石原慎太郎元都知事が脳梗塞の後遺症で記憶障害!?病状は?

証人喚問

本日(3月20日)、石原慎太郎元都知事の証人喚問が行われました。しかし、石原慎太郎元都知事は、脳梗塞を患い、全て忘れたと語ったのです!

 

先日テレビで見た際に、随分弱った感じだなとは思っていましたが、脳梗塞になっていたとは・・・。石原慎太郎元都知事はいつから脳梗塞となり、病状はどうなのでしょうか?調べてまとめました!

 

続きを読む

 

 

スポンサードリンク

石原慎太郎元都知事が脳梗塞の後遺症で記憶障害!?病状は?

薬物

 

証人喚問で石原慎太郎元都知事が脳梗塞を患っていたことを告白したのですが、2年前に発症したということです。現在のその後遺症に悩んでおり、脳の記憶をつかさどる部分がうまく機能しないということです。

 

全ての字も忘れ、ひらがなも忘れてしまったということです。そんな状況なので、豊洲市場の移転問題について思い出そうとしても、できないということですね。

 

2年前ですから、2015年に脳梗塞を患い、その後遺症で記憶障害となり、それは現在も続いているということですね。

 

2013年に軽度の脳梗塞と診断されていた!

医者

 

脳梗塞は急死することもある恐ろしい病気です。2011年には、嫁が体調を崩して入院することになり、自分も病院で検査を受けるようになったということです。

 

2015年に脳梗塞を患ったということですが、その2年前の2013年にも軽度の脳梗塞と診断されていました。医者に症状を訴えたら、非常に危険な兆候なのですぐに病院に来いと言われていたようです。

 

脳梗塞は何度も繰り返すと、死に至るリスクも高まります。松方弘樹さんも何度も脳梗塞を発症していたというニュースは聞いていましたが、やはり無くなってしまいました・・・。

 

スポンサードリンク

2015年6月公演中に緊急搬送されていた!

医者男性

 

石原慎太郎元都知事は、2015年6月の公演中に体調不良を訴え、緊急搬送されたことがありました。

 

この時実は、講演会で、「何を言うか忘れた」と脳梗塞の後遺症に似た症状を訴えていました。しかし、このときは脳梗塞で搬送されたわけではなかったんですね。

 

蓄積疲労による体調不良だと公表されていました。しかし、今日の証人喚問ですが、2年前に脳梗塞を患ったと言っています。2年前のこの緊急搬送のことを言っているのなら、話が食い違っていますね。

 

脳梗塞だと発表はされなかったということでしょうか?ちょっとよくわかりませんね。

 

石原慎太郎元都知事は脳梗塞による記憶障害だったのか?

ハート

 

上に記載した通り、当時の発表では、「蓄積疲労による体調不良」ということになっていましたが、今回、2年前に脳梗塞を患っていて、その後遺症で、記憶障害になっているということを公表しました。

 

それが本当なら、忘れたというのもしょうがない気がしますが、実際どうなのかは不明です。

 

しかし、見た目からは、昔に比べて弱った感じがしますし、体に気を付けて過ごしたほういいだろうなということですね。

 

スポンサードリンク

まとめ

  • 証人喚問で、石原慎太郎元都知事が2年前に脳梗塞を患っており、その後遺症で記憶障害になっていると告白した。
  • 2013年には軽度の脳梗塞と診断されていた。
  • 2015年6月には公演中に体調不良を訴え、緊急搬送されていた。
  • 公表された情報によると、蓄積疲労による体調不良だったが、このとき脳梗塞だったのかもしれない。
  • 脳梗塞による後遺症で記憶障害となったのならば、本人が忘れたというのもしょうがない気はする。

 

スポンサードリンク

読んでいただきありがとうございました!


10 ビュー

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ