節分には恵方巻き!2017年の恵方は?由来と方角の決め方は?

恵方巻き

私が子供の頃は、節分と言えば、豆まきでしたが、現在では、すっかり恵方巻きが定着しました。私が子供の頃は恵方巻きなんて聞いたこともなかったです。毎年、恵方は変わりますが、2017年の恵方はどちらなのでしょうか?

 

また、誰が方角を決めるのでしょうか?また、由来は何なのでしょうか?調べてまとめてみました!

 

 続きを読む

 

 

スポンサードリンク

2017年の恵方と食べ方

恵方巻き

 

2017年の恵方は、北北西やや北です。ちなみに、2016年は南南東やや南でした!恵方巻きを食べるときは、ルールがあります。

 

太巻きを1本準備する

ルールとして、太巻きは1人1本準備します。注意してほしいのが、縁が切れないように、包丁で切らないことです。恵方巻きの具は、七福神にあやかって、7種類の具が入っている太巻きが特に良いとされています。

 

恵方を向く

恵方は、歳徳神(年神様)がいる方角です。歳徳神のいる方角を向いて太巻きを食べると、吉とされています。(2017年で言うと、北北西やや北です。)

 

願い事をしながら、声を出さずに全部食べる

願い事をしながら、声を出さずに黙々と最後まで食べます。食べている途中で、何か喋ったり、声を出したりしてはいけません。喋ると運が逃げてしまうと言われています。

 

いかがでしたか?節分には家族そろって恵方巻きもいいですよ!ただし、家族といると喋ってしまいそうになるので、それは注意してください!(笑)

 

恵方巻きの由来は?

説明男性

 

恵方巻きは、江戸時代~明治時代に、大阪の花街で節分のお祝いをしたり、商売繁盛を願ったりしたのが始まりと言われています。花街で、商人や芸子たちが節分に芸遊びをしながら商売繁盛を願い、食べたようです。

 

しかし、現在では、「恵方巻き」と呼びますが、当時は、「丸かぶり寿司」、「太巻き寿司」と呼ばれていたようです。

 

私は、恵方巻きの由来を知って、意外だなと思いました。私の子供の頃は、恵方巻きなんて聞いたことがなかったからです。比較的最近からなのかな?と思っていました。

 

スポンサードリンク

恵方は誰が決める?決め方は?

女性

 

そもそも恵方は誰がどのようにして決めるのでしょうか?実は、恵方は誰かが決めているものではありません。今年だけでなく、来年も再来年も先の分まで全て決まっています。

 

恵方には、十干(甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸)というものがあり、それぞれ方角が決まっています。十二支と似たようなものですね。

 

以下の表がわかりやすいです。

 

西暦の1の位 十干 方角
4・9 甲・己 東北東やや東
0・5 乙・庚 西南西やや西
1・6・3・8 丙・辛・戊・癸 南南東やや南
2・7 丁・壬 北北西やや北

 

あらっ!4パターンしかなかったのね!2017年で、1の位は「7」なので、「北北西やや北」となるわけですね!2018年は、1の位が「8」なので、「南南東やや南」です。

 

まとめ

  • 2017年の恵方は、北北西やや北。
  • 食べ方は、恵方巻きを1本丸ごと、恵方を向いて、願い事をしながら、黙々と声を出さずに食べる。
  • 恵方巻きは、江戸時代~明治時代に、大阪の花街で節分のお祝いをしたり、商売繁盛を願ったりしたのが始まりと言われている。
  • 恵方の決め方は、西暦の1の位により、4パターンある。

 

恵方は一体だれが、この4パターンに決めたんでしょうね?4パターンしかないなら、分かりやすく東西南北でいいじゃん!そう思ったのは私だけではないはず・・・!?

 

スポンサードリンク

読んでいただきありがとうございました!


11 ビュー

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ