猛暑日とは?夏日/真夏日/酷暑日/熱帯夜/冬日/真冬日の意味も一緒に

太陽

あなたは猛暑日とはどんな日のことを言うのかご存知でしょうか?

 

また、似たような言葉ってありますよね。

 

  • 夏日
  • 真夏日
  • 酷暑日
  • 熱帯夜
  • 冬日
  • 真冬日

 

これらの意味を正確に理解しているでしょうか?今回は、猛暑日の意味と、関連する言葉(夏日/真夏日/酷暑日/熱帯夜/冬日/真冬日)の意味をまとめて説明します。

 

続きを読む

 

 

スポンサードリンク

猛暑日の意味は?

火

 

猛暑日とは、最高気温が35度以上の日のことを言います。これは昔からあった言葉ではなく、気象庁が天気予報等で2007年から使い始めた言葉です。

 

なぜ新しい気象用語「猛暑日」ができたのかというと、年々温暖化が進み、35度以上になる日が多くなってきました。もはや30度以上になるのは当たり前という状態です。

 

この状況の中、最高気温が35度以上の日を表現する気象用語を定めたというわけです。ちなみに40度以上の日は、まだ作られていません。しかし、温暖化がさらに進み、40度以上になる日が将来頻繁に出てきた場合、新たに気象用語が作られるのでしょうね。

 

その場合、超猛暑日とかいなるのかな?(汗)

 

夏日の意味は?

空

 

夏日とは、最高気温が25度以上の日のことを言います。

 

スポンサードリンク

真夏日の意味は?

太陽

 

真夏日とは、最高気温が30度以上の日のことを言います。

 

酷暑日の意味は?

セミ

 

あまり聞きなれない言葉だとは思いますが、酷暑日ってご存知ですか?なんとなく、猛暑日よりも暑いのでは?というイメージがありませんか?

 

実は、それは間違いです。酷暑日の意味は猛暑日と同じで、最高気温が35度以上の日のことを言います。

 

紛らわしい、何で同じ意味なのに複数言葉があるんだよ!?と言いたくなりますが、猛暑日は気象用語で、比較的新しい言葉です。(2007年から使い始めた。)

 

その前から、マスコミでは最高気温が35度以上の日を酷暑日と普通に使っていたんですね。ですから、呼び方が2種類あるのです。

 

ただし、猛暑日=気象用語、酷暑日=マスコミ用語です。天気予報では猛暑日と表現しているはずです。

 

スポンサードリンク

熱帯夜の意味は?

熱帯夜

 

熱帯夜とは、最低気温が25度以上の夜のことを言います。

 

ちなみに、補足ですが、超熱帯夜という言葉もあります。超熱帯夜とは、最低気温が30度以上の夜です。こんな日は冷房を付けて寝ないと寝付けそうにないですね・・・。ちなみに、超熱帯夜という言葉はマスコミ用語です。

 

暑い系まとめ

私が小さい頃は、今日は暑いなぁというときでも、30度を少し超えるぐらいだったのに、現在では30度を超すことは当たり前になってきています。温暖化ってヤツなんでしょうねぇ。

 

以下の表に、暑い系の用語をまとめておきます!

 

用語 意味
猛暑日
酷暑日
最高気温が35度以上の日
真夏日 最高気温が30度以上の日
夏日 最高気温が25度以上の日
熱帯夜 最低気温が25度以上の夜
超熱帯夜 最低気温が30度以上の夜

 

スポンサードリンク

冬日の意味は?

冬

 

冬日とは、最低気温が0度未満の日のことを言います。別名霜日とも言います。霜がおりて、池にも氷が張ります。

 

私は東北に住んでいますから、最低気温が0度未満になることは普通ですね。

 

真冬日の意味は?

氷

 

真冬日とは、最高気温が0度未満の日のことを言います。冬日は、最低気温が0度未満の日なのに対して、真冬日は最高気温が0度未満です。

 

私の住んでいるところでは、年に数回は真冬日ありますね。手袋をしていないと指先の感覚がなくなってしまいます(汗)

 

スポンサードリンク

寒い系まとめ

以下の表に、寒い系の用語をまとめておきます!

 

用語 意味
冬日 最低気温が0度以下の日
真冬日 最高気温が0度以下の日

 

各地点の真夏日、冬日、真冬日の年間日数は?

各地点の真夏日、冬日、真冬日の年間平均日数を紹介しますね。(夏日は多すぎるので省略します(笑))

 

地点 真夏日 冬日 真冬日
札幌 8.0日 124.8日 45.0日
仙台 17.9日 70.3日 1.7日
新潟 33.5日 37.3日 1.1日
東京 48.5日 5.8日 0.0日
名古屋 64.3日 28.5日 0.0日
大阪 73.2日 6.8日 0.0日
広島 63.1日 17.0日 0.0日
福岡 57.1日 4.3日 0.0日
那覇 96.0日 0.0日 0.0日

 

ただし、このデータは、1981年~2010年の平均値です。徐々に温暖化が進んでおり、現在では、当然真夏日はもっと多いことでしょうね。

 

熱中症、熱射病、熱中症の違いとは?

医者

 

最近は、すごく暑くて、毎日熱中症で搬送されたというニュースを見ますが、昔は熱中症なんて言葉なかったように思います。昔は、熱射病とか日射病という言葉をよく聞いていた気がしますが、気になったので、ついでに調べてみました。

 

熱中症は、身体の内外から熱の影響を受けて起きる不調全般のことを言います。これに対して、熱射病と日射病は何なのか?

 

熱射病は、頭痛や吐き気、めまい等の症状に留まらず、意識がなくなったり、臓器に障害をもたらしたり、死亡するケースもある症状が現れる段階で、重度の症状が見られる段階です。

 

日射病は、症状が重い、軽いの段階はなく、直射日光に当たることで発症したケースを言います。ちなみに、熱射病と日射病は、熱中症に含まれます。

 

なるほど!熱射病、日射病、熱中症はそれぞれ、全くの別物という訳ではなく、熱射病と日射病は熱中症というカテゴリーに含まれる病のことだったんですね。

 

最後に

天気に関する各気象用語、マスコミ用語は理解できたでしょうか?これで、天気予報で、気象用語を使われても、誰かに説明もできますね♪

 

最近は暑いですが、熱中症にならないように、水分と塩分を適度に摂取するように心がけて、夏をエンジョイしてくださいね!

 

ちなみに、熱中症対策として、塩分チャージというお菓子がありますが、コレ私、すごい好きなんです。

 

半日で一袋食べてしまうほどです。しかし、そうすると、塩分過多になってしまいますし、しかも、常に仕事中ボリボリ食べていたら、歯が痛くなることもありました。(常に食べていた場合、確実に痛くなりました(汗))逆に体に良くないです・・・。

 

 

話は少し逸れてしまいましたが、ここで終わりとします(笑)

 

スポンサードリンク

読んでいただきありがとうございました!


14 ビュー

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ