ポケモンGO・P-GO SEARCHの表示がおかしくなった名前とアイコンを直す方法

P-GO SEARCH

今日(9月29日)、仕事帰りに近くにレアポケモンいないかな~と、P-GO SEARCHを起動したところ、アレ?なんか表示が変・・・。アクセスが集中して重くなってポケモンのアイコンが粗くなってるのかな?と思い、しばらくしてからP-GO SEARCHを起動したのですが、直らない・・・!こんな感じにね。

 

P-GO SEARCH

 

どういうこと?と思って色々いじっていたら、ポケモンの名前も変な感じに変わってました!どうやらアップデートで改悪されてしまったようです。例えば、カビゴンは睡眠熊に名前が変わっていました(笑)(まぁ、分かるけどさ・・・。)

 

実は、おかしくなってしまった名前とアイコンの表示を元に戻す方法が存在しました!!

 

続きを読む

 

 

スポンサードリンク

P-GO SEARCHの表示がおかしくなった名前とアイコンを直す方法

まず、普通に起動すれば以下のような画面です。

 

P-GO SEARCH

 

分からないこともないですが、非常に見にくくなりましたよね。これを簡単な手順で元に戻すことができます。

 

①P-GO SEARCHを起動して、左下の歯車のアイコンをタップします。

 

P-GO SEARCH

 

②カスタムアイコンファイルのURLに以下のURL(赤字部分)をコピーして貼り付けます。

http://ja.pokemongopokedex.site/static/img/pks/@ID3@.png

 

名前も正常なものに直したい場合は、カスタム種類名ファイルのURLに、以下のURLをコピーして貼り付けます。

http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1018469.txt

 

P-GO SEARCH

 

③設定画面を閉じて、画面を戻してみると・・・あら不思議!以前と変わりなく戻っています!

 

P-GO SEARCH

 

簡単ですね!

 

P-GO SEARCHが改悪された理由

P-GO SEARCHがこのようなことになってしまい、代替アプリを探した方も多いと思います。私も探しました。ポケタンとかは、まだ対策されておらず、普通に表示できました。

 

しかし、これも時間の問題ではないでしょうか?P-GO SEARCH同様、対策されると思います。おそらく、著作権問題でポケモンGOの運営側から指摘されて、修正を余儀なくされたというところだと思います。

 

著作権でなく、非公式なアプリを使って、ポケモンの位置情報を知ること自体がNG!ということになれば、アップデート自体されず、サービス終了になるはずですしね。

 

スポンサードリンク

P-GO SEARCHは今後問題なく使える?

P-GO SEARCHの開発者がここに記載した方法で、以前と変わりなく、名前とアイコンを戻す方法を用意してくれていますが、コレは根本的な対策にはならないんじゃないかなぁ?と思います。

 

ポケモンGOの運営は、P-GO SEARCHをはじめとするポケモンの位置情報を知るアプリで探すことを良く思っていないようですし、今後、使えなくなる可能性は大いにあると思います。

 

こうしたアプリがあることで、この前のお台場のラプラス出現による騒動も起きたことは間違いないですし・・・。

 

 

個人的には、P-GO SEARCHをはじめとするポケモンの位置情報が分かるアプリは便利ですが、レアポケモンが出現した位置に人が大量に押し寄せて問題が起こるので、ないほうがいいのかな?と思います。

 

近くにいるポケモンにレアなポケモンがいる!→付近を歩き回って散策→見つける→ゲット!

 

これがポケモンGOの運営のポケモンの探し方のあるべき姿のはずです。これがポケモンの位置情報が分かるアプリを使用すると・・・

 

アプリでレアポケモンがいると通知→レアポケモンがいる場所へGO!→確実にゲット!

 

こういう流れですからね。確実にレアポケモンがいる場所にピンポイントで移動してゲットできてしまいます。対策するとしたら、ポケモンの位置情報の取得ができないような仕組みにするしかないですね。

 

スポンサードリンク

読んでいただきありがとうございました!




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ