プロ野球パリーグ新人王歴代受賞者一覧!2016年は茂木?高梨?

野球ボール

日本シリーズも終わりましたね。日ハムが優勝しましたが、広島が2連勝したときは、このまま広島が優勝しそうだなと思いましたが、日ハムが4連勝です。非常に面白い日本シリーズでした。ここ最近はパリーグばかりですね(笑)

 

さて、先日は沢村賞の発表があり、ジョンソン投手受賞しました。あとは、新人王です。誰になるのかが非常に気になります。今回は、2016年の新人王が誰になるのかの予想とセリーグの歴代新人王についてまとめてみました。

 

セリーグについては、こちらの記事にまとめました。

 

 

続きを読む

 

 

スポンサードリンク

新人王の資格は?

新人王の資格は以下になります。

 

  • 海外のプロリーグに在籍経験がない。
  • 初めて支配下登録されてから5年以内
  • 前年までの出場が30イニング以内(投手)
  • 前年までの出場が60打席以内(野手)

 

注意したいのが、入団して1年目の選手のみが新人王の対象というわけではない点ですね。勘違いしていた人も多いのではないでしょうか?

 

2016年パリーグ新人王は楽天・茂木?日ハム・高梨?

2016年のパリーグ新人王の候補は、セリーグ同様、2人が有力候補です。その2人とは、楽天の茂木内野手と日ハムの高梨投手です。茂木内野手は1年目ですが、高梨投手は3年目です。では、2人の今季の成績を見てみましょう。

 

楽天・茂木の2016年の成績

楽天茂木引用:サンスポ

 

試合 打席 打数 得点 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 盗塁死 犠打 犠飛 四球 敬遠 死球 三振 併殺打 打率 出塁率 長打率 OPS
117 481 424 56 118 20 7 7 173 40 11 4 21 2 30 0 4 95 8 .278 .330 .408 .738

 

日ハム・高梨の2016年の成績

日ハム高梨引用:デイリー

 

登板 先発 完投 完封 無四球 勝利 敗戦 セ丨ブ ホ丨ルド 勝率 打者 投球回 被安打 被本塁打 与四球 与死球 奪三振 暴投 ボ丨ク 失点 自責点 防御率
37 22 1 1 0 10 2 0 1 .833 439 109.2 79 6 36 4 86 0 0 30 29 2.38

 

セリーグの新人王候補は阪神・高山外野手とDeNA・今永投手ですが、茂木内野手は、打率・本塁打と、高山外野手と近い成績ですね。セリーグのほうは高山外野手で間違いないのではないか?と言われています。

 

パリーグは成績を見るとやはり、日ハム・高梨投手ではないでしょうか?10勝に到達し、しかも2敗しかしていません。8つも貯金を作っているということです。防御率も良いです。

 

私の予想では、日ハムの高梨投手で間違いないと思います。

 

スポンサードリンク

プロ野球パリーグ新人王歴代受賞者一覧

年度 選手名 所属
年数
所属球団 成績
1950 荒巻淳 1 毎日オリオンズ 26勝8敗 防2.06
1951 蔭山和夫 2 南海ホークス .315 6本 28点 42盗
1952 中西太 1 西鉄ライオンズ .281 12本 65点 18盗
1953 豊田泰光 1 西鉄ライオンズ .281 27本 59点 25盗
1954 宅和本司 1 南海ホークス 26勝9敗 防1.58
1955 榎本喜八 1 毎日オリオンズ .298 16本 67点 12盗
1956 稲尾和久 1 西鉄ライオンズ 21勝6敗 防1.06
1957 木村保 1 南海ホークス 21勝11敗 防2.46
1958 杉浦忠 1 南海ホークス 27勝12敗 防2.05
1959 張本勲 1 東映フライヤーズ .275 13本 57点 10盗
1960 該当者なし
1961 徳久利明 1 近鉄バファロー 15勝24敗 防3.26
1962 尾崎行雄 1 東映フライヤーズ 20勝9敗 防2.42
1963 該当者なし
1964 該当者なし
1965 池永正明 1 西鉄ライオンズ 20勝10敗 防2.27
1966 該当者なし
1967 高橋善正 1 東映フライヤーズ 15勝11敗 防2.46
1968 該当者なし
1969 有藤通世 1 ロッテオリオンズ .285 21本 55点 4盗
1970 佐藤道郎 1 南海ホークス 18勝6敗 防2.05
1971 皆川康夫 1 東映フライヤーズ 11勝14敗 防3.44
1972 加藤初 1 西鉄ライオンズ 17勝16敗 防3.95
1973 新美敏 1 日拓ホームフライヤーズ 12勝13敗 防3.65
1974 三井雅晴 2 ロッテオリオンズ 6勝5敗4S 防3.24
1975 山口高志 1 阪急ブレーブス 12勝13敗1S 防2.93
1976 藤田学 3 南海ホークス 11勝3敗0S 防1.98
1977 佐藤義則 1 阪急ブレーブス 7勝3敗1S 防3.85
1978 村上之宏 1 南海ホークス 5勝8敗3S 防3.61
1979 松沼博久 1 西武ライオンズ 16勝10敗0S 防4.03
1980 木田勇 1 日本ハムファイターズ 22勝8敗4S 防2.28
1981 石毛宏典 1 西武ライオンズ .311 21本 55点 25盗
1982 大石大二郎 2 近鉄バファローズ .274 12本 41点 47盗
1983 二村忠美 1 日本ハムファイターズ .282 13本 35点 6盗
1984 藤田浩雅 2 阪急ブレーブス .287 22本 69点 3盗
1985 熊野輝光 1 阪急ブレーブス .295 14本 60点 13盗
1986 清原和博 1 西武ライオンズ .304 31本 78点 6盗
1987 阿波野秀幸 1 近鉄バファローズ 15勝12敗0S 防2.88
1988 森山良二 2 西武ライオンズ 10勝9敗0S 防3.46
1989 酒井勉 1 オリックス・ブレーブス 9勝7敗9S 防3.61
1990 野茂英雄 1 近鉄バファローズ 18勝8敗0S 防2.91
1991 長谷川滋利 1 オリックス・ブルーウェーブ 12勝9敗1S 防3.55
1992 高村祐 1 近鉄バファローズ 13勝9敗0S 防3.15
1993 杉山賢人 1 西武ライオンズ 7勝2敗5S 防2.80
1994 渡辺秀一 1 福岡ダイエーホークス 8勝4敗0S 防3.20
1995 平井正史 2 オリックス・ブルーウェーブ 15勝5敗27S 防2.32
1996 金子誠 3 日本ハムファイターズ .261 4本 33点 15盗
1997 小坂誠 1 千葉ロッテマリーンズ .261 1本 30点 56盗
1998 小関竜也 4 西武ライオンズ .283 3本 24点 15盗
1999 松坂大輔 1 西武ライオンズ 16勝5敗0S 防2.60
2000 該当者なし
2001 大久保勝信 1 オリックス・ブルーウェーブ 7勝5敗14S 防2.68
2002 正田樹 3 日本ハムファイターズ 9勝11敗0S 防3.45
2003 和田毅 1 福岡ダイエーホークス 14勝5敗0S 防3.38
2004 三瀬幸司 1 福岡ダイエーホークス 4勝3敗28S 防3.06
2005 久保康友 1 千葉ロッテマリーンズ 10勝3敗0S 0H 防3.40
2006 八木智哉 1 北海道日本ハムファイターズ 12勝8敗0S 0H 防2.48
2007 田中将大 1 東北楽天ゴールデンイーグルス 11勝7敗0S 0H 防3.82
2008 小松聖 2 オリックス・バファローズ 15勝3敗0S 3H 防2.51
2009 攝津正 1 福岡ソフトバンクホークス 5勝2敗0S 34H 防1.47
2010 榊原諒 2 北海道日本ハムファイターズ 10勝1敗0S 6H 防2.63
2011 牧田和久 1 埼玉西武ライオンズ 5勝7敗22S 1H 防2.61
2012 益田直也 1 千葉ロッテマリーンズ 2勝2敗1S 41H 防1.67
2013 則本昂大 1 東北楽天ゴールデンイーグルス 15勝8敗0S 0H 防3.34
2014 石川歩 1 千葉ロッテマリーンズ 10勝8敗0S 0H 防3.43
2015 有原航平 1 北海道日本ハムファイターズ 8勝6敗0S 0H 防4.79

 

最後に

個人的予想ですが、やはり貯金を8つも作っている日ハムの高梨投手が新人王を獲得するのではないでしょうか?そうなると、2年連続で日ハムからの新人王が出ることになりますね。昨年獲得した有原投手の防御率の約半分ですしね。

 

誰が獲得するにしても、大谷選手のように度肝を抜くようなスター選手が出てきてほしいですよね!

 

セリーグについては、こちらの記事にまとめました。

 

 

スポンサードリンク

読んでいただきありがとうございました!




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ