JASRAC問題!京大HP歌詞引用の式辞掲載で著作権使用料?徴収額はいくら?

音楽

以前から色々な問題が指摘されていたJASRAC。今年に入り、音楽教室への著作権使用料の請求問題もありました。そして、今回、京大のHPに入学式の式辞で述べたボブ・ディランさんの曲の歌詞を掲載したことで、なんと!著作権使用料を請求しているというのです。

 

個人的な意見ですが、音楽業界が衰退していると言われる中、こんなガチガチに囲い込んで著作権使用料を取っていること自体が衰退の原因の一つとなってはいるのでは・・・?

 

ネット上では、JASRACを「カスラック」と揶揄する人も多く、実際にグーグルで「カスラック」で検索してみると、「カスラック」という文言がサイトに含まれていなくてもJASRAC関連のサイトが一覧で出てきますし、太字で「JASRAC」とも表示されています。

 

つまり、グーグルにとっては、カスラック=JASRACという認識なのだと思います。

 

今回は、結局JASRACが音楽教室に著作権使用料を請求した件はどうなったのか?京大HPに掲載した入学式の式辞に歌詞を引用したことは、本当に著作権使用料を払わねばならないことなのか?

 

また、払わねばならないとすれば、徴収額はいくらになるのか?調べてまとめてみました。

 

続きを読む

 

 

スポンサードリンク

音楽教室への著作権使用料請求の件はどうなったの?

女性

 

この問題はまだ解決していません。ヤマハが「音楽教室に著作権使用料支払い義務なし」確認を求めて、JASRACを提訴するというニュースが2日前に報道されたばかりです。

 

ヤマハとJASRACの双方の主張は以下の通りです。

 

ヤマハ「技芸の伝達が目的で聞かせることが目的でない」
JASRAC「人気曲を使い、魅力を生徒が味わっている以上、聞かせることが目的」

 

んー、JASRACの主張、めちゃくちゃですよね。だって、音楽教室って何のためにあるんですか?聞かせることが目的で音楽教室に通ってんスか?

 

それに、楽譜は購入しているはずですし、目的は技芸の伝達ですから、「お金を取って演奏を聞かせる目的」として著作権料を取るというのは、明らかにおかしいと思いますが・・・。

 

ヤマハとしても黙っていれば、金をむしり取られるわけですから、提訴も当たり前のような気もします。

 

これどうなるのか注目ですよね。仮に、JASRAC側の主張が認められることになれば、これまで通り?これまで以上に?JASRACはじゃんじゃん著作権使用料を請求しまくることでしょう。

 

そのうち鼻歌歌って歩いているその辺の人からも著作権使用料を請求しそうで怖いです(笑)私はJASRAC否定派です。

 

京大HPに歌詞引用の式辞掲載で著作権使用料の支払いは本当に必要か?

お金

 

京大側は、根拠の詳細を知らされていないということで、特に対応していないといいますが、今回の場合、著作権使用料の支払いは本当に必要なのでしょうか?

 

JASRACは、「一般論として、ウェブ上にある音楽著作物には利用手続きが必要となる」と説明しています。

 

これは、商用目的だろうと、そうでなかろうと関係なく、歌詞を印刷できる仕様でネット上に掲載すると、1回の閲覧につき、数十円が必要になる場合があるのだそうです。

 

この「1回の閲覧につき、数十円が必要になる場合がある」ということは、支払わなくても良い場合もあるということにもなると思いますが、どこで判断すればよいのでしょうか?

 

実は、引用が認められる基準に明確な定義はなく、一般的には以下の基準が考慮されます。

 

  • 公表作品であること
  • 引用先と引用元の区別が明確であること
  • 引用先の言葉がメインとならないこと
  • 引用の必要性があること

 

京大の山極総長は式辞で、京都大学の学生に求める「常識にとらわれない自由な発想」を、ボブ・ディランさんの歌詞の一部を取り上げて説明しました。

 

こちらのページに式辞全文が記載されています。

 

京大HP

 

この基準を一つ一つ考えてみましょう。まず、当然この歌詞は公表作品です。

 

引用先と引用元の区別が明確であるかですが、引用タグで囲っていないものの、どこが歌詞の部分であるかは読んで分かります。日本語訳も付けていますからね。

 

次に、引用先の言葉がメインとならないことですが、式辞が掲載されているページの文字数は、スペースを除いて、4387文字ありました。このうち、ボブ・ディランさんの歌詞の部分が431文字ありました。

 

全体の文字数が4387文字に対して、引用部分が431文字で、1割もありません。つまり、引用先の言葉がメインとなっていません。

 

引用の必要性があったかどうかについては、「常識にとらわれない自由な発想」とはどういうことを言うのかを分かりやすく説明するのに、引用したので、許諾なしで使用して問題ないと私は思います。

 

スポンサードリンク

仮に必要なら徴収額はいくらか?

お金

 

仮に、今回の件許諾が必要で、著作権使用料の支払いが必要ならいくら支払わねばならないのでしょうか?JASRACのHPを見たところ、使用料早見表がありました。

 

JASRAC使用料早見表

 

それによると、京大のHPに歌詞を掲載した今回の件は以下の条件に当てはまります。

 

  • 非商用
  • 1曲のみ歌詞を掲載
  • 教育機関である

 

仮に、1年間掲載したとして、JASRAC使用料早見表によると、2,400円の使用料がかかるということでしょう。

 

しかし、ネットの記事には、「商用目的でなくても、歌詞を印刷できる仕様でウェブ上に掲載すると、1回の閲覧につき数十円が必要になる場合があるという。」とありました。

 

確かに商用目的であれば、1回の閲覧につき使用料が必要になると使用料早見表に明記されています。今回の場合は、商用目的に当たらないと思うのですが・・・。

 

ホームページに広告が掲載してあり、収益化している場合は1回の閲覧につき使用料が発生します。

 

しかし、京大のHPには広告がないんですよね。なぜ「商用目的でなくても、歌詞を印刷できる仕様でウェブ上に掲載すると、1回の閲覧につき数十円が必要になる場合があるという。」なのか意味不明です。

 

まさか京大のHPの右上に「寄附をお考えの方へ」とありますが、これが広告と同じ扱いになっていて商用とみなされてるとか?しかし、音楽教室にまで著作権使用料を払えと言っているJASRACさんですから、それもあり得る話です。。。

 

仮に、商用と判断されて、以下の項目を満たしている場合。

 

  • 情報料を取らない
  • 印刷できる状態である
  • 広告収入あり
  • 外国作品である

 

この条件に当てはまる料金は、1曲1回20円、最低月額使用料5,000円(5日までの場合、1,000円)となっています。

 

どれぐらいの期間、歌詞を掲載しているページに何回アクセスがあるかにもよりますが、仮に、歌詞を掲載していたページに1年間、月に1,000PVのアクセスがあったとすると、以下のような計算になります。

 

最低年間使用料:5,000×12=60,000円
PV数による使用料:1,000×20×12=240,000円

 

ちなみに最低月間使用料は5,000円ですが、月1,000PVあれば、5,000円を超えるので、この場合24万円の支払いが必要ということになります。JASRACさん高いっす(笑)

 

まあ、式辞のページなんて、入学式直後だけ読まれて、それ以降はほとんどアクセスなんてないページでしょうが。

 

まとめ

  • 京大のHPに入学式の式辞で述べたボブ・ディランさんの曲の歌詞を掲載したことで、JASRACに著作権使用料を請求されている。
  • JASRACが音楽教室に著作権使用料の支払いを求めた件は、ヤマハが「音楽教室に著作権使用料支払い義務なし」確認を求めて、提訴することになった。
  • 明確な引用の定義がなく曖昧だが、京大のHPに歌詞を掲載した件は、個人的な意見としては著作権使用料は不要と思う。
  • 著作権使用料は、JASRACのHPに使用料早見表があり、それによって決まる。

 

京大の件は、明確な引用の定義がない中で、どう捉えられるかによるかと思います。引用の定義の明確化が必要かもしれませんね。

 

また、当記事では、使用料早見表を元に試算してみましたが、そもそも許諾なしで使用して問題ないと私は思っているので、音楽教室の裁判もJASRACには負けてもらって、ヤクザのような取り立てを改めてほしいです。NHKに似たところがありますよね。

 

スポンサードリンク

読んでいただきありがとうございました!




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ