爪の凸凹の原因は栄養不足?病気のサイン?治す方法は?

爪凸凹

最近私の右手人差し指のがボコッとした凹みがあり、凸凹していることに気が付きました。なんだか気になって何度も触ってしまいますが、コレって何が原因なのでしょうか?

 

栄養不足だとか病気のサインだという話も聞いたことがあります。また、治すにはどうしたらいいのでしょうか?調べてまとめてみました!

 

 続きを読む

 

 

スポンサードリンク

爪の凸凹の原因は栄養不足?病気のサイン?

爪凸凹

 

爪は健康のバロメーターだと言われており、凸凹で何らかの体の異常を表している可能性があります。ただし、凸凹ができたからと言って、必ず何かの病気を発症しているとは言い切れません。

 

爪の凸凹には色々な種類があります。縦に線が入ることもありますし、横にボコッとした凹みができることもあります。凸凹の種類によっても意味が異なります。

 

縦線が入っている

よく見ると、私の爪も縦に線が入っています。縦線ができる主な原因は、乾燥です。

 

爪も肌と同様、乾燥によって水分不足となります。それによって縦線が入ることはよくあることです。また、加齢によっても同様のことが言えます。

 

肌は歳を重ねると、しわになりますよね。コレの爪バージョンが縦線です。30代になると、ほとんどの人に縦線が見られます。縦線に関しては、乾燥と加齢が原因なので、特に気にする必要はないでしょう。

 

横長の溝ができている

横長の溝。コレ、現在の私のパターンです。横長の溝は、栄養障害、ストレス、痔、服用している薬の影響が原因とされています。また、ぶつけた等による外傷が原因の可能性もあります。

 

私はぶつけた記憶はないですし、服用している薬もないので、栄養障害ということになるのでしょうか。確かに、最近コンビニ食、外食ばかりで食生活が乱れてはいます。。。

 

栄養の中でも特に亜鉛が不足すると、爪に横長の溝が入りやすいということです。爪の成分として亜鉛が必要なので、亜鉛が欠乏すると凸凹ができやすくなるわけです。

 

また、凸凹の溝が深い場合、内臓疾患の兆候の可能性もあるということです。

 

爪白斑

爪に白斑が表れることがあり、その部分が凸凹する場合もあります。この原因は爪の成長の異常です。皮下で爪が形成される段階において、外傷や栄養障害、高熱等が原因で気泡が入ることで爪白斑は起こります。

 

爪白斑も横長の溝と同様、注意した方がいいパターンです。少しなら問題ないですが、大量の爪白斑が表れている場合は、内臓疾患の兆候なので、医師の診察を受けるべきです。

 

体調不良がなくても、内臓疾患には自覚症状が全くない場合もありますので、大量の爪白斑が表れた場合は、病院へ行くことをおすすめします。

 

爪の厚さが場所によってバラバラ

糖尿病の場合、爪の厚さが場所によってバラバラになるといわれています。糖尿病は進行した場合、手足の先が壊死したり、人工透析が必要になる恐ろしい病気です。

 

糖尿病も自覚症状がほとんどなく進行している場合もあります。爪の厚さが場所によってバラバラという症状が出た場合は、糖尿病を疑った方が良いです。

 

爪の凸凹の場所

医者男性

 

爪の凸凹の場所によって意味があります。爪の下の部分(付け根)が凸凹している場合は、現在体調不良であることが考えられます。

 

また、付け根以外の部分(真ん中、爪先等)が凸凹している場合は、数週間前~数か月前に体調不良だったことが考えられます。

 

爪は1日に約0.1ミリ伸びます。爪の付け根を起点として、付け根から5ミリの部分に凸凹があるなら、50日ぐらい前に体調不良だった可能性があるというわけですね。

 

確かに!コレ当たっているかもしれません。実際風邪を引いて体調を崩したのが、私2か月前なんです。

 

スポンサードリンク

爪の凸凹を治す方法は?

医者

 

爪の凸凹を治すには、凸凹になる原因を排除し、爪の再生を促す必要があります。以下を心がけた生活を送りましょう。

 

  • 適度な運動をする!
  • 規則正しい生活を送る!
  • 栄養をきちんと摂る!

 

適度な運動をする

適度な運動をすることで、血液の流れが良くなり、全身に栄養を行き渡らせることができます。特に爪は指の先にありますからね。血液の流れを良くすることは重要ですね。

 

また、適度な運動をすることはストレスの解消にもなります。ストレスは爪の凸凹の原因にもなりうることですから、一石二鳥と言えます。

 

規則正しい生活を送る

規則正しい生活には、様々な要素がありますが、睡眠は特に重要です。夜更かしは禁物です。スマホが普及してから、ベッドに入ってもスマホをポチポチやりがちですが、就寝時間が遅くなってしまうと、成長ホルモンが分泌されず、爪の伸びるスピードが遅くなります。

 

また、年齢を重ねると、ただでさえ爪の伸びるスピードは遅くなります。

 

栄養をきちんと摂る

あなたはコンビニ食や外食が多くありませんか?野菜足りてますか?栄養が偏ってしまいますよ?また、極端なダイエットも栄養不足になって爪の伸びるスピードが遅くなります。

 

バランスの良い食事を心がけてくださいね。亜鉛等のミネラルやビタミン、タンパク質を特に摂りましょう。

 

まとめ

  • 爪の凸凹は縦に線が入っているのは特に問題はない。
  • 横に溝がある場合は、栄養障害、ストレス、痔、服用している薬の影響の可能性がある。
  • 爪に白斑が表れることがあり、その部分が凸凹する場合もある。皮下で爪が形成される段階で、外傷や栄養障害、高熱等が原因で気泡が入ることで起こる。
  • 爪の厚さが場所によってバラバラの場合、糖尿病の可能性がある。
  • 爪の凸凹を治すには、凸凹になる原因を排除し、爪の再生を促す必要がある。具体的には、以下を心がけた生活を送ることが重要。
    • 適度な運動をする
    • 規則正しい生活を送る
    • 栄養をきちんと摂る

 

スポンサードリンク

読んでいただきありがとうございました!


80 ビュー

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ