ニュースでよく使われる心肺停止と死亡の違いとは?重体と重傷は?

ハート

災害や事故等のニュースでよく「心肺停止」という表現が使われますよね。「行方不明となっていた○人が心肺停止状態で発見されました。」とか。

 

今日、長野で防災ヘリが墜落したというニュースがありましたが、このニュースでも最初は心肺停止という表現を使っていましたが、後に死亡に変更されていました。

 

「心肺停止状態」って、「死亡」とイコールではないの?という疑問が私の中であったのですが、分けて使われている理由って何なのでしょうか?重体と重傷もついでに調べてまとめてみました!

 

続きを読む

 

 

スポンサードリンク

心肺停止と死亡の違いとは?

医者

 

心肺停止とは、心臓も肺も停止していて、呼吸していない状態のことをいいます。心肺停止しているかは、心音と呼吸の有無で、誰でも判断ができます。

 

心肺停止状態であっても、心臓マッサージ、人工呼吸、AED等によって、息を吹き返す可能性があります。ですから、心肺停止状態であっても、死亡しているとは言えないのです。

 

ただし、心肺停止状態に陥った後、脳に血液が行き渡らなくなると、回復不可能となってしまいますから、すぐに処置しないと危険な状態です。心肺停止状態になった後、時間が経てば経つほど、回復が困難になります。

 

日本では、心肺停止以外にも、脈拍停止と瞳孔散大も確認し、医師が死亡していると宣言しなければ、死亡しているとはならないのです。

 

なるほど!もう誰が見ても絶望的で、死亡しているのは間違いないだろう…という状態であっても医師の診断がまだであれば、「心肺停止状態」という表現を使うといわけですね。

 

今日のニュースで、ワカサギ釣りに行って、行方不明となっていた4人が心肺停止状態で発見されたとありましたが、コレも医師の判断がまだだから「心肺停止状態」と言っているわけです。

 

御嶽山の噴火のときも確か、そうでしたよね。「心肺停止」も「死亡」もあまり聞きたくない言葉ではありますが、違いを理解できたでしょうか。

 

重体と重傷の違いは?

女性

 

重体とは、怪我だけでなく、病気等によって、命にかかわるほど危険な状態を意味しています。一方、重傷は、字のごとく傷の大きさを表す表現になります。

 

逆に、大した傷ではない場合は、「軽傷」という表現を使いますね。重傷は、全治1か月以上の治療を要する傷のことを言います。

 

スポンサードリンク

まとめ

  • 心肺停止とは、心臓も肺も停止していて、呼吸していない状態のこと。
  • 死亡は、心肺停止、脈拍停止、瞳孔散大も確認し、医師しか判断できない。
  • 重体とは、怪我だけでなく、病気等によって、命にかかわるほど危険な状態のこと。
  • 重傷とは、傷の程度が全治1か月以上の治療を要する状態のこと。

 

スポンサードリンク

読んでいただきありがとうございました!


8 ビュー

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ