カブスマイナー契約の川崎宗則の2017年の年俸は?ソフトバンク時代の年棒は?

川崎宗則

カブスからFAになっていた川崎宗則選手ですが、今季もカブスに残留することが決定しました。ただし、マイナー契約からのスタートです。すごいですよね。お金じゃなくて夢のために、野球をやっているというのは明らかです。

 

川崎選手は今年で米移籍して6年目を迎えます。結果的には、5年間ずっとメジャーとマイナーを行き来しており、立場は変わっていませんが、年棒はどれぐらいなのでしょうか?また、ソフトバンク時代と比べてどうなのでしょうか?

 

調べてみました。

 

続きを読む

 

 

スポンサードリンク

カブスマイナー契約の川崎宗則の2017年の年俸は?

札束

 

川崎宗則選手の2017年の年棒はハッキリしたことは分かりませんが、2016年とほぼ変わらないと見られています。2016年の年棒は、マイナー契約時で50万7,500ドルで、日本円にすると約6,000万円です。

 

ただし、メジャーに昇格すると90万ドル(日本円で1億500万円)となるスプリット契約を結んでいました。やはり、アメリカに移籍したのに少ない印象です。

 

ちなみに、メジャーリーグ(マイナー含まず)の最低保証年棒は、535,000ドルです。最低保証年棒は、徐々に上がってきています。

 

最低保証年棒
2017 535,000ドル
2016 507,500ドル
2015 507,500ドル
2014 500,000ドル
2013 490,000ドル

 

川崎宗則のソフトバンク時代の年棒は?

札束

 

川崎宗則選手は、2012年から米移籍しました。2011年にソフトバンクに所属していた頃の川崎宗則選手の年棒は、2億4,000万円で、日本ではかなり高額年棒なほうです。

 

それを蹴って、米移籍したのもすごいですし、日本に復帰していたらもっと高くなっていたことは間違いないでしょう。

 

スポンサードリンク

川崎宗則は男気にあふれている!

雷

 

近年は、米移籍する選手が増えていますが、アメリカでは全く通用せず、マイナーに落ちて、メジャーに上がれず、のこのこと日本に帰ってくる選手も多いです。しかも、日本に帰ってきた後の年棒はかなりの高額!!おかしいですねぇ!

 

川崎選手も日本復帰を考えていたこともあったようですが、結果的にマイナー契約からのスタートですが、カブス残留です。おそらく、日本に帰ってきていたのなら、米移籍前の川崎選手の年棒は2億4,000万円でしたから、2億円ぐらいでは契約できたはずです。

 

しかし、川崎選手はもう一度メジャーに挑戦することを選んだわけです。最近では、「男気」と言う言葉を頻繁に使われることが多い印象ですが、こういうのこそ、男気というのではないでしょうか?

 

メジャーでやりたい人はこれぐらいの気持ちで行ってほしいです。ダメだったらすぐ帰ってくればいいなんて思わないでほしいです。

 

まとめ

  • 2017年の川崎宗則選手の年棒は、マイナー契約時で50万7,500ドルで、日本円にすると約6,000万円。
  • メジャーに昇格すると90万ドル(日本円で1億500万円)となるスプリット契約ではないかとみられる。
  • メジャーで通用せず、日本にすぐ戻ってくる選手が多い中、川崎宗則選手の挑戦は今年も続く。

 

サンデーモーニングを観ていると、川崎選手のことを、張本勲さんは、「川崎選手はこんなもんでしょう。」とかバカにしていますが、それを見返すような活躍を見せてほしいです!

 

 

スポンサードリンク

読んでいただきありがとうございました!


15 ビュー

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ