子供のインフルエンザ予防接種、咳・鼻水等風邪気味でも大丈夫?

注射

この日にインフルエンザ予防接種を家族全員で受けに行こう!そう思っていても、子供に咳や鼻水の症状があり、なんだか風邪気味・・・。こういった場合、インフルエンザの予防接種は見合わせた方がいいの?という疑問が沸いてきませんか?

 

風邪の場合、インフルエンザの予防接種をしてもいいものなのかと、その関連情報を調べてまとめてみました。

 

続きを読む

 

 

スポンサードリンク

子供のインフルエンザ予防接種、咳・鼻水等風邪気味でも大丈夫?

子供マスク

 

風邪気味の場合、インフルエンザの予防接種を受けてよいかは、風邪の程度によります。特に子供が風邪気味の場合、どうしよう・・・と悩む親御さんも多いかと思いますが、症状が軽く、風邪気味という程度であれば、予防接種を受けても大丈夫です。

 

ただ、症状がひどい場合、例えば、高熱(37.5度以上)があり、体がだるく動きたくない・・・といった場合等は、予防接種は見合わせたほうがよいでしょう。

 

風邪気味だけど、判断に困る場合は、医者に「風邪気味です。」と報告して、予防接種を受けても大丈夫か、医者の判断を仰ぐのがよいでしょうね。医者に判断を任せた場合も、やはり症状が軽い場合は予防接種を受けることの方が多いです。

 

ちなみに、ワクチンには2種類あります。生ワクチン不活化ワクチンです。生ワクチンは、生きたウイルスや細菌の毒性を弱めたものを注射して免疫をつけるもの。これに対して、不活化ワクチンは、ウイルスや細菌に対する免疫をつける成分をワクチン化したものです。

 

インフルエンザのワクチンは不活化ワクチンなので、それほど体調に影響はないようです。逆に、生ワクチンの場合は、体調がよくない場合は、避けなければなりません。

 

風邪で市販薬を服用している場合のインフルエンザ予防接種は大丈夫?

薬

 

風邪で市販薬を服用している場合、インフルエンザの予防接種を受けても大丈夫なのでしょうか?結論を言うと、問題ありません。薬を服用していたことによって、予防接種の効果が薄くなるといったこともないです。

 

ただ、少しでも体調がいいときに予防接種を受けることに越したことはないので、別の日に変更することができるなら、風邪も引いておらず薬も飲んでいない別の日に、改めて接種したほうがよいでしょう。

 

また、予防接種後、発熱寒気等があることも人によってはあります。これを風邪と勘違いする人もいますが、違います。予防接種の副反応です。副反応はない人のほうが多いですが、何らかの原因によって副反応が起きてしまう可能性は0ではありませんので、できれば予防接種当日と次の日の薬の服用は避けましょう。

 

スポンサードリンク

インフルエンザ予防接種による副反応の症状

医者男性

 

上で、インフルエンザの予防接種を受けたことによる副反応として、発熱や寒気等があることもあると記載しました。他にどんな症状があるのかをまとめました。

 

  • 発熱・寒気
  • 頭痛
  • 倦怠感
  • 鼻水
  • めまい
  • 下痢

 

症状を見ると、風邪に近い感じがしますよね。こういった症状が出るのは、予防接種を受けた人の5~10%程度で、症状も2~3日ですぐになくなるようです。

 

上のような症状なら、まだよいのですが、まれに重症となる人もいます。以下が、重症になる人の具体的な病気です。

 

  • 急性散在性脳脊髄炎
  • ギランバレー症候群
  • 肝機能障害、黄疸
  • ぜんそく発作
  • 血小板減少性紫斑病

 

実は、ひどい場合だと、死に至ったケースもあるのです。最近では、平成24年、25年に1例ずつインフルエンザワクチン接種後、死亡した例があります。ただ、この2例は必ずしもインフルエンザが原因だったと断言はできず、どちらも重い持病がある高齢者だったということです。

 

まとめ

  • インフルエンザ予防接種は体調が万全のときに受けるのが望ましいが、風邪気味でも特に問題はない。
  • 風邪で市販薬を服用している場合も、インフルエンザ予防接種をしても問題はない。
  • インフルエンザの予防接種後、発熱や寒気等の副反応が出る場合があるが、通常すぐに症状は治まる。
  • インフルエンザの予防接種後、死亡例があるが、これは重い持病を持っている高齢者のため、インフルエンザワクチンを接種したことによる影響と断言できない。

 

スポンサードリンク

読んでいただきありがとうございました!




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ