リオ五輪出場の卓球日本代表男子(水谷・丹羽・吉村)の使用ラバーは?

卓球

私は学生時代卓球部でしたが、リオ五輪の卓球は興奮しました。日本代表の試合は全試合観ました。特に水谷隼選手がすごかったです。リオ五輪後も、頻繁にテレビに出ていて、卓球の人気が上がるのは間違いないですね。水谷隼選手レベルの選手がもう一人出てくれば、中国とも互角に戦えると思います。

 

さて、今回は卓球日本代表男子(水谷・丹羽・吉村)の使用ラバーについて調べてまとめてみました。

 

ラバーの種類については、こちらの記事の「卓球のラバーの種類」をご覧ください。

 

 

 続きを読む

 

 

スポンサードリンク

水谷隼使用ラバーは?

水谷選手の使用ラバーは、フォアもバックも、バタフライというメーカーのテナジー80のようです。こちらですね。

 

ソース:バタフライHP

 

いやー、今の卓球のラバーってものすごく高いですね。テナジー80はオープン価格とのことですが、8,000円前後するようです。私が学生時代に卓球をしていた頃は、トッププレイヤーは大体バタフライのスレイバーというラバーを使っていましたね。

 

テナジー80は、回転性能とスピード性能のバランスがとれたタイプで、ドライブ、スマッシュ、カウンター等、スタイルを選ばないオールラウンドなプレーができます。

 

 

丹羽孝希使用ラバーは?

丹羽選手もシングルスでベスト8に入りましたし、大活躍でした。そんな丹羽選手の使用ラバーは、フォアもバックもVICTASというメーカーのV>15 Extraを使用しているようですね。こちらですね。

 

ソース:卓球ナビ

 

以前は、丹羽選手も水谷選手と同じテナジー80を使用していましたが、変えたようですね。こちらのラバーは、定価6,000円+税ですが、楽天だと5,000円ちょっとで買えるようですね。しかし、それでも高いですね~。私が卓球をしていた頃は高くても3,000円ぐらいでした。

 

 

スポンサードリンク

吉村真晴使用ラバーは?

吉村選手の使用ラバーは、フォアもバックもテナジー05を使用しているようです。こちらですね。

 

ソース:バタフライHP

 

吉村選手は、サーブがかなりうまくて、回転が分かりづらいということで有名ですね。テナジーは数種類出ていますが、その中でもテナジー05は一番回転がかかるラバーですね。

 

 

現在の卓球ラバーの主流はハイテンションラバー!

卓球には戦型が色々ありますが、攻撃的な選手が使うラバーはほとんどがハイテンションラバーです。ハイテンションラバーは、エネルギーを内蔵しているラバーで、スポンジに気泡を内包しており、バネのように伸縮してボールを弾き返します。それでいて、コントロールもしやすいです。

 

私が学生時代に卓球をしていた頃は、丁度初のハイテンションラバー(バタフライのブライス)が出始めた頃でした。トップ選手は、3日ぐらいでラバーを貼りかえるようですが、8,000円もするラバーを3日で変えていたら、お金が大変ですよね(笑)

 

卓球をやっていない、もしくは、やったことがない人からは、一度道具を買ってしまえば、あとはお金がほとんどかからないというように考えている人も多いと思いますが、かかりますよ~。。。私は3か月以上は使ってましたよ。

 

おそらく世界のトッププレイヤーで、最も使用している選手が多いのが、テナジーシリーズでしょう。

 

スポンサードリンク

世界ランクNo.1プレーヤー・中国の馬龍の使用ラバーは?

世界ランクNo.1は中国の馬龍選手です。馬龍選手の使用ラバーが気になるので、調べてみました。馬龍選手は、ニッタクのキョウヒョウネオ3を使用しているようです。こちらですね。

 

ソース:卓球ナビ

 

キョウヒョウネオ3は、粘着性ラバーで、現在主流となっている、ハイテンションラバーとは違いますね。粘着性ラバーは回転重視のラバーで、守備型(カットマン)の選手も使用しているラバーです。

 

 

まとめ

  • 水谷隼使用ラバーは、バタフライのテナジー80。
  • 丹羽孝希使用ラバーは、VICTASというメーカーのV>15 Extra。
  • 吉村真晴使用ラバーは、バタフライのテナジー05。
  • 世界ランクNo.1プレイヤーの中国・馬龍使用ラバーは、ニッタクのキョウヒョウネオ3。

 

補助剤については、こちらの記事にまとめてあります。

 

 

スポンサードリンク

読んでいただきありがとうございました!




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ