正月飾りはいつからいつまで飾るの?期間と処分方法を解説!

正月飾り

あなたは正月飾りをいつからいつまで飾るのか知っていますか?私は正直よく知りません(笑)また、正月飾りは外した後、どうやって処分すれば良いか知っていますか?

 

これについては、私は実際に処分したことがあるので、分かります。燃えるゴミの日に捨てるなんてしてませんよね!?(笑)今回は、正月飾りの意味、いつからいつまで飾るものなのか?どうやって処分するのかについて解説しますね!

 

 続きを読む

 

 

スポンサードリンク

正月飾りの意味は?

説明男性

 

あなたはそもそも正月飾りの意味をご存知でしょうか?正月飾りはなぜ飾るのか?正月飾りは、我が家を歳神様が訪れる際に目印にしていただき、しばらくそこで休憩をしていただくという意味があります。

 

元旦に歳神様が迷わずきてくれるように正月飾りを付けてお迎えするというわけですね。

 

今はほとんど見なくなりましたが、昔は玄関だけでなく、車にも付ける人も多かったです。昔隣の家で、玄関に「交通安全」と書かれた車用の正月飾りを飾っていたのは笑いました(笑)間違ったのか?それとも、わざとなのか・・・?

 

正月飾りを飾る期間は?

カレンダー

 

上で、正月飾りの意味を説明しましたが、正月飾りは「元旦に歳神様が迷わずきてくれるように」飾っておくので、当然元旦より、前に飾らなければなりません。

 

正月の準備は12月13日から行うのところが多いですが、これは江戸城で掃除を12月13日から始めていたことに由来しています。昔から年末の大掃除はあったんですね。

 

正月飾りは正月準備の始まりの日(12月13日)から12月28日の間までに飾ります。しかし、12月13日から飾っている家庭は少ないと思います。(既に販売されてはいますが・・・)

 

12月26日以降に飾り始めるのが一般的です。クリスマスの前までは、クリスマスの飾りを付けている家庭も多いですしね。そして、正月飾りはいつまで飾っておくのかというと、これは地域によって異なるようです。関東では1月7日、関西では1月15日までとするようです。

 

スポンサードリンク

正月飾りの処分方法は?

火

 

あなたは正月飾りの処分方法はどうしていますか?普通ゴミで捨てれますが、なんだか縁起悪そうだし、罰が当たりそうで気が引けますよね。

 

正月が終わると地域によって異なりますが、どんど焼きというものがあり、そこに正月飾りを持っていくと燃やして処分してくれます。ちなみに私も、神社に正月飾りを持って行って処分してもらっています。(数百円取られます。)

 

まとめ

  • 正月飾りは、我が家を歳神様が訪れる際に目印にしていただき、しばらくそこで休憩をしていただくという意味がある。
  • 正月飾りを飾る期間は、関東では、12月26日~1月7日、関西では12月26日~1月15日。(飾り始める日は明確には決められていないが、12月28日までに飾る。)
  • 正月飾りは、どんど焼きで燃やして処分するのが一般的。

 

正月飾りの意味と、飾る期間、処分方法について、紹介しました。当記事を作成するために、色々調べたことで知識が身についてよかったです。少しでも参考になれば幸いです。

 

スポンサードリンク

読んでいただきありがとうございました!




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ