ヤバイ!免許更新期間切れてた!期間が過ぎたらどうすればいい?

免許

あなたは免許更新をすっぽかして忘れてしまったことは・・・ないですよねぇ?(笑)

 

私は今年免許更新なのですが、もし、免許更新期間が切れていたらどうなるのでしょうか?期間が過ぎたら、また教習所に通って免許の取り直しなのでしょうか?私の知り合いでも実は、引っ越してハガキが届かなかったということで、免許更新期間が切れてしまった人がいたんですよね。

 

今回は、免許更新期間が切れた場合、どうしたらよいのかまとめました!

 

 続きを読む

 

 

スポンサードリンク

免許更新期間が切れた場合の対処は?

女性

 

運転免許の更新手続きを期間内に行わなかった場合、免許は失効してしまいますが、以下に記載した手続きをすることで、再取得することができる場合があります。ちなみに、失効した状態で運転すると、無免許運転になりますから、絶対にしてはいけませんからね!

 

もし、免許の更新期間が切れたとしても、「あなたの免許は失効しました。」なんて通知はきませんからね!

 

失効してから、どれぐらい期間が経っているかによって、手続きが異なります。

 

失効後6か月以内の場合

砂時計

 

失効後6か月以内の場合、申請すれば持っていた運転免許証を理由に関わらず再取得することができます。通常は、学科試験→技能試験→適性試験(視力検査等)→講習という流れで免許が取得できますが、適性試験(視力検査等)→講習でOKです。

 

意外にも簡単ですね!

 

ちなみに、海外出張等で更新ができなかった等、やむを得ない理由の場合、ゴールド免許を引き継ぐことができます。ただし、やむを得ない理由ではない場合は、ゴールド免許を引き継ぐことはできません。

 

単純に、「忘れてたー」なんて理由では、ゴールド免許から降格してしまいます。

 

必要書類

  • 失効した運転免許証
  • 健康保険証、パスポート等の本人確認書類
  • 申請用写真1枚(※縦3cm×横2.4cm)
  • 本籍地記載の住民票原本(※日本に住民票がない方)
  • 外国人登録証明書等(※外国人の方 ※紛失した方は、「登録原票記載事項証明書と外国人登録証明書交付予定期間通知書」)
  • 高齢者講習修了証明書(70歳以上の方)
  • パスポート(出入国記録証明)、入院証明書(診断書)等(※やむを得ない理由があった方)

 

手数料

手数料は、各自治体と再取得する免許の種類、運転区分によって異なります。以下に東京都の場合の普通免許取得にかかる手数料を紹介します。

 

講習区分 時間受講 手数料講習 手数料合計 合計
優良運転者 30分 3,900円 500円 4,400円
一般運転者 1時間 3,900円 800円 4,700円
違反運転者 2時間 3,900円 1,350円 5,250円
初回更新者 2時間 3,900円 1,350円 5,250円

 

スポンサードリンク

失効後6か月~1年以内

砂時計

 

失効後6か月以内の場合は、学科試験と技能試験が免除でしたが、失効後6か月~1年以内の場合は、普通、中型、大型の免許保有者だった方は、仮免許を取得できます。

 

必要書類

  • 失効した運転免許証
  • 健康保険証、パスポート等の本人確認書類
  • 申請用写真1枚(※縦3cm×横2.4cm)
  • 本籍地記載の住民票原本(※日本に住民票がない方)
  • 外国人登録証明書等(※外国人の方 ※紛失した方は、「登録原票記載事項証明書と外国人登録証明書交付予定期間通知書」)

 

手数料

2,650円(※東京都の場合)

 

あれ?6か月以内の場合より安い?と思った方もいるかもしれませんが、これはあくまでも仮免許取得の手数料です。

 

仮免許取得後

仮免許が有効な期間は、6か月です。仮免許を取得後は、以下のどちらかをする必要があります。

 

  • 一発試験(飛び込み試験)
  • 仮免許を持った状態で教習所に入校

 

一発試験(飛び込み試験)

普通車の運転免許を取得後、3年以上経過している人を助手席に乗せ、車の前後に「仮免許 練習中」の表示を付けて1日2時間以上の練習を5日以上行います。

 

どうせ練習したかどうかなんてわからないだろうなんて思わないでください。練習の報告書を書く必要があります。同乗者の運転免許番号と練習した時間と場所等も書く必要があります。

 

その後、運転免許試験場で実技試験と学科試験に合格し、応急救護等の取得時教習を受ける必要があります。(※実技試験は通常よりも厳しいという話です。)

 

また、取得時教習は予約制で、すぐに受けることはできません。1か月待たされることも多いです。取得時教習を受ければ免許が取得できます。

 

この方法だと費用は安く済みますが、時間もかかりますし、実技試験も厳しいですから、教習所に入校するのが現実的です。

 

仮免許を持った状態で教習所に入校

仮免許を持った状態で教習所に入校した場合、路上教習からのスタートです。

 

教習所で学科教習と技能教習を受け、卒業検定に合格後、試験場で学科試験に合格すれば免許を取得できます。

 

20万円前後お金がかかりますが、一発試験よりもスムーズです。

 

最後に

女性

 

やはり一番多いのは、引っ越してハガキが届かなかったというパターンですね。今一度自分の免許証の有効期限を確認しておきましょうね!

 

失効後1年を超えてしまうと、やむを得ない理由がない場合は、最初から運転免許証を取り直さなければなりませんから時間もお金もかかってしまいます。気を付けましょう。

スポンサードリンク

読んでいただきありがとうございました!


34 ビュー

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ