赤ちゃんのインフルエンザの予防接種はいつから受けられる?

赤ちゃん

毎年12月中旬頃から3月頃にかけてインフルエンザが流行します。インフルエンザは重症化すると、死に至ることもある怖い病気です。特に免疫力が弱い子供や高齢者は重症化しやすいので注意が必要です。

 

インフルエンザの予防接種を受けて、対策する人も多いと思いますが、赤ちゃんも予防接種を受けて大丈夫なのでしょうか?受けられるとしたら何か月から受けれるのでしょうか?

 

今回は、赤ちゃんはインフルエンザの予防接種はいつから受けられるのかと、インフルエンザに関する様々な情報を紹介します。

 

続きを読む

 

 

スポンサードリンク

赤ちゃん・幼児のインフルエンザの予防接種はいつから受けられる?

赤ちゃん

 

赤ちゃんがインフルエンザの予防接種を受けられるのは、生後6か月(満6か月)からです。ちょうどその頃にインフルエンザが流行するようなら、念のため受けさせておいた方が安心かもしれません。

 

ただ、外出が少ない場合は予防接種を受けなくてもいいかもしれません。もしインフルエンザにかかってしまっても、生後6か月までの赤ちゃんは、母親からもらった免疫があるので、軽い症状で済むことが多いからです。

 

しかし、1歳ぐらいになり外出が増えたり、保育園に行ったりしている場合は、接種したほうがよいでしょう。子供1人がインフルエンザにかかると、家族に感染が広がることもよくあるので、特に、子供に兄弟がいる場合は一緒に受けさせるといいです。できれば家族全員受けるのがいいでしょう。

 

赤ちゃんのインフルエンザ予防接種を受けるベストな時期は?

カレンダー

 

以前の記事にも記載しましたが、インフルエンザの予防接種は接種後すぐに効果が表れるわけではありません。接種後、2週間~1か月かかります。インフルエンザの流行が始まる12月中旬より2週間~1か月前ぐらいに受けるべきということですね。

 

13歳未満の子供については、通常2回しますから、1回目と2回目の間隔を約1か月空けることを考えて、できれば11月中には2回目の予防接種を済ませたいです。

 

スポンサードリンク

赤ちゃんがインフルエンザの予防接種が受けられない場合は?

禁止

 

インフルエンザの予防接種は誰もが受けられるわけではありません。卵を摂取すると、ショック症状や呼吸困難になってしまう、卵アレルギーの赤ちゃんは、予防接種を受けられません。

 

なぜインフルエンザの予防接種と卵アレルギーが関係するのかというと、インフルエンザのワクチンには、鶏卵成分が含まれているからです。インフルエンザに限らず、麻疹風疹ワクチンやおたふくかぜワクチンにも鶏卵成分が含まれているので、NGです。

 

赤ちゃんが予防接種を受けられない場合は、家族全員が予防接種を受け、外出はできるだけ避けて、赤ちゃんを守りましょう。

 

赤ちゃんの予防接種の同時接種は大丈夫?

女性

 

子供が小さいと、色んな予防接種を受けなければならないですよね。日本の赤ちゃんが1歳前に接種する主なワクチンは6~7種類もあります。ここで疑問なのが、インフルエンザの予防接種と同時期に他の予防接種も受けちゃっていいの?ってことです。

 

インフルエンザのワクチンは、不活化ワクチンなので大丈夫です。接種後1週間程度で他のワクチンを受けることができます。

 

ワクチンには生ワクチンと不活化ワクチンがあります。生ワクチンとは、生きた細菌やウイルスの毒性を弱めたものを接種することで免疫をつけるものです。これに対し、不活化ワクチンは、細菌やウイルスを殺して毒性をなくし、免疫をつけるのに必要な成分をワクチン化したものです。

 

ちなみに、麻疹や風疹のワクチンは生ワクチンなので、予防接種後は4週間は他の予防接種を受けられません。

 

スポンサードリンク

まとめ

  • インフルエンザの予防接種は、生後6か月から受けることができる。
  • 予防接種を受ける場合は、11月中に2回目を済ませるのがベスト。
  • インフルエンザのワクチンには鶏卵成分が含まれているため、卵アレルギーの人は予防接種を受けられない。
  • ワクチンには2種類あり、生ワクチンと不活化ワクチンがあるが、インフルエンザのワクチンは、不活化ワクチンなので、すぐに他のワクチンを受けることが可能。

 

鼻に棒入れるの見てるだけで、痛そうですね・・・。

 

 

スポンサードリンク

読んでいただきありがとうございました!




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ