スマホも注意!ランサムウェアとは?被害対策/駆除方法/感染経路は?

ウイルス

ランサムウェアと呼ばれるウイルスによる大規模なサイバー攻撃が世界的に広がっていると報道されました。

 

日本でも被害が確認されたということですが、サポート期限の切れたOSを使っていたり、ウイルス対策ソフトを入れていない人は要注意です。感染すると、あなたのパソコンが使えなくなってしまう可能性があります。また、パソコンだけでなくスマホでも要注意です。

 

今回は、ランサムウェアとは何か?対策・駆除方法・感染経路について説明します。

 

続きを読む

 

 

スポンサードリンク

ランサムウェアとは?

女性

 

ランサムウェアとは、感染したパソコンをロックしたり、ファイルを暗号化することで、使用できないようにすることで、元に戻すことと引き換えに、「身代金」を要求する不正プログラムです。ランサムウェアとは、別名「身代金要求型不正プログラム」とも呼ばれています。

 

これは、今までのコンピュータウィルスとは違います。今まで多かったのは、ワーム型とトロイの木馬型と呼ばれるものでした。

 

ワーム型

ワーム型ウイルスとは、インターネットやUSBメモリなどからパソコンに感染し、色々な被害を与えるウイルスで、特徴的なのが、名前の通りワーム(虫)のように這いまわり、他のパソコンにもどんどん感染します。

 

ウイルス付きのメールを勝手に大量に送られてしまうのが典型的な例です。

 

トロイの木馬型

トロイの木馬型ウイルスとは、パソコン利用者に有用なソフトと見せかけ、実行させるように仕向けます。実行してしまうとウイルスに感染してしまうというものです。私が以前確認したものは、パソコンの動作を速くすることを謳ったソフトでした。実行しようとしたらウイルス対策ソフトで検出されたことがあります。

 

感染すると、個人情報を盗まれてしまったり、パソコンの設定を勝手に変更されてしまう等の症状が現れます。

 

ランサムウェアの感染経路は?

道

 

ランサムウェアは、メールの添付ファイルやメール内に記載されているURLリンクをクリックすることで感染しますが、標的型攻撃メールによる感染が大部分を占めています。

 

標的型攻撃メールとは、不特定多数に送り付けられるメールとは異なり、対象の組織に対して、担当者が業務に関係するメールだと思わせてうっかり開いてしまうように作り込まれたウイルス付きメールのことです。

 

また、改ざんされた正規サイトから脆弱性を攻撃する不正サイトへと誘導され、感染します。今回日本では被害はそれほど報告されていませんが、これは週末だったことが影響していると思われます。

 

今日(5月15日)、会社に出勤してからメールの取り扱いには十分注意が必要でしょう。

 

スポンサードリンク

ランサムウェアの感染の防止対策は?

女性

 

ランサムウェアの感染を防ぐには、以下の事項を徹底する必要があります。

 

ウイルスメールに注意する

ランサムウェアの感染経路の大部分を占めるのが、メール(標的型攻撃メール)です。メールに関しては、以下の事項を徹底してください。

 

  • 不審なメールは開封せずに直ちに削除する。
  • 不審なメールを開封してしまった場合も、添付ファイルやメール本文にあるURLは絶対にクリックしない。

 

ただし、標的型攻撃メールでは、業務に関係あると見せかける巧妙なメールです。自分で、不審なメールかどうかの判断に困ることもあるかもしれません。IPAでは、標的型攻撃メールの例と見分け方を公開しています。以下の点に当てはまるメールには十分、注意してください。

 

注意が必要なメールの内容
・業務上取引がある送信者だが,最近やり取りがなかったのに突然メールが届いた。
・最近のやり取りの内容と全く関係のない内容のメールが届いた。
・業務上関連する内容でも送信先メールアドレスがフリーメールアドレス等関係のない会社のものである。
・普段使わない言葉遣い等、違和感のある内容である。
・心当たりのないメールだが、興味をそそられる内容である。
・日本語と似た中国語フォント等を交えた文章である。
・署名の組織名や電話番号等が実在しない。
・その他いつもと違う等,不審と感じる内容である。

引用:IPA標的型攻撃メールの例と見分け方

 

WindowsOSの最新パッチ適用

Windowsは、脆弱性が見つかる度に、パッチを提供し、不正に利用されないように対策しています。しかし、最新パッチを適用していない状態だと、見つかった脆弱性に対して対策されないままとなっています。

 

WindowsOSを最新にすることは、ランサムウェアの感染を防ぐことにもつながります。

 

未だにサポート期限の切れたWindowsXPを使っているという人は要注意です。2年ぐらい前に歯医者に通っていた頃、そこで使われていたパソコンが未だにWindowsXPでした(汗)

 

ウイルス対策ソフトのウイルス定義ファイルを最新にする

上のWindowsOSの最新パッチ適用と同様に、ウイルス対策ソフトのウイルス定義ファイルも最新にする必要があります。ウイルス定義ファイルは、最新に更新しておかないと、ウイルス対策ソフトを入れていても、最近見つかった新種のウイルスを検出するすることができません。

 

インターネット利用時の注意

インターネット利用時も、以下の点に注意してください。

 

  • URLが利用するサイトのURLかどうかよく確認すること
  • サイトからの要求事項をむやみに入力しないこと

 

ランサムウェアに感染した場合の駆除方法は?

医者

 

ランサムウェアは、感染したパソコンをロックしたり、ファイルを暗号化することで、使用できないようにし、元に戻すことと引き換えに、「身代金」を要求する不正プログラムです。しかし、金銭を払ったところで、戻してもらえる保証は全くありません。

 

無料ですぐ使えるウイルス駆除ツールがあります。今回のサイバー攻撃で使われたウイルスにも対応しています。

 

Microsoft Safety Scanner

 

OSが通常起動しない場合は、セーフモードで起動を試してみてください。セーフモードはパソコンの電源を入れてすぐに表示されるメーカーのロゴのところでF8を連打し、オプション選択画面で「セーフモード」を選択しEnterで起動します。

 

これで駆除できないようでしたら、以下に相談してください。

 

情報セキュリティ相談窓口

 

スポンサードリンク

ランサムウェアは非常に厄介!

頭痛男性

 

ランサムウェアは非常に厄介です。上に駆除する方法を記載しましたが、復元できないこともあります。ランサムウェアに感染し、ファイルが暗号化されてしまった場合、復号することが難しいです。

 

バックアップは定期的に実行しておき、もしものときに備えましょう。そのバックアップデータは、同じパソコン内ではなく、外部に保管しておくことも重要です。バックアップデータまで暗号化されてしまえば、復元も困難になってしまいます。

 

ランサムウェアはパソコンだけでなくスマホ・iPhoneも注意!

iphone

 

ランサムウェアはパソコンだけでなく、スマホ・iPhoneでも注意してください。最近よく聞くのが、「ウイルスに感染しています!」とメッセージを表示して不安を煽り、不正なプログラムを実行させようとするものです。

 

スマホ・iPhoneに関しても、ランサムウェアに感染しないためには、パソコンと同じことが言えます。

 

  • ウイルスメールに注意する。
  • 最新のOSにアップデートする。
  • サイトからの要求事項をむやみに入力しない。

 

スポンサードリンク

まとめ

  • ランサムウェアとは、感染したパソコンをロックしたり、ファイルを暗号化することで、使用できないようにすることで、元に戻すことと引き換えに、「身代金」を要求する不正プログラム。
  • 実際にお金を払っても元に戻してもらえる保証はない。
  • ランサムウェアは、自分に関係あるメールを装った標的型攻撃メールによる感染が大部分を占めている。
  • ランサムウェアの感染を防止するには、ウイルスメールに注意すること、OS・ウイルス対策ソフトの定義ファイルを最新にすること、サイトからの要求事項をむやみに入力しないこと等が重要。
  • ランサムウェアの感染はスマホ・iPhoneでも注意が必要。

 

いかがでしたか?これまでのウイルスと異なり、非常に厄介だということがわかったと思います。感染したらどうすればよいかよりも、そもそも感染しないことが重要と言えます。当記事で説明した内容を守り、ランサムウェアの感染のリスクをできるだけ減らしましょう。

 

スポンサードリンク

読んでいただきありがとうございました!


11 ビュー

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ