第三者は公開鍵と署名と本文を比較することで署名したのが秘密鍵を所有している人であるか確認し、本文が改ざんされていないことを検証することができます。

 

仮想通貨においては、不正な送金を行おうとしても、送金者だけが署名することができるため、他人の送金が成立しない仕組みになっています。

 

マルチシグとは?

マルチシグとは、英語にすると、「Multisignature」です。

 

「Multi」は「複数の」という意味がありますよね。「Signature」は「署名」という意味です。

 

つまり、複数の署名を利用し、複数の認証が得られないと処理を進めることができない仕組みです。

 

仮想通貨の秘密鍵が複数に分割され、送金を行うには複数の鍵を合わせる必要があるのです。

 

マルチシグにすることで、セキュリティを高めることができるというわけです。

 

コインチェックでは、このマルチシグを導入していなかったようで、セキュリティが甘かったようです。

 

マルチシグ対応は仮想通貨取引所では推奨されており、逆にマルチシグ対応していないのは通常では考えられないというほどです。

 

マルチシグにすることで、絶対に不正送金等がなくなるというわけではありませんが、セキュリティを高めることができます。

 

超簡単に説明すると、金庫があったとして、1つの鍵よりも2つあった方が開けられる可能性は低くなりますよね?そういうことです。

 

もしかしたら、コインチェックで仮想通貨が不正に引き出される事件は今回起こらなかったとしても、いずれは起きたのかもしれません・・・。

 

ただ、マルチシグを導入していたかよりも、コインチェックが常時ネットワークに接続された状態にしていたことが、被害に遭った一番の原因ではないでしょうか?

 

その辺りのセキュリティの甘さが中々金融庁の認可が下りなかった原因ではないでしょうか。

 

マルチシグ対応仮想通貨取引所は?

ビットコイン

 

上で説明した通り、マルチシグ対応することで、不正送金等のリスクを減らすことができます。

 

マルチシグ対応の仮想通貨取引所の方が安心できますよね。以下の仮想通貨取引所はマルチシグ対応です。

 

  • Zaif(ザイフ)
  • bitFlyer(ビットフライヤー)
  • bitbank(ビットバンクトレード)
  • QUOINEX(コインエクスチェンジ)
  • GMOコイン(ジーエムオーコイン)

 

これらは金融庁の認可が下りているので、安心度は高いです。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

  • マルチシグとは、英語にすると、「Multisignature」で、複数の署名を利用し、複数の認証が得られないと処理を進めることができない仕組み。
  • マルチシグ対応することで、セキュリティを高め、ハッキング被害を起こりにくくすることができる。
  • コインチェックはマルチシグに対応していなかったこともハッキング被害に遭った原因の一つとも言える。
  • マルチシグ対応の取引所はZaif、bitFlyer、bitbank、QUOINEX、GMOコイン等がある。

 

いかがでしたか?

 

もし、仮想通貨取引をするなら、当然セキュリティの高いところのほうが安心して取引できますよね。

 

コインチェックの不正送金で被害に遭った人の中には、ほぼ全財産をコインチェックに入れていた人もいるようで、リスク分散が重要とも言えます。

 

面倒ではありますが、複数利用した方がリスク分散になると言えるでしょう。

 

スポンサーリンク
関連記事