荒木恒竹アナの死因は何の病気?体調不良?結婚してたの?家族は?

荒木恒竹アナ

テレビ熊本のアナウンサー荒木恒竹さんが亡くなったようです。

 

おそらく熊本に住んでいる人にしか知名度がないアナウンサーだとは思いますが、こうしてYahoo!ニュースに出ているところみると、すごく人望のある人だったのかな?と想像がつきます。

 

本当に急になくなってしまったようで、気になるのは死因の病気です。少し前から体調不良で休んでいたのでしょうか?

 

今回は荒木恒竹アナの死因は何の病気か?亡くなる前に体調不良で休んでいたのか?そして結婚していたのか、家族はいたのかまとめました。

 

 

スポンサーリンク

荒木恒竹アナの死因は何の病気?

医者

 

57歳の若さで亡くなってしまった荒木恒竹アナ。調べてみたところ、熊本では知らない人はいないほど有名なアナウンサーだったようですね。

 

死因は病気としか発表されていませんでしたが、どうやら大動脈解離という病気のようです。

 

大動脈解離とはどんな病気?

大動脈解離とはどのような病気かご存知でしょうか?

 

大動脈解離とは、大動脈の壁に亀裂が入り、内膜と外膜に分離してしまう病気です。内膜と外膜に分離してしまうと、偽腔という血路ができ、ここに血液が溜まり、瘤ができ、破裂してしまうことがあるそうです。

 

非常に危険な病気で、突然死の原因にもなり得ます。

 

荒木恒竹アナは体調不良だったのか?

女性

 

荒木恒竹アナは体調不良で休んでいたのだろうか?と思って調べてみたところ、実は、亡くなる直前まで原稿を読んでいたということなので、突然死と言えるでしょう。こんなツイートもありました。

 

 

そして、夕方のニュースには荒木恒竹アナが亡くなったというニュースが流れました。

 

症状としては、突然の激しい胸や背中、手足の痛みに襲われるようです。なってしまった人にしかわからないほどの痛みなのでしょう。

 

ちなみに、阿藤快さんも大動脈解離で急死しており、非常に恐ろしい病気だということは言うまでもありません。大動脈解離の危険因子として挙げられるのが、やはり喫煙や高血圧です。

 

荒木恒竹アナがそうだったのかは不明ですが、高血圧の人が長い間タバコを吸っていると、大動脈解離になる可能性は高まるようです。

 

スポンサーリンク

荒木恒竹アナは結婚していたのか?家族はいたの?

女性

 

残念ながら荒木恒竹アナが結婚していたのかどうか、確定的と言える情報はありませんでした。噂レベルではありますが、結婚していたが、離婚したという情報もありましたが、定かではありません。

 

もし、結婚していたのだとすれば、57歳ですから、20歳ぐらいの子供がいてもおかしくない年齢ですよね。嫁もいたとすれば、こんなに早く突然別れが来るとは思っていなかったことでしょう。

 

何か前兆のようなものはなかったのでしょうか?昼のニュースを自分で読んで、夕方には自分が亡くなったというニュースが流れるとは、大動脈解離って怖い病気なんですね・・・。

 

まとめ

  • テレビ熊本のアナウンサー荒木恒竹さんの死因は大動脈解離。
  • 大動脈解離とは、大動脈の壁に亀裂が入り、内膜と外膜に分離してしまう病気です。内膜と外膜に分離してしまうと、偽腔という血路ができ、ここに血液が溜まり、瘤ができ、破裂してしまうこともある。
  • 荒木恒竹アナは、体調不良だったという訳ではなく、亡くなった日も昼のニュースで原稿を読んだ。
  • 荒木恒竹アナは結婚していたが離婚したという情報もあるが定かではない。

 

いかがでしたか?

 

熊本県民から大変愛されていた荒木恒竹アナのご冥福をお祈りいたします。荒木恒竹アナの死因となった大動脈解離は、突然死することも多い非常に怖い病気です。

 

高血圧と喫煙が危険因子のようですから、日頃の生活習慣が重要なのでしょうかね。みなさんも気を付けましょう。

 

スポンサーリンク

関連記事(一部広告)