王柏融台湾史上最高成績でWBC台湾代表に選出されなかった理由は?

王柏融

来週からWBCが始まりますが、現在は強化試合が行われています。強化試合では、日本代表なのに、ソフトバンクに負けたり、WBCの代表ではない台湾選抜に負けたりしていて、これじゃあ日本の予選落ちもあるのでは?と不安です。。。

 

昨日(3月1日)は、一転して台湾選抜に圧勝したものの、ムラがあるなぁという感じ。ところで、先日、楽天の則本投手からホームランを打った台湾選抜の王柏融選手ですが、台湾史上最強打者との呼び声も高いです。

 

しかし、そんなすごい打者ならなぜWBCの台湾代表に選出されていないのでしょうか?王柏融選手の成績と、WBC台湾代表に選出されなかった理由を紹介します。

 

 続きを読む

 

 

スポンサードリンク

王柏融台湾史上最高成績でWBC台湾代表に選出されなかった理由は?

野球ボール

 

まず王柏融選手の2016年の台湾リーグでの成績ですが、史上最高を安打数と打率で記録しています。

 

台湾では200安打を打った打者は今までいなかったのですが、王柏融選手がプロ2年目にしてあっさりと記録してしまったのです。打率は驚きの4割1分4厘

 

シーズンを通して4割オーバーなんてすごすぎます。本塁打も29本と長打力もあり、足も速く盗塁も24個を記録しています。日本で言えば、走攻守全てそろっているヤクルトの山田選手みたいな感じでしょうか。

 

誰が見てもすごいことは分かったかと思いますが、そんな王柏融選手はなぜWBC台湾代表に選出されなかったのでしょうか?先日の台湾選抜は、WBCの代表以外の選抜ですから、WBCの代表には選ばれていないということになります。

 

それは、王柏融選手の所属しているラミゴがWBCへの選手派遣を拒んだからです。だから、王柏融選手はWBC台湾代表から外れたのです。

 

日本でもありますよね。メジャーに所属している選手で日本代表は青木宣親選手だけです。メジャーで一線級で活躍している日本の投手も多いですが、やはり、これらもWBCへの派遣に懸念を示したからです。

 

高い年棒を払っていますから、WBCでケガでもして、シーズンを棒に振るなんてことになれば、大変ですからね。しょうがないことかもしれません。

 

王柏融「将来日本でプレーしたい」

日本

 

王柏融選手はメジャーからも注目されています。メジャーリーグの公式サイトで特集された経験があります。2年目でこれだけの活躍ですから、近い将来さらに成長している可能性も高いです。

 

そんな王柏融選手の異名は「柏融大王」(笑)将来は日本でプレーしたいと思っているようです。同じ左打者であるDeNAの筒香選手を意識しているようで、日本の野球をチェックしない日はないほどなのだとか。

 

数年後、日本の球団に移籍していることも十分考えられます。ちなみに今年で3年目ですが、年棒は2000万円とのこと。

 

日本なら軽く10倍以上は確実にもらえるでしょうね。台湾選抜はWBC日本代表との2試合を終えましたが、王柏融選手は十分日本球界にアピールできたことでしょう。

 

対戦したことのない投手相手に、1日目は、3打数3安打ですからね。十分日本でも活躍できるでしょう。「王柏融」という名前、憶えておきましょう。

 

スポンサードリンク

まとめ

  • 台湾選抜の王柏融選手はWBC台湾代表には選出されていない。
  • その理由は、王柏融選手の所属するラミゴがWBCへの選手派遣を拒否したため。
  • 王柏融選手は将来日本でプレーすることを望んでおり、近い将来日本でプレーしている可能性がある。

 

スポンサードリンク

読んでいただきありがとうございました!




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ