2016年のボジョレーヌーボー解禁日はいつ?解禁ってどんな意味?

ワイン

ボジョレーヌーボー解禁って毎年話題になりますよね。ニュースでも取り上げられます。しかし、この「解禁」って何なのでしょうか?なぜ解禁日というものが存在するのでしょうか?

 

ワインで解禁というと、すぐに思い浮かぶのがボジョレーヌーボーですよね。他のワインについては、解禁なんて聞いたことがありません。今回は、2016年のボジョレーヌーボー解禁日と、どんな意味なのかに加え、その関連情報を紹介します。

 

続きを読む

 

 

スポンサードリンク

2016年のボジョレーヌーボー解禁日はいつ?

カレンダー

 

2016年のボジョレーヌーボー解禁日は、2016年11月17日です。この解禁日は毎年、「11月第3木曜日」と決まっており、世界共通です。時差の関係上、フランスよりも日本のほうが解禁日がちょっと早いんです。

 

フランスのワインなのに、日本のほうが早く飲めるというのは、何だか変な感じがしますね!

 

解禁日がある理由は?

男性

 

そもそもなぜ解禁日というものがあるのでしょうか?ボジョレーヌーボーは、フランスのボジョレー地区で作られるワインで、ヌーボーは「新しい」という意味です。つまり、フランスのボジョレー地区で作られた新しいワインということです。

 

実は、昔は解禁日というものがありませんでした。ボジョレーヌーボーは、非常に人気のあるワインで、売り手は、我先に出荷しようと競い合いが始まりました。その結果どうなったのか?

 

品質が悪いワインが市場に出回るようになってしまったのです。こうなってしまったら、ボジョレーヌーボーそのものの評判が悪くなることになってしまいます。

 

これに対して、フランス政府が、対策に乗り出しました。ボジョレーヌーボーの品質低下の対策が「解禁日を定める」ということなのです。現在は、「11月第3木曜日」ですが、以前は「11月15日」と定められていました。

 

しかし、11月15日が土日祝日に当たってしまった場合、運送業者が休みなので、ボジョレーヌーボーの出荷ができなくなってしまいます。解禁日なのに、飲めない!という事態になってしまいます。

 

こうしたことから解禁日が「11月15日」から「11月第3木曜日」に変更されたというわけですね♪以前は、我先に!と出荷を急いでいましたが、それでもボジョレーヌーボーは、収穫から出荷までたった6週間なんです。

 

スポンサードリンク

ボジョレーヌーボーの賞味期限は?

砂時計

 

ボジョレーヌーボーの賞味期限は、いつなのでしょうか?ボジョレーヌーボーは、他の普通のワインと比較すると、味が爽やかでフルーティーで、ワインが苦手な人でも飲みやすいです。

 

解禁日は11月第3木曜日ですが、保管する温度にもよりますが、年度内が限度と言われています。できれば、その年に飲み切るのがベストです。

 

ワインには熟成させるほど美味しくなる高級ワインもありますが、ボジョレーヌーボーは、そうはいきません。徐々に風味が悪くなっていくので、できるだけ早く飲み切るようにしてください。

 

個人的には、高級ワインよりもボジョレーヌーボーのほうが好きです。何だか高いワインって逆にまずいと私は感じてしまうんですよね・・・。ザ・庶民です(笑)それはさておき、ボジョレーヌーボーは旬の物と割り切り、すぐに飲み切りましょうね!

ボジョレーヌーボーには白もある?

白ワイン

 

一般的なボジョレーヌーボーは赤ワインですが、白のボジョレーヌーボーもあるという噂があります。しかし、これは誤解です。白のボジョレーヌーボーではなく、「白のヌーボー」ですね。

 

先ほども言った通り、ボジョレーヌーボーとは、フランスのボジョレー地区で作られた新しいワインのことです。「白のヌーボー」とは、白の新しいワインということ。

 

つまり、ボジョレー地区で作られたワインというわけではないんですね。他の産地のものです。

 

スポンサードリンク

まとめ

  • 2016年のボジョレーヌーボーの解禁日は、2016年11月17日です。
  • ボジョレーヌーボーは人気のあるワインで、昔は我先に出荷しようと競い合いが起こり、品質低下を招いたため、解禁日を定めた。
  • ボジョレーヌーボーは保存がきかないワインで、年内に飲み切るのがベスト。
  • ボジョレーヌーボーは赤ワイン。白のヌーボーは他の産地で作られたワイン。

 

スポンサードリンク

読んでいただきありがとうございました!


10 ビュー

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ