大吉以外のおみくじを結ぶのはなぜ?理由と意味を解説!

おみくじ

正月に初詣に行く人も多いと思いますが、あなたはおみくじを引きますか?私は1年に1回、正月に初詣に行った時は必ず引いています。ちなみにここ最近は全く大吉が引けていません!

 

ところで、おみくじは大吉以外だと、結んで帰りますよね。これってなぜなのか知っていますか?今回は大吉以外のおみくじを結ぶ理由と意味を解説します。

 

続きを読む

 

 

スポンサードリンク

大吉以外のおみくじを結ぶ理由と意味は?

おみくじ

 

今まで全く気にすることもなく、大吉が出たら、持ち帰りますし、大吉以外が出たら、結んで帰っていました。実は、この「結ぶ」という行為は、「神様と縁を結ぶ」という意味なのです。

 

結ぶ場所は木ですが、この「」も意味があります。木は精霊が宿っており、その生命力の高さにあやかって、「願い事が結ばれますように!」という意味もあります。

 

ただし、最近は神社によって、木ではなく結ぶ専用の場所が設けられていることも多いです。枝を折ってしまったりして木の生育に影響を及ぼさないようにですね。

 

いずれにしても、気を付けなければならないことがあります。それは結び方です。縦結びにならないように注意してください。縦結びは、亡くなった人に使われます。納棺するときに服を紐で結びますが、このときの結び方が縦結びで縁起が悪いとされています。

 

大吉のみ持ち帰る理由は?

女性

 

昔から大吉だけ持ち帰り、それ以外を結び付けて帰るということが習慣になっていますが、実は大吉でも結んで帰ってもいいんです。逆に、大吉以外でも持ち帰っていいんです。

 

おみくじというものは、神様や仏様からのメッセージと言われています。大吉ならお守りのようにお財布に入れて持ち歩きます。大吉以外の場合や、悪いことが書いてあるおみくじだった場合、自分への戒めとして持ち歩き、たまに読み返すのが良いようです。

 

一般的には大吉は持ち帰り、それ以外は結んで帰りますが、自分次第です!

 

スポンサードリンク

おみくじの処分はどうすべき?

女性

 

新しい年を迎えて、また初詣の際に、おみくじを引くという人も多いと思います。前の年に大吉を引き、財布に入れて持ち歩いていた場合、古いおみくじはどうするのか?という疑問が沸きますよね。

 

古いおみくじは結ぶか焚き上げてもらうのが良いとされています。私自身2年連続で大吉引いたことは今まで一度もないので、おみくじの処分のことなんて全く考えたことがなかったですが・・・(笑)

 

NGなおみくじの保管方法

頭痛男性

 

先ほども言いましたが、おみくじは持ち帰る場合、財布に入れて、大切に保管するといいです。NGなのは、他の開運グッズ等と一緒に財布に保管することです。おみくじを他の開運グッズと一緒に保管することで、相乗効果で運気が上昇!ということにはならず、逆に運気を下げてしまうと言われています。

 

財布に保管するなら開運グッズ系は、一つにしておきましょう。

 

スポンサードリンク

1日に複数回おみくじを引くのはあり?

おみくじ

 

一度おみくじを引いて、大吉以外を引いてしまったとき、また引きたい・・・そう思ったことはありませんか?私はありますが、1日に複数回引いたことはないです。

 

でも、これっていいことなのでしょうか?調べてみたところ、1日に複数回引くのはNGです。日を改めればOK!なぜかというと、すぐにおみくじを引き直してしまうと、1回目に引いたおみくじの内容を無視しているということになります。

 

日を改めれば良いというのは、何もおみくじには期限がないからです。1年に1回のみと、決まっているわけではありません。もし、おみくじをまた引きたい場合は、翌日以降にしてくださいね♪

 

まとめ

  • おみくじを結ぶという行為は、「神様と縁を結ぶ」という意味がある。
  • おみくじを持ち帰るのは大吉のみと決まっているわけではなく、自分の判断で持ち帰っても良い。
  • おみくじは大切に財布等にしまっておくのが良いとされており、大吉等いいおみくじの場合は、お守りの役目。
  • 良くないおみくじや、良くないことが書いてあるおみくじは、自分への戒めとして持ち歩き、たまに読み返すのが良い。
  • おみくじは他の開運グッズと一緒に保管すると逆に運気が下がる。
  • おみくじは同じ日に複数引くことは最初のおみくじの内容を無視しているということになるので、同じ日に複数おみくじを引くべきではない。
スポンサードリンク

読んでいただきありがとうございました!


16 ビュー

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ