こいのぼりを飾る意味と由来は?いつからいつまで飾るの?

こいのぼり

こどもの日の象徴と言えば、「こいのぼり」ですよね。私の家でも子供の頃は、こどもの日には、こいのぼりを飾っていました。ところで、こいのぼりって何のために飾るのでしょうか?

 

飾ってはいたけど、意味や由来も知らずに飾っていました。。。また、いつからいつまで飾るものなのか?調べてまとめてみました。

 

続きを読む

 

 

スポンサーリンク

こいのぼりの由来は?

こいのぼり

 

こいのぼりは、鯉+のぼり。2つの言葉がくっついています。鯉は中国の鯉の滝登りの伝説、のぼりは江戸時代の日本の風習からきています。

 

中国の鯉の滝登りの伝説

「登竜門」という言葉は、現在普通に使われていますが、これも中国が由来となっています。鯉が滝を登り、竜門を超えて、龍になって天に昇ったと言われます。ですから、中国では、鯉は立身出世の象徴とされています。

 

江戸時代の日本の風習

「のぼり」とは旗のことです。江戸時代の日本では、将軍家に男の子が生まれると、「のぼり」を上げて、お祝いする風習がありました。

 

これが徐々に武家に広まり、さらに庶民にも広まりました。やがて、のぼりに立身出世の象徴とされる鯉を組み合わせることが普及したということです。

 

こいのぼりを飾る意味は?

女性

 

上でこいのぼりの由来について説明しました。こいのぼりの由来から、こいのぼりを飾る意味が連想できます。

 

こいのぼりを飾るのは「こどもの日」です。そして、鯉は中国では、滝を登り、龍になって天に昇ったという言い伝えがあります。このことから、「子供に立派になってほしい」という意味が込められているんですね。

 

今も昔も子供に対する愛情は一緒なのです。子供が立派に成長し、親族みんなが健康で元気でいてほしいというわけですね。

 

スポンサーリンク

こいのぼりはいつからいつまで飾るの?

こいのぼり

 

こいのぼりを出す日は?

カレンダー

 

実は、こいのぼりは、いつから飾らなければならないという明確な決まりはありません。こいのぼりを飾る日は、地域によっても異なり、5月5日ではなく、1か月後の6月5日という地域もあるんです。

 

こいのぼりを飾り始めるのは、春分の日からでOKです。子供の日まで1か月半もありますし、3月20日ぐらいではほとんどこいのぼりを見かけることはないですけどね。

 

4月5日を過ぎた大安の日に飾るという方も多いようです。大安は、「大いに安し」という意味で、何事も成功するという縁起の良い日です。宝くじ売り場なんかでは、「本日大安!」なんて言って、購入を促していますよね。

 

2017年の4月5日以降の大安の日はいつ?

女性

 

2017年の4月5日以降の大安の日は、以下の通りです。

 

  • 5日
  • 11日
  • 17日
  • 23日
  • 27日

 

4月の前半では、こいのぼりを飾っている家はあまり見かけない気がしますし、子供の日が近づいてきた4月23日、27日辺りが良いのではないでしょうか?

 

こいのぼりをしまう日は?

砂時計

 

では、こいのぼりをしまう日はいつかというと、これも明確な決まりはありません。5月5日を終えたらすぐにしまってOKです。当たり前の話ですが、こいのぼりを下した後片付けのことを考え、天気が良く適度な風があるときがベストではないでしょうか?

 

まとめ

  • こいのぼりには、「子供に立派になってほしい」という意味が込められている。
  • その由来は、中国の鯉の滝登りの伝説と江戸時代の日本の風習からきています。
  • こいのぼりを出す日もしまう日も明確には決まっていない。
  • こいのぼりを出す日は、春分の日を過ぎればいつでも良いが、4月5日を過ぎた大安の日がベスト。
  • こいのぼりをしまう日は、5月5日を終えたらいつでも良い。

 

こいのぼりを出したり、しまったりするのは結構な手間ですが、きちんと子供の成長を願って飾りましょう。また、こいのぼりを飾ったり、しまったりする日は、飾っている場所がぬかるんだ状態だと、こいのぼりを汚してしまうことも考えられますので、十分注意しましょう。

 

スポンサードリンク

関連記事(一部広告)