ポケモンGO・お台場にラプラス出現!混雑理由はこの出現場所丸分かりアプリ

ポケモンGO

7月22日から日本でも配信されたポケモンGOですが、下火になってきたのかな?と思っていたら、そうでもなさそうです。出現率が非常に低く、強いポケモン「ラプラス」がお台場に出現し、ポケモントレーナーたちが大集合して、交通に混乱が生じました。

 

こちらの動画をご覧ください。この動画は、お台場で、ラプラスが出現し、走行車をふさいでいます。警察まで緊急出動する騒ぎとなっています。これはひどいですね・・・。

 

 

今回の騒動で、警視庁がゲーム運営会社「ナイアンティック」に改善要請を出したようです。当たり前ですね・・・。ポケモンGOが配信されてから、レアなポケモンが出る場所は、こういった混雑が起きることは多く、ポケモンGOに限らず、アプリ禁止となった場所まであります。

 

私もポケモンGOはやっていますが、こういった人の迷惑になるようなことはしないようにしたいものです。さて、今回の大混雑の原因となったお台場のラプラス出現ですが、ここまでの騒動となった理由は出現場所がリアルタイムで丸分かりになるアプリだ!と言われています。

 

今回は、ポケモンGOのレアポケモンが出現する場所がリアルタイムで分かるアプリの情報や、その関連情報を紹介します。

 

続きを読む

 

 

スポンサードリンク

大混雑の理由は出現場所がリアルタイムで分かるアプリ・P-GO SEARCH!

虫眼鏡

 

あなたは、P-GO SEARCHというアプリを知っているでしょうか?このアプリは、現在どこで何のポケモンが出現しているかが分かるアプリです。あと何分で消えてしまうかも分かります。このアプリの利用者が、今回のお台場の大混雑をもたらしたと言われています。

 

こちらの画像をご覧ください。お台場近辺で現在何が出現しているか表示してみました。

 

P-GO SEARCH

 

本当に丸分かりです。あと何分で消えてしまうかも表示されます。このアプリでラプラスが表示されたとき、一斉に同じ場所にポケモントレーナーたちが大移動するのです。そりゃ、これほどの大混雑が起こるわけです。

 

レアポケモンを歩き回りながら探しに行くのではなく、その場所に必ずいるから行くというような状態なんです。

 

P-GO SEARCHは不正(チート)アプリなのか?

男性

 

ポケモンGOでは、不正(チート)を行ったユーザーを、先月一斉にBANしたと公表されていました。BANとは、アカウント停止のことです。何のゲームでもチートはありますよね。中にはチートツールを作って、逮捕されたという話も聞きます。

 

普通にプレイしていれば、BANされることはありません。ちなみに私の周りでもポケモンGOでBANされた人います。2人いるのですが、1人は、AndroidでGPS偽装して場所を移動せずにプレイしたことでBAN。

 

もう1人は、公式でない中国の不正アプリでプレイしていてBANされました。この不正アプリは、十字キーで行きたい場所に行けるという、これまた家にいながら、世界中どこにでも移動できるものです。これはBANされて当然ですね。

 

アカウント停止される条件は公式サイトで、こう記載されています。

 

不正に位置情報の操作、エミュレーターの使用、改造・非公式ソフトウェアの使用、サードパーティーソフトウェアを使用したPokémonGOへの不正なアクセスなどが含まれており、また、これらに限定しない、他の手段も含みます。

 

引用:ポケモンGO公式サイト

 

まとめると、以下のような行為がBANの対象となります。

 

  • 位置情報偽装
  • エミュレーターの使用
  • 改造・非公式ソフトウェアの使用
  • サードパーティーソフトウェアを使用したポケモンGOへの不正アクセス

・・・etc

 

以前私は、pokeIVという、自分が所持しているポケモンの個体値を一括で調べるサイトを利用していましたが、もう現在では利用していません。(まだサイト自体はあるようです。)

 

BANの対象になる可能性があるからです。「サードパーティーソフトウェアを使用したポケモンGOへの不正アクセス」に該当するかもしれないからです。ソフトウェアではなく、サイトではありますけどね。

 

聞きなれない言葉がありますね。「サードパーティー」とありますが、これは、第三者という意味です。つまり、ポケモンGOの運営とは関係のないところが作ったプログラムという意味です。

 

pokeIVは、Googleアカウント情報を使ってログインして、自分の所持しているポケモンの情報を引っ張ってきますから、BANの対象になる可能性があるというわけです。

 

P-GO SEARCHはどうでしょうか?P-GO SEARCHは、利用するのに、Googleアカウント情報は要求されません。しかし、公式のアプリではないですし、ポケモンの出現情報を引っ張ってきていますので、pokeIVと同様に、規約違反になる可能性があります。

 

スポンサードリンク

P-GO SEARCHは今後利用できなくなる可能性がある!

頭痛音の子

 

今回のお台場の大混雑はP-GO SEARCHでラプラスの出現情報をゲットして、何百人という人がその特定の場所に集結したことが原因です。この状況に警視庁が運営会社であるナイアンティックに改善要請を出したようですので、何らかの対策をとると思われます。

 

以前、P-GO SEARCHと非常によく似たサイトpokevisionというものがありました。このサイトは現在利用できなくなりました。おそらくですが、今後P-GO SEARCHのようなアプリは利用できなくなるのではないでしょうか?

 

根本的に対策するには、このようなアプリやサイトを潰すしかないですからね・・・。

 

まとめ

  • お台場にラプラスが出現したとポケモントレーナーが集結し、大混雑となった。
  • この原因は、P-GO SEARCHをはじめとする、リアルタイムでどのポケモンがどこにいるか分かるアプリと言われている。
  • ポケモンGOの規約では、サードパーティーソフトウェアを使用したポケモンGOへのアクセスを禁止している。
  • この項目にP-GO SEARCHが引っかかる可能性がある。
  • 今回のお台場のような事態を起こさないためには、P-GO SEARCHのようなアプリを潰すしかない。

 

スポンサードリンク

読んでいただきありがとうございました!




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ