土用の丑の日とは?なぜ鰻を食べるの?理由と意味を解説!2017年は?

鰻

あなたは土用の丑の日=鰻を食べる日というイメージはありませんか?

 

私はそういうイメージを持っています(笑)ところで、土用の丑の日とは、そもそも何なのでしょうか?なぜ鰻を食べるのでしょうか?あなたはご存知ですか?

 

今回は、土用の丑の日とは何なのか?なぜ鰻を食べるのか、その理由と意味を解説します!

 

 続きを読む

 

 

スポンサーリンク

土用の丑の日とは?

うな重

 

土用の丑の日の「土用」とは、季節の変化の目安とする日のひとつで、立春、立夏、立秋、立冬の前の約18日間を指します。毎年日にちは違いますが、大体以下の期間となっています。

 

季節 期間
1月17日~2月3日頃
4月17日~5月4日頃
7月20日~8月6日頃
10月20日~11月6日頃

 

では、土用の丑の日の「丑の日」とは何なのか?これは十二支の丑に当たる日が「土用の丑の日」というわけです。

 

2017年の土用の丑の日はいつ?

カレンダー

 

土用の丑の日は、基本的には各季節1日だけですが、2017年は違います。2017年の土用の丑の日は、以下の日にちとなっています。

 

季節 期間
1月26日
4月20日、5月2日
7月25日、8月6日
10月29日

 

スポンサーリンク

なぜ土用の丑の日に鰻を食べるの?理由と意味は?

女性

 

では、なぜ土用の丑の日には鰻を食べる習慣があるのでしょうか?実は、理由は色々ありますが、その中でも有力なのが、平賀源内説です。

 

現在では、鰻と言えば夏!というイメージがありますが、実は昔は、夏は鰻の旬の季節ではなく、味も脂っこいので、中々売れませんでした。

 

そこで、平賀源内は、鰻屋に相談を受けて、鰻屋の前に「本日土用の丑の日」と書いた看板を立てたのです!今ではスーパーではよく見かけますね(笑)

 

鰻屋の前を通る人が足を止めるわけです。なぜなら、「土用の丑の日」が聞きなれないから。そして、鰻屋の主人がお客さんを呼び込み、鰻屋は大繁盛しました!

 

このことを聞きつけた他の鰻屋が真似をして、「土用の丑の日」の看板を立てるようになり、それ以来、土用の丑の日=鰻を食べるのが習慣化し、定着したという訳です。

 

鰻の栄養と効果・効能は?

女性

 

私は鰻が大好きです。中でも、高いですが、やはり国産のものは格別です。鰻を食べると元気になる!と言いますが、鰻にはたくさんの栄養を含んでおり、スタミナが付くのです。

 

特に豊富なのがビタミンAで、他にもビタミンB1、B2、D、Eが多く含まれています。他にも、ミネラル、カリウム、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、鉄が豊富です。

 

ビタミンA

ビタミンAは、目や皮膚、粘膜等を正常に保ち、風邪や病気への抵抗力、免疫力を強化する働きがあります。

 

ビタミンB1

ビタミンB1は、疲労回復のビタミンと言われており、疲労回復には欠かせないビタミンです。また、イライラ解消や集中力の維持にも効果があります。

 

ビタミンB2

ビタミンB2は、細胞の再生やエネルギー代謝を促します。ビタミンB2が欠乏すると、口内炎や口角炎ができやすくなったり、目が充血したりします。また、肌は脂っぽくべたつきやすくなります。

 

肌がべたついている人は、洗顔とか化粧水があーだこーだ言う前に、ビタミンB2を摂取した方がいいのかもしれません。

 

ビタミンD

ビタミンDは、カルシウムを吸収しやすくする働きがあります。骨粗しょう症予防にもなります。

 

ビタミンE

ビタミンEは若返りのビタミンとも言われており、老化防止に効果があります。シミやシワの防止や、紫外線から肌を守ってくれる働きがあります。美容に対してだけでなく、病気の予防にもなります。

 

スポンサーリンク

土用の丑の日に鰻以外も!

女性

 

土用の丑の日に鰻を食べるのは、習慣化していますが、実は、鰻以外の「う」の付く食べ物もよいと言われています。そういえば、「丑の日」も「う」が付きますね。

例えば、以下のような食べ物です。

 

  • うどん
  • 梅干し
  • ウリ

 

これらは、いずれも栄養価が高く、夏の暑さで食欲がなくても食べられるものばかりですね!

 

まとめ

  • 土用の丑の日の「土用」とは、季節の変化の目安とする日のひとつで、立春、立夏、立秋、立冬の前の約18日間のことを言う。
  • 土用の丑の日の「丑の日」とは、十二支の丑に当たる日のことである。
  • 2017年は6回ある。
  • 鰻を食べる理由は、平賀源内説が有力で、夏に鰻が売れないことを相談された平賀源内が、「本日土用の丑の日」という聞きなれない言葉の看板を店の前に立て、通行人を立ち止まらせ、客を呼び込んだことから。

 

いかがでしたか?何となく土用の丑の日は鰻を食べる日としか思っていなかった人も、これからは由来を分かった上で鰻を食べましょうね(笑)

 

スポンサーリンク

関連記事(一部広告)