結婚式ご祝儀金額の相場の友人・部下・上司・親族・いとこ等関係別まとめ!2万は?

ご祝儀

結婚式に呼ばれると嬉しいのですが、短い期間に何件も重なると、ご祝儀の出費が半端ないですよね(笑)あなたはご祝儀をどれぐらい出していますか?私は基本的には3万円にしていましたが、実際、相場はどのぐらいなのでしょうか?

 

今回は、結婚式のご祝儀金額の相場について、詳しくお伝えします。

 

ちなみに、葬儀の香典の相場は以下の記事にあります。

 

 

続きを読む

 

 

スポンサーリンク

ご祝儀とは?

男性

 

結婚のご祝儀とは、結婚のお祝いとして贈る金銭や品物のことです。品物を贈ることはほとんどないので、主に現金を指すことが多いです。ちなみにご祝儀は、【結婚式での食事+引き出物+お祝いの金額】と考えられています。

 

結婚式のご祝儀金額の相場はコレで変わる!

説明男性

 

結婚式のご祝儀金額の相場は、あなたとどんな関係であるか、夫婦で出席するか、1人で出席するか、あなたの年代によって変わります。今まで私は3万円一律にしていましたが、もっときちんと調べて結婚式に参加すべきでした。

 

もしかしたら、マナーのなってない人と捉えられた可能性もあります・・・。

 

スポンサーリンク

1人で出席する場合の結婚式のご祝儀金額の相場まとめ

説明男性

 

あなたの年代と、新郎新婦との関係で1人で参加する場合のご祝儀の相場がどれぐらいか、表にまとめてみました。

 

あなたの年代
新郎新婦との関係 20代 30代 40代~
友人 3万円 3万・5万円 3万・5万円
いとこ 3万円 3万・5万円 5~10万円
姪・甥  – 5万円 5~10万円
兄弟・姉妹 5万円 3万・5万円 5~10万円
会社の上司 3万円 3万・5万円 5~10万円
会社の同僚 3万円 3万円 3万円
会社の部下 3万円 3万・5万円 3万円
会社の取引先 3万円 3万・5万円 3万・5万円

 

基本的に1人で出席する場合は、上の表の通りで問題ありません。

 

ご祝儀2万円は偶数だけどOK?

2万円

 

ご祝儀の金額は偶数にしないのが基本です。(2で割り切れる=別れるという意味から)しかし、実は2万円でもOKなのです。なぜOKなのかというと、2は「ペア」と考えられているからです。

もし、2万円にする場合、こうしてください。【1万円札×1枚、5千円札×2枚】の計3枚のお札。こうしておくと、金額は2万円で、お札は3枚で、「ペアが別れない」という意味になり、縁起がいいです。

しかし、3万円出せる場合は、3万円にすべきでしょう。

 

スポンサーリンク

夫婦で出席する場合の結婚式のご祝儀金額の相場は?

夫婦

 

夫婦2人で出席して一緒に渡す場合はどうなるのでしょうか?仮にあなたの年代が20代で、共通の友人の結婚式に出席した場合、【3万円×2=6万円】とはならないんです!

 

金額が1桁の場合、2で割り切れる金額(偶数)にしないのが基本です。(4とか6とか)ただし、8は「末広がり」という縁起がいいという意味で、コレはOK!2桁なら偶数でもOK!(10万とか)

 

上で挙げた例の場合(20代夫婦が共通の友人の結婚式に出席した場合)は、1万円足して、縁起のいい数字である7万円にするのがいいでしょうね。

 

家族で出席する場合の結婚式のご祝儀金額の相場は?

家族

 

次に、家族で出席する場合はどうなるのでしょうか?20代夫婦+子供ですね。この場合、子供の年齢がいくつかによって変わってきます。

 

子供の年齢 ご祝儀の金額
0~2歳 5千円
3~5歳 1万円
6~15歳 1万円
16~20歳
(学生)
2万円

 

0~2歳の場合、席と食事は不要なので、5千円でOKなんですね。で、家族全員でどうなるかですが、1パターンだけ例を示すと、以下のようになります。

 

20代夫婦+子供2人(5歳、20歳)で友人の結婚式に出席する場合

3万円×2(夫婦分)+1万円(5歳の子供分)+2万円(20歳の子供分)=9万円→10万円

 

上で示した表によって計算すると、9万円になりますが、9は縁起の悪い数字なのでNGですね。1万円加算して10万円がベストですね。基本的に上で示した表の金額を合計して、仮に縁起の悪い数字だった場合は、ちょっと足して、大丈夫な金額にするんですね。

 

ちなみに、7万5千円になった場合は、5千円だけ別の袋に入れて、ご祝儀袋の中に7万円分と5千円分を分けて入れます。

 

スポンサーリンク

最後に

結婚式のご祝儀の相場について、理解ができたでしょうか?あなたの年代と、新郎新婦との関係、また、夫婦や子供、家族で出席する場合の計算の仕方を紹介しました。

 

今まであまり考えずにとりあえず3万円にしていた人も多いでしょうが、今後は結婚式に招待された場合は、当記事を参考にしてくださいね♪

 

スポンサードリンク

関連記事(一部広告)