車を希望ナンバーにしたい!料金は?普通車と軽自動車で異なる?

ナンバープレート

車を購入するとき、あなたはどんなことを考えますか?車種、色、新車or中古、値段・・・安いものではないですから、買ってから後悔しないように色んなことを考えますよね?

 

思い入れの数字や、記念日等の日にちがある人は、車のナンバーも自分で希望ナンバーにしちゃいましょう!私の知り合いで、ダーツがめちゃくちゃ好きな人がいるのですが、その人は「・180」にしてました(笑)
(※ダーツにおいて、180は20トリプル×3で最高得点です。)

 

今回は、車を希望ナンバーにするにはどれぐらいの料金でできるのか?普通車と軽自動車では異なるのか?について、調べてまとめてみましたよー!

 

続きを読む

 

 

スポンサードリンク

希望ナンバー制度

女性

 

車のナンバーを自分の希望ナンバーにできる制度を「希望ナンバー制度」と言います。(そのまんまですね(笑))

 

4桁の数字を自分で決めることができます。ディーラーで車を購入するときのオプションとして、希望ナンバーを選択することができるところがほとんどだと思います。

 

自分で手続きするには、まず希望ナンバーの申請をします。(インターネットでできます。)その後、管轄の運輸局に車を持ち込まなくてはいけません。

 

希望ナンバーは、手続したその日のうちに交付されるわけではありません。数日かかってしまいます。

 

また、運輸局は基本的に平日しか受付していませんので、平日仕事の人は、難しいですね。色々と手間ですから、ディーラーに全てお任せした方が楽なことは確かです。

 

希望ナンバー取得にかかる料金は?普通車と軽自動車では異なる?

お金

 

希望ナンバー取得にかかる料金は各自治体と車の種類によって異なりますし、ペイント式or字光式でも異なります。各自治体で料金は異なりますが、東京都の場合を例に挙げると以下のような料金となっています。

 

ペイント式(軽自動車)4,100円
ペイント式(普通車)4,100円
ペイント式(大型車)4,840円
字光式(軽自動車)6,500円
字光式(普通車)3,920円
字光式(大型車)6,260円

 

ちなみに、東京都の希望ナンバーではなく、一連ナンバーの場合は以下の料金となっています。

 

ペイント式(軽自動車)1,440円
ペイント式(普通車)1,440円
ペイント式(大型車)1,960円
字光式(軽自動車)4,800円
字光式(普通車)2,840円
字光式(大型車)5,300円

 

こちらのサイトで各自治体のナンバー取得料金が全て確認できます。

 

全国ナンバープレート代一覧【軽自動車】
全国ナンバープレート代一覧【普通自動車・大型自動車】

 

このサイトによると、希望ナンバーの料金の範囲は以下のようになっています。

 

ペイント式(軽自動車)3,980円~4,320円
ペイント式(普通車)3,860円~4,400円
ペイント式(大型車)4,560円~5,200円
字光式(軽自動車)6,500円~6,788円
字光式(普通車)3,920円~4,620円
字光式(大型車)6,240円~6,800円

 

各自治体によって料金は異なりますが、高いところと安いところで、どの種類のナンバープレートも1,000円も差はないです。

 

ただし、ディーラーでオプションとして、代行してもらう場合は手数料も当然取られますから、これにプラス数千円かかると思ってください。

 

スポンサードリンク

希望ナンバーが確実に取得できるわけではない!抽選の場合も!

頭痛男性

 

実は希望ナンバーは確実に取得できるわけではありません。人気のナンバーは、希望者も多く、毎週月曜日に抽選が行われているということです。

 

全国一律で抽選対象のナンバーもあります。以下のナンバーですね。

 

【全国一律の抽選対象ナンバー】

「1」「7」「8」「88」
「333」「555」「777」「888」
「1111」「2020」「3333」「5555」
「7777」「8888」

 

自治体によっては、これ以外にも人気のナンバーは抽選となっています。当選したら申し込み手数料を支払います。抽選に申し込む段階では料金は発生しません。

 

時期によって希望ナンバーの倍率の高低がありますので、自分の希望ナンバーが取得できるかは運にもよりますね。

 

まとめ

・車のナンバーを自分の希望ナンバーにできる制度を「希望ナンバー制度」という。
・希望ナンバー取得にかかる料金は各自治体によって異なり、車の種類、ペイント式or字光式によっても異なる。
・希望ナンバーが人気の場合、抽選となる場合がある。

 

連番のナンバーの場合、自分のナンバーを覚えていない人も多いと思いますが、自分で決めたナンバーなら忘れようがないですね。また、記念日をナンバーにして、破局したなんてことにならないようにしてくださいね(笑)

 

スポンサードリンク

読んでいただきありがとうございました!




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ