宮迫の不倫相手の竹内結子似の30代美容系ライターA子=佐々木仁美と特定!

佐々木仁美

以前も不倫疑惑のあった雨上がり決死隊の宮迫博之さんですが、またも不倫報道です!

 

不倫相手は2人いて、一人はモデルの小山ひかるさんと週刊文春は報じていますが、もう一人は30代美容系ライターA子と伏せられていました。

 

しかし!この30代美容系ライターA子さんは既にネット上では特定が完了しており、実名(佐々木仁美さん)と顔写真も公開されています。

 

今回は、宮迫さんの不倫相手の30代美容系ライターA子さんについてお伝えします!

 

  続きを読む

 

 

スポンサードリンク

宮迫の不倫相手の30代美容系ライターA子とは誰?

佐々木仁美

 

不倫は病気のようなもので、一度やらかして反省してもまたやってしまうというところがあると思います。宮迫さんに関してもそう。

 

週刊文春の報道では伏せられていた30代美容系ライターA子さんは、以前から2ちゃんねるで噂になっていたようです。今回の文春の報道を機に特定されたのではなく、文春が報道する前から噂になっていたのです。

 

2ちゃんねる発のネタで文春が裏を取ったということになるんでしょうね。書き込みを見ると、あまりにも具体的過ぎて、内情を知る人物による書き込みでは?という印象です。

 

美容アンドロイド 佐々木仁美
と不倫中
その他愛人多数

 

宮迫は佐々木仁美とかいう美容ライターと不倫している。
福井県出身東京在住の作り込んだ顔でいい女ぶってるヤツ。ここ何年も続いてる。
調べればすぐわかる。
早く週刊文春さんに取材されてバレろ(`o´)

 

こんな書き込みが見られました。スレを見たい方は2ちゃんねるを参照してください。

 

2ちゃんねる宮迫スレ

 

書き込みした日にちは2015年のことです。今回文春が報道した内容と完全に一致していますね。佐々木仁美という人物と見て間違いないでしょう。

 

佐々木仁美のSNSのアカウント

佐々木仁美さんはSNSを複数やっており、自身の写真も公開しています。

 

佐々木仁美

引用:佐々木仁美Twitterアカウント

 

佐々木仁美インスタグラム

 

佐々木仁美Twitterアカウント

 

インスタのアカウントを見たところ、プロフィールには、「20代・30代女性向けの美容ウェブマガジンLBRの編集長」とありますね。

 

写真を見ると、文春の報道の通り、竹内結子さんに雰囲気が似ており、容姿に関しても一致。完全に一致!

 

スポンサードリンク

人のことを言えない宮迫

 

現在2017年ですから少なくとも2年前から不倫関係にあるということでしょうね。宮迫さんと言えば、胃がんを患い、芸能活動を休止していた時期がありました。現在はそれを乗り越え、元気な姿を見せていますが、これは嫁のおかげでもあるはずです。

 

元気になったらすぐに不倫。こんなんでいいのか~?宮迫さんよ!

 

ベッキーさんとゲス乙女の川谷さんとの不倫が発覚した際には、オリラジの中田さんが「あざとい」という発言をしたことがありました。これに対し、宮迫さんは、バイキングで「僕キレてやろうかと思ってます。」とか言っちゃってましたね。

 

不倫が発覚した今となっては、「お前もかよ!」としか思えませんね。

 

行列での弁明はあるか?

ダメ

 

行列のできる法律相談所では、不倫や浮気の話題になると、宮迫さんを映すのが定番のネタになっていますが、今後出演した際は、何とコメントするんでしょうかね?

 

しかし、2人と不倫しているなんてびっくりですね。佐々木仁美さんも、小山ひかるさんも、他にも不倫していた女がいたとは思っていなかったのではないでしょうか?

 

スポンサードリンク

2017年の芸能界の不倫

2017年も芸能界の不倫の話題が多数ありました。

 

最近では船越英一郎さん(疑惑)、小栗旬さんのモノマネのおばたのお兄さん、仲間由紀恵さんの旦那である田中哲司さん。大塚愛さんの旦那であるRIP SLYMEのSUさん。

 

マギーさんとハイスタ横山健さん。そして、新年早々に発覚したのが袴田吉彦さんと、なんとかっていう30歳グラドル。このグラドルは既に事務所を退所していて、今何しているか不明です。売名バレバレで注目されて嬉しそうな感じで、私は嫌いだったので消えてよかったですが。

 

芸能人は、常に誰かに見られていると思って行動しないととんでもないことになりますね。宮迫さんの奥さんはブチ切れてるのではないでしょうか?離婚に発展までは・・・しないかな??

 

スポンサードリンク

読んでいただきありがとうございました!


352 ビュー

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ